海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > オーストリア一広い!ラクセンブルク城公園 ~前篇~

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月25日

オーストリア一広い!ラクセンブルク城公園 ~前篇~


オーストリア一広い!ラクセンブルク城公園 ~前篇~

週末に、オーストリアで一番広い敷地を持つと言われる"ラクセンブルク城"に行って参りました。

場所はウィーン南方に車で約30分程度の下オーストリア州。
最初にこの地に城を建設したのはラクセンブルク氏という領主で、13世紀のことでした。しかし14世紀ごろにはこの家系も途絶え、その後ハプスブルク家のアルブレヒト3世がこの地に狩猟のための城を築いたことをきっかけとし、代々ハプスブルク家の所有となりました。後には実質上最後のハプスブルク皇帝とされるフランツ・ヨーゼフ1世と皇妃エリザベートが新婚時代をこのラクセンブルクで過ごしたり、二人の子供がここで生まれたのもこの地であったようです。


Laxenburg-schloss-a.jpg


広大な敷地内にはお城の他、神殿や湖に人工の洞窟、トーナメント(馬上槍試合)専用競技場などが備えられ、恋人同士でボートを漕いだり、一人でゆっくりとお散歩や読書をしてみたり、家族でピクニックを楽しんだりするのに最適です。


◆トーナメント専用競技場
トーナメント場1-a.jpg
トーナメントについては以前の記事「鎧ファン熱狂!の武器庫博物館 1 」、「へんてこ兜満載!の武器庫博物館 2 」もご参照ください。


Takeshi-jo-a.jpgトーナメント場の脇で見つけてしまった「風雲たけし城」を彷彿とさせる飛び石の列。
つい、調子に乗ってやってしまいました!
あまり衝撃吸収性のないレザースニーカーで、思い切り助走を付けて飛び続けたところ、あとで膝を痛めることに・・・(笑)


◆神殿
Laxenburg-temple-a.jpgこちらは、ラクセンブルク城の敷地に足を踏み入れてから、30分ほど歩き続けた所にひっそりと建っていた神殿。写真に写っている著者と比べて頂くと一目瞭然ですが、とても背の高い建造物です!


Laxenburg-temple2-a.jpg上を見上げて目を凝らすと、ドームにも美しい意匠が凝らされています。ドーム内側部分はヨーロッパ各地のドームに共通して見られる、立方形と花のモティーフから成っており、ドーム正面には建設された年が掲げられています。"MDCCLXXXXV"と彫られているので、1795年のことかと。


散策中に思いもよらない場所に行き当たる、ドキドキ感が味わえるラクセンブルク城公園。後篇へと引き続きます!


デコバナーティラミスと聞いて悔しがる藤子-a.gif 藤子ちゃんに応援クリックお願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2011年5月25日
« 前の記事「非常にヨーロッパ的な、ユーモア溢れる靴べら」へ
»次の記事「夏のウィーン名物、アイスカフェー!」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    休日の贅沢ランチ〜イタリアン〜
    頭皮の乾燥対策に、このシャンプー!
    一泊旅行・パリ写真集〜建造物編〜
    一泊旅行・パリ写真集〜グルメ編〜
    ウィーンから小旅行、花の都パリへ
    【McCafe発!】マジパンのトルテ
    白アスパラガス 食べ歩きの旅♪
    アルベルティーナの展覧会に見参す
    〜母の日〜プチ回顧録
    【ウィーン名物】アイスのシュニッツェル
    潜入レポート!シュタットパーク、食の饗宴
    都会の砂漠、Sand in the City!
    空港で最後のザッハートルテを!
    【航空速報】火山灰再び襲来
    どうにも止まらない!グラーツ珍道中3
    魅力炸裂!グラーツ街歩き 2
    中世の魅力溢れる時計塔の街、グラーツ
    今週末シュタットパークで食の饗宴を!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集