海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ハプスブルク家の皇帝納骨所、カプツィーナー教会【前...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月21日

ハプスブルク家の皇帝納骨所、カプツィーナー教会【前篇】


ハプスブルク家の皇帝納骨所、カプツィーナー教会【前篇】

以前から行きたいと長い間願っていたものの、なかなか機会に恵まれず、幾度も横を通り過ぎながらも訪れずじまいだったカプツィーナー教会。
先日、やっとのことで内部見学に至ることができました。


ハプスブルク家の人々はその殆において、心臓が王宮ホフブルク付属ののアウグスティーナー教会に、内臓がシュテファン大聖堂に、そして残りの遺骸がこちらのカプツィーナー教会に安置されています。入口で一人5ユーロのチケットを購入して、階段を下りて納骨堂へと歩を進めます。


すると、中は想像もしなかったような別世界が待っていました。
この暗澹たる空間の、凄まじい迫力!
この情景はとても筆舌に尽くしがたいので、お写真を中心にお伝えいたします。

巨大で重厚な棺が空間に目いっぱいずらりと陳列されています。

Kaisergruft-leopold-1-b.jpg

皇帝レオポルト1世の棺。
(1640-1705、在位期間1658-1705)


Kaisergruft-maria-christine-b.jpg

マリア・テレジアの母君、エリザベート・クリスティーネ姫の棺。(1691-1750)


Kaisergruft-Kind-b.jpg

子供の棺。
だそうですが、何ですかこれは!?
いくらなんでも怖すぎます!
ウィーンに展示されている、作曲家ベートーベンや世紀末画家クリムトのデスマスクだけでも十分に震え上がった怖がりの著者は、デスマスクならず、全身デスボディを見てもう浮足立っています!


Kaisergruft-mariatheresia-b.jpg

あ、やっと憩いの空間へ。
他の棺も十分すぎるほど大きかったものの、こちらの一際巨大な棺は、ハプスブルク家のマリア
・テレジアとその夫君で、神聖ローマ皇帝でもあったフランツ・シュテファンのもの。


Kaisergruft-mariatheresia-top-b.jpg

高さは数メートルもあり、著者の身長よりも遥かに大きいものでしたが、何とか頂上部分にあしらわれていたお二人の彫刻を写真に収めることができました。
子供が16人もおり、生前から中が良かったとされる二人。
その仲睦まじい様子が、彫刻にもはっきりと描かれています。
二人の二重あごも気になります。


思いがけずほのぼのとした、この巨大な棺の周りをうろうろしているうちに、同行者の夫を見失ってしまいました・・・。どこもかしこも棺が視界を遮り、夫が見当たりません。
このオドロオドロしい異世界に一人放り出され、涙目になりながら小走りで夫を探します。
この恐怖は、パリにある死者の世界・カタコンベに入場してしまった時以来。


やっと見付けた夫は、別の棺の注釈を独り読み耽りながら、けろっとしていました。
著者が怖気にふるわれながら、よろよろと到着する様を見て、「どうしたの?」と平然と聞いてくるところが何とも憎たらしいです。
この瘴気にまみれた別世界にて、どうやらくたばる人(著者)と、物ともしない人(著者夫)の2種類がいることを学びました。


長くなるので、次回後篇へと続きます。
お楽しみに!


デコバナータコの彫刻みたいな耳なし藤子-a.gif 棺が怖くて震え上がっている可哀想な藤子ちゃんに
慰めクリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年8月21日
« 前の記事「チロルのアルプス動物園 <1>」へ
»次の記事「ハプスブルク家の皇帝納骨所、カプツィーナー教会【後篇】」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    超ラブリー!マジパン製のハリネズミ
    紫色のビール!~フレッシュなベリー味~
    クモ恐怖症者のためのテラピー!
    ウィーンに猛暑到来!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集