海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 【ローマ】ヴァティカン博物館 中篇

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年1月27日

【ローマ】ヴァティカン博物館 中篇


メール プリント もっと見る

【ローマ】ヴァティカン博物館 中篇

昨日お伝えしたローマ市内にあるヴァチカン博物館の潜入レポート、第2弾です!

-


◆Sala Rotonda / 円形の間
前回、ミケランジェロが絶賛したという「ベルヴェデーレのトルソ」をミューズの間を抜け、今度は円形の間までやって来ました。


Sala-rotanda1-a.jpg大きな丸いお部屋の周りに、立派な彫刻が並んでいます。
その中でもひときわ目を引くのが、このブロンズ像。
大きいですね~!高さ5.17メートルある、ミケランジェロのダヴィデ像(@フィレンツェ)くらいあるのではないでしょうか?前で観賞している人間がホビットに見えます

Sala-rotonda2-a.jpgこの円形の間の天井は、クーポラ(ドーム)になっています。
これはローマ最大にして完璧な遺構、"パンテオン"を意識して作られた丸屋根で、直径22m。(パンテオンの直径は44.3m)
ローマ建築の代表的特徴がクーポラであったため、ヴァチカン博物館内だけでなく、ローマ市内の遺跡や宮殿、宗教建築など、ありとあらゆる場所で丸天井にお目に掛かれます。ゴシック一辺倒のウィーンでは終ぞまみえない代物ですので、これには著者も興味深々でした。


◆Galleria dei Candelabri / 大燭台のギャラリー
Galleria-dei-Candelabri-a.jpg写真右下に、人の背丈ほどもある巨大な燭台が見えますでしょうか?
ここから暫くは、とてつもなく長い一連のギャラリーが始まります。
天井画が素晴らしいので、上を見ながら歩くことになりますが、その中でも取り分け美しいものを4枚ご紹介。


何れも聖書の登場人物がカラーで、背景がモノクロで描かれています。
2枚目のバックには、サンピエトロ大聖堂建築のために解体されてしまったコロッセオも。
Galleria-dei-Candelabri-bild1-a.jpgGalleria-dei-Candelabri-bild2-a.jpg
Galleria-dei-Candelabri-bild3-a.jpgGalleria-dei-Candelabri-bild4-a.jpg


◆Galleria delle Carte Geografiche / 地図のギャラリー
あまりにも長いので、タペストリーのギャラリーをさくっと飛ばし、今度は地図のギャラリーにやって参りました。


Gallerie-delle-Carte-Geografiche-a.jpg

Gallerie-delle-Carte-Geografiche-italymap-a.jpg永劫とも思えるほど長い長い回廊が続く中、左右にはローマが版図を広げていくさまを、壁に掛けられた40枚にも及ぶ地図で正確に表現されています。
ライトアップされた天井画が、とても幻想的!


◆Stanze di Raffaello / ラファエッロの間
こちらはシスティーナ礼拝堂を除き、ヴァティカン博物館の中では最も有名な部屋でしょう。このセクションは4部屋から成り、当時この部屋を居室としていたローマ教皇・ユリウス2世が、ラファエロにフレスコ画を描かせたことが名前の由来となっています。順に見て行きますと・・・


●Sala di Constantino / コンスタンティヌスの間
正面の壁画は「十字架の出現」。
Stanzi-di-Raffaello-a.jpg


●Sala de Eliodoro / ヘリオドロスの間
壁画左下「神殿から追放されるヘリオドロス」、右下「法王レオとアッティラ王の対面」
Stanze-di-Eliodoro-a.jpg


●Stanze della Segnatura / 署名の間
壁画左下「枢要説徳と対神徳」、右下「聖体の論議」
Stanza-della-Sigunarura-a.jpg


●Stanze dell'Incendio di Borgo / ボルゴの火災の間
壁画左下「ボルゴの火災」、右下「カール大帝の戴冠式」
Stanze-dell'Incendeio-di-Borgo-a.jpg


荘厳華麗などという凡庸な言葉では表現しきれないほどの神々しさ。
この建物の完成当時、掘立小屋が集まったような村で暮らしていた人々がここを訪れた際には、一体どれほどの衝撃が走ったことでしょう。
現代人の我々ですら、これほどの感動を味わうのですから、きっと当時の驚愕、感嘆、畏怖といった感情は、現在のそれを大きく凌駕していたと思います。


ところでこの3番目のラファエロの間、「署名の間」にはある有名な壁画があります。歴史・美術にお詳しい方なら、既に思い当たるのではないでしょうか?
後編は、この壁画から始めたいと思いますので、お楽しみに!


デコバナータワーボンボンで一人遊び藤子-a.gif お留守番中、キャットタワーのポンポンで独り遊びをする藤子たん
励ましのクリックお願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年1月27日
« 前の記事「【ローマ】ヴァティカン美術館 前篇」へ
»次の記事「【ローマ】ヴァティカン博物館 後篇」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集