海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > あんなに美味しかったラントマンのコーヒーが・・・

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月12日

あんなに美味しかったラントマンのコーヒーが・・・


メール プリント もっと見る

あんなに美味しかったラントマンのコーヒーが・・・

先日、久方ぶりにレストラン・カフェのラントマンへと赴きました。


このラントマンのコーヒーは「ウィーンで一番!」と皆様に自信を持ってお勧めできるほど美味しいものですし、何と言っても著者の手掛けた第一回目の記事、「ウィーンと言えばカフェ!最もエレガントと称されるカフェ・ラントマン 」で取り上げた、思い出の場所でもあります。
とはいえ、アクセスが少々手間であるのに加え、このラントマン系列のトルテは他の皇室御用達系のコンディトライ(スイーツ店)に比べてあまり著者好みのテイストではなかったことから、暫く足が遠のいてしまっていたのですが、この度一念発起して、ラントマンのコーヒーを堪能すべく、いざ出発!


Landtmann-gebaeude-b.jpg

日曜の午後だったこともあり、到着してみればラントマンはかなりの盛況ぶりで、ほぼ満席。
探し出した一席に腰を落ち着け、メニューに目を通し始めたところ・・・。
カフェ・ツェントラルやカフェ・ホーフブルク等のウィーンのその他カフェに違わず、メニューが何だか減っている模様。トルテ類は相変わらずのヴァリエーションで展開されているものの、その昔友人たちと迷いながらオーダーした軽食類のコーナーが小さくなっているのに気付き、ちょっぴり意気消沈。
"ここも削減体制?"と心配しつつも気を取り直し、アプフェルシュトゥルーデル(オーストリア風アップルパイ)のヴァニラソース添え(6.5ユーロ)と、代表的なウィンナーコーヒーであるメランジェ(4.9ユーロ)を注文しました。


ケルナー(ウェイター)さんの対応はさすがにラントマンだけあり、終始フレンドリーで、サービスも完璧。
「これぞラントマン!!!」と、感激していたら、マッチ箱を片手に持った黒服の女性がやってきました。
何やら押し売りか寄付のお願いでもされるのかと内心身構えたところ、「お席に置いているコートをお預かりします」とのこと。
ラントマンでは昔から、冬場はコートを預けるのが義務となっているので、わざわざ席を廻ってまでコートを回収しているようです。面倒ながらもルールに従ってコートを差し出すと、この女性は何と著者のコートを引ったくるようにして持って行きました。そのあまりに暴力的な態度に、著者は唖然・・・・・
前後左右の客人たちも皆、コートを席に置いていたので、この失礼な女性が他のお客にはどのようにに対応するのかつぶさに観察していていましたが、その後の10人程度からは、至極丁寧にコートを受け取っています。あの下品極まる挙動は、果たして何だったのか?
ケルナーさんの対応も完璧で、せっかく久し振りのラントマンを楽しんでいただけに、いきなり水を差されて、憮然とした気分になりました。


Landtmann-apfelstruedel-b.jpg

同行者になだめられ、やっと気分が再上昇したあたりで、アプフェルシュトゥルーデルが登場!
ヴァニラソースにたっぷりと浸されて、とっても美味しそう。
メランジェ・コーヒーもすぐに運ばれてきたので、久し振りの感動を味わうべく、カップに口を付けたところ・・・


不味い。


青汁どころの騒ぎじゃない。


このひどく渋い、不味くて茶色い液体物はいったい何!?!?
あれほど香り高くて、飲むものを恍惚とさせたラントマンのコーヒーはどこへ行ってしまったのやら?
これならば、インスタントコーヒーの方がよほどましというもの。
小さなカップでありながら、著者は半分も飲み干すこと能わず。


お口直しにとアプフェルシュトゥルーデルを食べてみたものの、自然といえば自然風味であるものの、何だかパンチにかけたお味。ヴァニラソースも以前ほどとろみが効いておらず、かなり不完全燃焼。


実を言うと、昨年12月より急激に味の落ちたカフェ・ホフブルクは、ラントマン系列。
(詳しくはこちらの記事参照 「おすすめ撤回!不味くなったホフブルクカフェのお料理 」)
この一件で、本家本元のラントマンに対しても若干の不安はあったものの、まさかこの老舗のコーヒーとトルテの味が落ちるわけはないと自分に言い聞かせていた著者は甘かった。「やはり」という思いと、「ブルータス、お前もか!?」という裏切られた思いとの狭間で、何ともやるせない気分でした。
コーヒーですらこの体たらくぶりですから、うっかり軽食をオーダーしなくて本当に大正解。


失墜したコーヒーの味と、コート係の無礼千万な差別的対応。
この二つは、いくらケルナーさんのサービスだけが完璧でも、到底カバーしきれるものではありません。
残念ながら、このラントマン及びラントマン系列のカフェに著者が二度と来ることはありませんし、読者の皆様にもお勧めできない状態です。


でも美味しくて雰囲気のあるカフェを見つけたら、またこちらのブログでリポートしますので、皆様もお気を落とさずに!

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif藤子ちゃんとロキ君に
クリックお願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2013年2月12日
« 前の記事「2012年のクリスマス・ランチ」へ
»次の記事「オーストリアならでは!カボチャの種アイス」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    頭上の雪にご注意を!
    え、こんなお土産ありですか!?
    チロルのケーキ屋さん
    緑溢れるガーデンで、オーストリアの朝食を
    大氷穴とマンモス洞窟に入場!
    ウェイターにご注意!
    アルトミュンスターでの、ある夏の一日
    お洒落ダイニング ~番外編~
    ワサビのリゾット!? お洒落ダイニング2日目レポート 2
    寒がり必見!ウィーン観光用の防寒対策
    天ぷらにマンゴ!?お洒落ダイニング 2日目レポート
    ダイヤモンドダストの舞うウィーンの街
    ガーデニング・ブティック併設のスタイリッシュなレストラン
    マロングラッセとメレンゲのイガイガ・モンブラン

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集