海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > モーツァルト・リキュールの入ったウィーンで一番美味...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月17日

モーツァルト・リキュールの入ったウィーンで一番美味しいコーヒー!~カフェ・ラントマン~


モーツァルト・リキュールの入ったウィーンで一番美味しいコーヒー!~カフェ・ラントマン~

Landtmann-apfelstrudel1-a.jpg最近毎日しんしんと雪が降る日々で、外に歩くと体の芯から冷えそうになります。
そんな中、無性に美味しいコーヒーが飲みたくなり、ウィーン子にも観光客にも大人気の「カフェ・ラントマン」まで出掛けてきました!

------------------------------------------------------------------------


カフェ・ラントマンは著者の一番最初の記事、「ウィーンと言えばカフェ!最もエレガントと称されるカフェ・ラントマン」 で紹介したカフェだということもあり、自分にとっては特別な存在なのですが、しかしここで刮目すべきは何と言ってもウィーンでも群を抜いた美味しさのコーヒーでしょう。
カフェ・ラントマンのコーヒーは通常のコーヒーが4.7ユーロから(エスプレッソのみ3.0ユーロ)、リキュール入りのものは一律7.0ユーロと、他のカフェハウスに比べて1~2ユーロお高いのが特徴。但し、そんな差額など喜んで払えるほど、ここのコーヒーは絶品なんです!


今回頂いたコーヒーはこちら。


Mozart-cafe-a.jpgFranziskaner-a.jpg

左がモーツァルト・リキュール入りの、その名もずばり"モーツァルト・カフェ"!
ラージサイズのエスプレッソにホイップクリームをたっぷりと乗せたものに、アーモンドスライスがふんだんに振りかけられています。モーツァルト・リキュールが添えられて来るので、これをお好みで注いで頂きます。


右のコーヒーは"フランツィスカーナー"と呼ばれ、メランジェの上にフォームドミルク(泡ミルク)ではなく、こんもりとホイップクリームが乗っており、カカオパウダーがトッピングされています。こちらはアインシュペンナーやメランジェ等のヴィーナーカフェ(ウィンナーコーヒー)と共に、オーストリア航空のビジネスクラスでもサーブされている人気コーヒーの一つ。


Mozartlikoer-a.jpg因みに、モーツァルト・リキュールとは何ぞな???
と調べてみたところ、アルコール度数17%のチョコレートクリームでした。
カルーアミルクやベイリーズを更にチョコレート風味に仕立てたようなお味で、甘めで口当たりが良い半面、結構アルコールが強いので、コーヒーには調整しながら入れた方がベターです。
モーツァルト関連のフードと言えば、モーツァルト・トルテやモーツァルト・クーゲルン等、尽く「チョコレートとピスタチオのコンビネーション・フレーバー」がオーストリア中を席巻しているだけに、モーツァルト・リキュールはピスタチオが含まれていなかったので新鮮な驚きを覚えました。


この度コーヒーと併せて頂いたのがこちらの自家製スイーツ。
Milchrahmstrudel-a.jpg"ミルヒラームシュトゥルーデル(Milchrahmstrudel)のヴァニラソース添え"といい、乳脂をパイ生地の間に挟んで焼き上げたウィーン独特のスイーツ。遡れば、オーストリア・ハンガリー二重帝国時代に作りだされたメニューだそう。
本当は前回の記事でも紹介した"アプフェルシュトゥルーデル(Apfelstrudel/オーストリア風アップルパイ)のヴァニラソース添え"を頂く気満々だったのですが、こちらは大人気商品のため、著者が訪れた午後15時の時点では既に完売・・・・・・(涙)
ということで、仕方なくオーダーしたものだったのですが、乳脂の甘酸っぱさが効いていて意外と美味しかったですよ!(それでもやっぱりアプフェルシュトゥルーデルには及びませんが 笑)


Maronibluete-a.jpg一方こちらはマローニブリューテ(Maronibluete)と呼ばれる、ラントマン・オリジナルのケーキ
ほんのりとお酒の香り漂うマロンクリームとマロンライス(搾ってあるスパゲッティ状の部分)が、チョコレートで作られた特製の花籠に盛られているという、栗好きにはたまらないデザート!
但しこれも先日の「悪魔のスペアリブ 」に引き続き、非常にボリューミーですので、お二人で分けても十分楽しめる量で。何てったって、日本のモンブランの3倍くらいの大きさですから(笑)
※この花籠は、オペラの傍にあるラントマン系列の「カフェ・モーツァルト」でも頂くことができますよ。


ウィーンには名カフェが星の数ほどありますが、この老舗のコーヒーだけは格別!!!
変わったケーキや新しいスイーツがお目当てならば、他のカフェやコンディトライ(お菓子屋さん)という選択肢もありますが、美味しいコーヒーを堪能するのが目的ならば、ここラントマン以外にはもはや考えられません!
著者の中では、エスプレッソといえば、苦い、強い、酸味がきつい、胃に悪そう・・・・・・、といったネガティブなイメージが先行していましたが、この度頼んだモーツァルトカフェ(エスプレッソベース)は強さの中に香り高さと味わい深さが同居しており、ひたすら美味しい。強さが心地よい。大きなカップのコーヒーでありながら、上にトッピングされたホイップクリームが最後まで溶けて無くならなかったので、クリームの泡立て具合やコーヒーの温度等が絶妙に調整されてゲストにサーブされているのでしょう。
一度この深みのある味を経験してしまうと、残念ながら他のコーヒーは二度と飲みたいと思わなくなってしまったので、著者は美味しいコーヒーを飲みたいときは、迷わずここに通うことにしています。


デコバナーlandtmannコーヒーとパイ-a.gif
お店情報はこちら まで。


藤子とモーツァルトリキュール2-a.jpg藤子とモーツァルトリキュール-a.jpg新しいボールのおもちゃ、いい匂いがするよ~☆ :)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2010年12月17日
« 前の記事「お砂糖菓子のようなクリスマスオーナメント! ~ウィーンの飾り付け~」へ
»次の記事「新種のカッツェンツンゲ(猫の舌型チョコレート)発見!~オーストリアのラング・ド・シャ~」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    美術史博物館の年間パス
    マクドナルドでインターネット
    ウィーン旧市街のクリスマスマーケット
    キラキラのケルントナー通り スワロフスキー新店舗

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集