海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ウィーン・オペラ座舞踏会主催者によるエティケット&...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月24日

ウィーン・オペラ座舞踏会主催者によるエティケット&マナーレッスン


ウィーン・オペラ座舞踏会主催者によるエティケット&マナーレッスン

Desirée Treichl-Stürgkh (デジレー・トライフル・シュトゥルク)氏と言えば、オーストリアの出版界を代表するファッション・ジャーナリストとして著名な女性であり、元貴族階級であるとともにオーストリアの政治家一族出身、そして何よりも2008年からはWiener Opernball(ウィーンのオペラ座舞踏会)の主催者としても巷に名を轟かせており、オーストリアにおいて彼女の名を知らない人は皆無とも言われています。


実は著者の仕事上、そんな高貴な方のエティケット&マナー・トレーニングを受ける機会が巡って来ました。


Mannerlesson-broetchen-2-b.jpgMannerlesson-broetchen-c.jpg

トレーニングが実施されたのは、ウィーン中心街に位置する、とある高級レストランの一室。
他の錚々たるカフェハウスと比べても抜群に美味しいウィンナーコーヒーやカナッペなどの軽食がふんだんに振る舞われ、優雅な調度と終始和やかな雰囲気に囲まれながら、トライフル・シュトゥルク氏に個人の立場に即した数々のレッスンを教授して頂きました。


彼女の的確なアドバイスには啓発される部分が多々あったものの、残念ながら詳細をここに記すことが叶わないので、代わりにトライフル・シュトゥルク氏に贈られた、彼女自身による著書の一部をここで引用・意訳して紹介させて頂こうと思います。


~トライフル・シュトゥルク氏の個人的なNO-GOs~


Manner-bible-c.jpg


1.皆で朝食を頂く前に、歯を磨かずに現れること。
特に若い男性は"独自ブランドの香り"を纏って現れたりします。


2.誰かの家を訪問した際に靴を脱いでしまうこと。 例外: 日本


3.既婚女性に対して"Gattin"(奥様・令夫人)、"Gnaedigste"(古くは「奥様」)と呼びかけること。
こんな呼び方をされたら、私の場合は気持ちが悪くて髪の毛が逆立ちます。


4.午前中早くから午後遅くまで"Mahlzeit"(オーストリアにおける昼時の挨拶、「こんにちは」の意)で挨拶を通すこと。


5.個人的なクリスマス・グリーティングをEメールで送付すること。これは大量送信の感が否めません。やむを得ない場合は、心のこもったオリジナルな内容と形式を心掛けること。


6.ゲストの後に登場すること。


7.軽すぎる握手。死んだ魚の様な挨拶は、良い印象を与えません。


8.映画館や劇場、オペラ座、イベントなどで着席する際に、既に座っている列席者に対して背中を向けて通ること。大きく張り出されたお尻を向けられるよりも、柔らかな頬笑みを投げかける方が、ずっと洗練されていて気分が良いもの。


9.食事の際に上半裸で着席すること。ビーチ・ピクニックならまだしもといったところですが・・・。
例外: 輝くような(見た目の良い)ボディ


10.ゲストが入室した際に、テレビを流しっぱなしにすること。
ゲストは即座に、まるで邪魔者気分の様な居心地の悪さに襲われてしまいます。


11.ネクタイとハンカチを同色・同柄で纏めること。
紳士の皆様、これはあまり想像力豊かな発想ではありませんよ。
そして・・・・・英国流流儀本のバイブルによれば、これは決定的なNo-Goです。


12.欠伸の際に口に手を当てないこと。
早朝フライトでなら、他人のぽっかりと開いた口蓋に目を遣ってしまう機会も頻りですが、決して耽美な光景ではございません!


13.私がこの世から何よりも根絶したいものと言えば、"BEGL"。
"BEGL"の意味をご存じありませんか?
"BEGL"とはBegleitung(同伴者)のことで、これは恣意的且つ公然とした侮辱の言葉。
特に、家に届いた招待状に"アンドレアス・トライフル様及びお連れ様"などと書かれているのは、最も忌まわしいこと。招待客配偶者のファースト・ネームが不明で、聞きだすチャンスがどうしてもなかった場合には、せめて「トライフルご夫妻」と書いてインビテーションを送付すること。




等など。
雰囲気が伝わり易いように、かなり意訳してしまいましたが、訳している最中にも「うん、うん」と思わず頷いてしまう事柄から、うっかり笑みがこぼれてしまうものまで、非常に面白い内容にぐいぐいと引き込まれていくのを実感しました。


この他にも、洗練された生活様式の整え方や正しい挨拶方、ゲストを招いたディナー・パーティの主催者の義務、モードやファッションを取り入れる際のエティケット、子供のマナー教育、異文化の風習紹介やプレスやメディアへの対応に至るまで、その内容は実に多岐にわたっています。


Treichl-autograph-a.jpg読み進めて行くと共感できる部分も多い半面、やはり超上流階級の方のバイブル的なエティケット本ですので、一般人や外国人には理解しがたいパートもあるのは事実。
但し、ハプスブルク家に長きにわたって統治・為政されてきたオーストリア特有の文化を理解する上では、良い取っ掛かりとなりそうな内容です。
<右写真>ミーハーな著者は、もちろんDesirée Treichl-Stürgkh氏の個人的なメッセージとサインもしっかりと頂きました! 

decoケーキを眺める藤子-a.gif 猫のマナー本執筆中の藤子ちゃん
応援クリックお願いします!


(引用 Desirée Treichl-Stürgkh著 "Lebens Stil", 2009, Brandstaetter社発行)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年10月24日
« 前の記事「カボチャ料理一辺倒!」へ
»次の記事「<オーガニック>パンプキン味のホットチョコレート」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    1年前の同じ月に投稿された記事
    <時間のない方に>スタイリッシュなホテルでクイックランチ
    マロンの季節、ふたたび
    【お土産】マリー・アントワネットも愛したプティ・ポワン
    ちょっぴり妖艶な民族衣装、最新特集!
    紅いフキのヨーグルト
    男性客室乗務員が女性に大変身
    【追記】持ち物!
    ウィーンかパリか、スイーツ頂上対決 ~アイスクリーム編~

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集