海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > 何とも耽美なクリムトのトルテ

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月25日

何とも耽美なクリムトのトルテ


何とも耽美なクリムトのトルテ

Klimt-Kuss-b.jpg来年2012年は日本でも人気白熱のアール・ヌーボー画家、グスタフ・クリムト誕生150周年だとご存知でしたでしょうか?
グスタフ・クリムトとは、こちらのブログでも昨年2度にわたり紹介いたしましたが、(クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1クリムト傑作「この接吻を全世界に」2  参照)1862年ウィーン生まれのアール・ヌーボー芸術を代表する天才画家の一人。1918年にその生涯を閉じるまで、常にウィーンを拠点に活動しつづけただけあり、美術史博物館内の壁画やウィーン大学大講堂の天井画など、ウィーン市内には彼の残した作品にあちこちでお目に掛ることができます。
(左写真、クリムト傑作「接吻」1907/8年、ベルヴェデーレ宮殿美術館所蔵)

そんなウィーンの申し子、クリムトの生誕120周年とあり、こちらでは少々時期尚早ながらも、既に彼の絵画様式を忠実に模したケーキがローンチされました!

Klimt-Surprise-torte1-b.jpg

今回著者が食べてみたのはカフェ・ツェントラルの気鋭シェフが腕によりをかけたKlimt Surprise(クリムト・サープライズ)というトルテ。19世紀末にヨーロッパで大流行したジャポニズムから多大な影響を受けたとされるクリムト。そんな彼のお気に入りのモティーフである金箔の唐草模様が、オリジナルのデザインそのままに、丸いトルテの周囲とトップのデコレーションにあしらわれている様子は何とも絢爛で、固唾をのんで眺めているだけでも耽美の渦に巻き込まれていきそうな錯覚を覚えます。


一口食べてみると、カラメルのとろりとした甘味とピスタチオの香ばしさが口中で絶妙な競演を繰りひろげ、ヴィジュアル同様、テイストの方でも甘美さ極まることこの上なし。閑雅で高貴な見栄えや味というよりは、俗塵のただ中からこそ感じ取れるような、クリムト独特の官能や妖艶さが濃厚に感じ取れる作品。クリムトファンならずとも、一度は味わってみたくなる非常に個性的なウィーンのスイーツです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2011年11月25日
« 前の記事「芸術的すぎ!デーメルのトルテ図鑑」へ
»次の記事「【クリムト生誕150周年】レオポルト美術館の「死と生」」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウィーンのペット見本市(キャット・ショー)とすごい発明品
    オーストリア名物、ガチョウ料理に初挑戦!
    ハート型の湯たんぽ♪
    お洒落パンプスとあったかブーツでウィーンの冬を乗り切ろう
    ウィーンで100年の歴史を持つカフェ、プリュッケル
    初心者のためのクッキー作り講座 ~ウィーンより~
    ブリューゲルのオモシロ絵画とバベルの塔
    アドベントカレンダー☆猫へのお土産
    とろけるハンドメイド・チョコレートをウィーンより
    美術館内のカフェとケーキ~皇室御用達ゲルストナーにて~
    ウィーン王宮コンサート
    野生動物の跡を追ってみよう!
    クリムト傑作「この接吻を全世界に」2
    クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1
    へんてこ兜満載!の武器庫博物館 2
    鎧ファン熱狂!の武器庫博物館 1
    スワロフスキーの贈り物☆
    「オペラ座の怪人」にシシィの面影を見る
    【ウィーン速報】クリスマス・マーケット解禁!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集