海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 美人客室乗務員がいるエアライン・ランキング ~オー...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月14日

美人客室乗務員がいるエアライン・ランキング ~オーストリアのウィーンより~


美人客室乗務員がいるエアライン・ランキング ~オーストリアのウィーンより~

Heute-Niki-b.jpgオーストリアの首都ウィーンの公共機関や地下鉄構内には、月曜から金曜まで毎日無料の情報紙Heute(ホイテ/「今日」の意)が配布されています。
通学・通勤途中の学生や会社員に、ニュースやゴシップを気軽に提供するメディアとして広く愛されているのですが、本日のホイテに興味深い記事が載っていました。

Niki hat die schoensten Stwardessen.
Niki(ニキ)航空 のスチュワーデス(客室乗務員)が最も美しい」

というのがその見出し。
ホイテ紙はネット上にて、(女性)美人フライトアテンダントのエアライン・ランキングの読者投票を行った模様で、本日はその結果が紙面で発表されていました。
業界に身を置いた著者としては、この記事は見逃せません!


記事をそのまま直訳しますと、


勝者 Niki(ニキ航空)  28%以上
2位 AUA(オーストリア航空) 25.3%
3位 シンガポール航空 18.2%
4位 エミレーツ 12.2%
-------------------------------------------------------------
完敗 ルフトハンザ 4.6% 


Niki-flugbegleiterinnen2-b.jpgまず一位のニキ航空。
このエアラインは、F1レースで3度も世界チャンピオンに輝いた、オーストリア人のヒーロー、Niki Lauda(ニキ・ラウダ)氏が2003年に設立したもの。
客室乗務員採用試験の際にも、ラウダ氏は必ず応募者と1対1の社長面接を行うので、彼の意に染まない女性は採用に至りません。同じ理由から、同社の客室乗務員は99%が女性。
(但し、美人が多いと言うだけで、もちろん全員がそうである訳ではないようです)
また制服も独自路線で、マジェンダ・ピンクの帽子とブラウス、ダークグレーのジャケットにダークジーンズといった出で立ち。


また、同氏は以前ラウダ・エアという別エアラインを創立・運営していたものの、経営が逼迫し、2002年に嘗ての国営航空・オーストリア航空グループに吸収合併されるという苦い経験の持ち主。
合併後のオーストリア航空社内では、「ラウダ航空出身者はカラッポの金髪美人が多い」との、羨みとも妬みとも取れるような噂がオーストリア人クルーの間であったほどですから、ラウダ氏は昔から美人好きで鳴らしていたのでしょう。同氏も昨年還暦を迎えると同時に、三番目の御夫人が双子の赤ちゃんを出産したので、「英雄色を好む」街道を邁進していらっしゃる御様子。


2位のオーストリア航空は、ナショナルフラッグキャリアだっただけあり、ヨーロッパの伝統と気品を感じさせる、エレガントなサービスがとても評判。特にアッパークラスではワゴンを使用したフルサービスが行われるので、政財界の方もよくご利用される模様。(秋篠宮様ご一家もご搭乗なされたのだとか)


その後、第3位シンガポール航空、第4位エミレーツと続きますが、これはアジアや中東のエキゾチック美人に惹かれるオーストリア人が多いということでしょうか。(飽く迄も、著者の勝手な推測ですが)


またルフトハンザ航空への投票率が4.6%と低く、これをホイテ紙は"Abgeschlagen(完敗)"と表現。これは国境と言語を共にする隣の大国・ドイツへの、オーストリア人の鬱屈した国民感情なのか、それとも美人の客室乗務員が少ないと思う読者が単純に多かったのか・・・・・・そこは著者には判断しかねます・・・。


ここでは投票者の性別や年齢、職業等の区分が明確にされていないので、詳しい推察はできないものの、なかなか興味深い結果だと思いました。
あ、でも著者自身は別段どこのエアランンを褒めたり、けなしたりするつもりは毛頭ありませんので、そこは御諒承くださいね!


デコバナーいつかはお空を飛びたい藤子-a.gif いつかはお空を飛んでみたい藤子ちゃん
応援クリックお願いします!


いつかは空を飛びたい藤子2-a.jpg
いつになったら飛べるかな~~

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2011年2月14日
« 前の記事「ザクロと林檎のグリーンティー!?」へ
»次の記事「グランドホテル・雲海で本格的和食@バレンタイン・デー」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンde大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集