海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 【ローマ】クーポラてっぺんは凄かった! ~サン・ピ...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月 5日

【ローマ】クーポラてっぺんは凄かった! ~サン・ピエトロ大聖堂より~


メール プリント もっと見る

【ローマ】クーポラてっぺんは凄かった! ~サン・ピエトロ大聖堂より~

Vatican像の裏側-a.jpg昨日の記事では、ヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂のクーポラ付け根までエレベーターで楽々と上り、大聖堂内部とモザイク画を愉しんだ著者一行。
本日はいよいよクーポラ頂上からローマ市内を眺めわたすべく、クーポラ登頂にチャレンジします!

Cupola外側2-a.jpgこのクーポラは地上からの高さ132.5mで、直径43.5m。
教会建築としては世界で3番目に高いウィーンのシュテファン大聖堂が高さ137m、リンツの新大聖堂が134mですから、それよりは幾ばくか低いものの、昔の建築物としては相当高さのある方でしょう。
先ほど出てきたモザイク画のテラスからの出入口のさらに上に、今度はクーポラ登頂用の別階段が備えられているので、そこからのスタートです。
ここからは人が一人やっと通れるくらいの狭い螺旋階段が限りなく続きます。
昔に設えられた螺旋階段はすり減って凸凹ツルツルしているうえに、普通の階段と違って内側に行けば行くほど幅が狭くなるので、足元をしっかり見ていないとズルッといきそうな予感。
ここで非常に重大なことを思い出しました。
著者は極度の高所恐怖症だったのです!!!
エジプトのクフ王ピラミッド内の大回廊でも、姫路城の天守閣でも、クロアチア・ドブロブニク旧市街の城壁上でも、オーストリアのスキー場ザンクト・アントンで上級者コースに迷い込んでしまった時も、イースター島の火山ラノララクから噴火口を見下ろした時も・・・。果たして生きて帰れるのだろうか、自分はここで灰塵と帰すのではないかと、本気で思ったものです。そんなことはお気楽にすっかり忘れて、ローマと言う美酒に酔いながら、酔狂にもクーポラ登頂に挑戦してしまいました。
後悔の波がどっと押し寄せますが、クーポラは一度上り始めたが最後、二度と後戻りができないのです。というのも、先ほど申し上げた通り、階段は人ひとりがやっと通れる広さ。おまけに後続の登頂者が次から次へと上って来るので、後戻りはおろか、自分のペースで上ることすら一苦労という有様。もうローマの景色なんてどうでもいいから、早く終えて帰りたい......。


schifftreppe-b.jpgああ!!!
永遠とも思える螺旋階段が終わったと安堵したのも束の間、今度は回廊が斜めになってきました(泣)いよいよクーポラのお屋根の丸い部分に差し掛かっているのだろうと、他人事のように考えながらも、恐怖が否応にも増幅されます。この斜めの空間では、もう自分の平衡感覚すら当てにできません。
地獄の斜め階段が続き、またもや螺旋階段を四苦八苦して上ること一頻り。
自分は断頭台への道を歩んでいるのではないかと、ぼんやりする頭で考え始めたころ、頭上に光がさしてきました。著者は遂に階段から転げ落ちて、天に召されようとしているのか。
そんなことがうっすらと思考の端に上ったとき、急に視界が開け・・・


!!!!!


Roman-ausblickローマの景色-a.jpg

ローマの全貌が見えました!!!
いやぁ、爽快!
先ほどまでのガクブルがまるで嘘のように掻き消えています。
こんなに綺麗な景色がパノラマで眺められるのならば、高所恐怖症と闘いながら、クーポラに登った甲斐があるというものです。
目の前にはサン・ピエトロ広場と黒ゴマを散らしたような人々、裏手にはヴァティカンの建物や庭園、そしてテヴェレ川を経て、遠くにはコロッセオやヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の威容までもうかがうことができます。
色々な場所に行く度に、高台から街を見下ろしてみますが、これは全く異なる体験。
街を眺めると言うよりも、ローマという宝石箱を覗いているような気分です。
クーポラのテラスを一周し、暫く景色を愉しんだのち、著者一行はここを立ち去りました。


ところで、エレベーター・コースなどと称しながら、300段以上、高さにして92mにも及ぶ階段はちょっと酷いですよね???
著者は体力的には問題ありませんでしたが、高所恐怖症がネックでした。
もちろん、足腰や心臓の悪い方には全くお勧めできないコースです。
クーポラからの景色は最高ですが、登られる際には良く体調を整え、歩きやすい靴でチャレンジなさって下さいね!


デコバナー高所なんてへの河童の藤子-a.gif 高いところも何のその!キャットタワーてっぺんで爆睡する藤子ちゃん
なでなでクリックお願いします☆


高所なんてへの河童の藤子ちゃん-b.jpg
Zzzzzz.....

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年2月 5日
« 前の記事「【ローマ】サン・ピエトロ大聖堂」へ
»次の記事「ヴァレンタイン商戦に沸くウィーンの街」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集