海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 【ローマ】ヴァティカン博物館 後篇

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年1月28日

【ローマ】ヴァティカン博物館 後篇


メール プリント もっと見る

【ローマ】ヴァティカン博物館 後篇

昨日、ヴァティカン博物館のラファエロの間まで進んできた著者一行。
本日は、ここに描かれたとある有名な壁画から進めて行きたいと思います。

そもそもこの区画が「ラファエロの間」ですので、壁画の大部分を担当したのもルネッサンス期における天才画家のラファエロさんだということは、もう皆さんお気づきかと思います。
そして、その壁画と言うのが・・・

Scuola-di-Atene-a.jpg

アテネの学堂!!!

システィーナ礼拝堂を除けば、これがヴァティカン博物館のハイライトだと思っているのですが、著者が初めて母親とローマを訪れた際には何と、この絵をスルーするという大失態を犯していました
こんなに大きくて立派な絵、一体どうやって通り過ぎてしまったのか。未だに不思議でなりません。でもその時は見物客がどっさり、周りの熱気と疲労から意識も朦朧としかけていたので、きっとその他の大勢の絵に交じってこの壁画を注視しなかったのでしょうね。
その反省から、今回は「地球の歩き方・ローマ」の"アテネの学堂"部分にマーカーを引いて、是が非でも見逃すまいと印を付けていました(笑)


さて絵の方に話を移しますと、この「アテネの学堂」はルネッサンス期の巨匠・ラファエロの最高傑作と称されており、絵画中には古代ギリシアの哲学者たちが描かれています。そしてラファエロと同時代に活躍した人々をモデルとして使っていることも有名。一例を挙げますと、真ん中左、赤い衣を纏ったプラトンは自著「ティマイオス」を手に持ったレオナルド・ダ・ヴィンチ。その横の青い衣の人物は、同じく自著「ニコマコス倫理学」を持つアリストテレスでモデルは不明。


Scuola-di-Atene-michelangelo-a.jpg人が押し合う中、やや斜め方向から撮影したため見にくいのですが、真ん中で頬杖をつき思慮に耽っているのが、ミケランジェロ扮するヘラクレイトス
左下の白い衣の人物はピュタゴラス。


Scuola-di-Atene-b.jpgおや?こんなところにラファエロさん自身も登場
彼の自画像でお顔を見知った方も多いと存じますが、白いマントの人物の後ろにちょこっと顔を出している、黒いベレー帽の男性です。さり気ない自己主張がなかなか可愛いです。


周りの人々に揉まれ続けるので、適当なところで切り上げましょう。
お次はこのヴァティカン博物館のクライマックス、システィーナ礼拝堂です!


Giudizio-universale-a.jpgこの礼拝堂の祭壇奥の壁には、ミケランジェロの傑作とされる「最後の審判」が一面に描かれ、縦14.5m x 横13mという壮大なスケールの天井画も見ることができます。
この教会内はお喋り、及び写真撮影が固く禁止されているので、残念ながらオリジナルの写真はありません。またこの「最後の審判」以外にも、神とアダムが人差し指をくっつけてようとしている(いわゆる"E・T"状態の)「アダムの創造」を始め、旧約聖書を題材とした天井画が圧巻。
著者は「アダムの創造」だけ切り取られた絵ハガキを見ることが多かったので、以前はこの絵が一つだけぽつんとあるのかと勝手に想像していたのですが、実は沢山ある中の一節に過ぎないんですよね。やはり実物を見てみないことには、なかなか素晴らしさは伝わらないものだと、改めて実感しました。


スペイン階段-b.jpgヴァティカン博物館所蔵の芸術品の数々に、胸がいっぱいになってしまった著者。
それこそ、ここには書ききれないほどの壁画や芸術品、宝物の山を見学して、著者一行はヴァティカン博物館を後にしました。さくっとスペイン広場に立ち寄った後、能がないとは知りつつも、またあの美味しいお昼を食べたレストランへと舞い戻ってお夕食を頂くことに。さて今度は一体何が出てくるのでしょう?<続>

デコバナー帰りを待つ藤子-a.gif お家でぽつんとお留守番の藤子ちゃん
励ましクリックお願いします!


帰りを待つ藤子-c.jpgみんな、まだかなぁ・・・

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年1月28日
« 前の記事「【ローマ】ヴァティカン博物館 中篇」へ
»次の記事「【ローマ】ちょっと面白いもの」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集