海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 美女親子そっくり対決!女帝マリア・テレジアと王妃マ...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月18日

美女親子そっくり対決!女帝マリア・テレジアと王妃マリー・アントワネット


メール プリント もっと見る

美女親子そっくり対決!女帝マリア・テレジアと王妃マリー・アントワネット

オーストリアと言えば、神聖ローマ皇帝を代々輩出したハプスブルク家とは切っても切れない縁がありますが、今回はその中でも取り分けて有名な母娘、神聖ローマ皇后マリア・テレジアと、その娘であり、ルイ16世に嫁いでフランス王妃となったマリア・アントーニア(マリー・アントワネット)の美しい面立ちを比較してみたいと思います。

-


以下、親子の肖像画を一緒に見て行きましょう。
どちらも青いドレスに身を包み、アッシュブロンドの髪、白い肌に上気した頬、それに薔薇の花を手に持つさままでが瓜二つ。


Maria-Theresia1中-c.jpgこちらが女帝マリア・テレジア(1727年頃)。生年は1717年ですので、当時僅か10歳前後!?
随分と大人びた表情をしていますね!
このお方が後に、皇族としては当時珍しく意中の相手を無理やり夫にする恋愛結婚を実現させるのかとか、オーストリア継承戦争では侵略相手のプロイセンに猛然と牙をむいた果敢に応戦したのだとか、どすこい母ちゃんになる16人も次々に子供を出産していくのかとか.........、様々な想像が膨らみます。
そうやって再度肖像画を見返してみますと、なるほど、10歳の割には既に強い自我の片鱗の様なもの、いえいえ、聡明さと貫録がはっきりと見て取れます。


Marie-Antoinette1中-d.jpg続いてマリア・テレジアの16番目の子供であったマリー・アントワネット。こちらは1783年に描かれたものですので、当時彼女は28歳。
長女だった母親に比べると、16番目と言う序列のせいなのか、茶目っ気のある表情をしていらっしゃいます。それを鑑みると、当時若干10歳だった母親の方が、ずっと責任感のありそうな面持ちですね!
ただし、気の強そうな微笑みは親子共通!?


お次、お顔の部分を拡大してみますと・・・。
Maria-Theresia-gesicht--a.JPGMarie-Antoinette-gesicht-b.jpg

細面の輪郭にブルーグレーの瞳、まぶたの形と眉のカーブ、小さくふっくらとした唇の形もやはり酷似しています。


手だって負けてはいられません!
Maria-Theresia-arm-c.jpgMarie-Antoinette-arm-c.jpg

どちらも脂肪のたっぷりと付いた、白くてふくよかな質感。
腕や手の形自体も似ていますし、小指だけ立てたポーズもまたそっくり。


本当にこの母娘がここまで似ていたのか。
それともあらゆる画家たちが当時の美の基準に照らし合わせて、母娘の顔を修正しながら描いたため、
誰が表現しても自ずと似たような顔立ちと雰囲気に仕上がってしまったのか。
何れにしろ真相は既に闇の中。
だからこそ、後世の人間がこうやって想像を膨らませながら楽しむこともできるのですが(笑)


マリア・テレジアの夏の離宮であった、ウィーンのシェーンブルン宮殿。
娘のマリー・アントワネットが嫁いだパリ郊外のヴェルサイユ宮殿。
どちらも訪れる機会のある方は、是非この美人母娘の肖像画を見比べてみて下さいね!


デコバナー美人親子に似て嬉しい藤子-a.gif この人も美人親子と同じヘアカラーの持ち主☆
何となく嬉しそうな藤子ちゃんに「良かったねクリック」お願いします!


関連記事:「ハプスブルク家に伝わる下唇

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2011年2月18日
« 前の記事「コンサートカフェ・シュヴァルツェンベアーク ~音楽もスイーツも楽しみたい贅沢な方に~」へ
»次の記事「しっとりとした雰囲気のローゼンガーテン ~グランドホテルのカフェ~」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集