海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ウィーンフィルハーモニーのコンサート

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月13日

ウィーンフィルハーモニーのコンサート


メール プリント もっと見る

ウィーンフィルハーモニーのコンサート

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団と言えば、誰しもが一度は鑑賞してみたいと憧れるオーケストラの筆頭に上がるのではないでしょうか。

ウィーン国立オペラ座で毎夜のように上演されるオペラの歌劇場管弦楽団はウィーンフィルが兼ねており、こちらのオペラチケットの入手は比較的簡単であるものの、これが純粋なウィーンフィルのコンサートとなると話はまた別。
月例の定期演奏会は終身会員しか購入がかなわないため、実はこちらに暮らしていても、ウィーンフィルのコンサートに行く機会はなかなかなかったりするのです。
しかし幸運にも先週、久方ぶりに拝聴する機会が!

WrPhil-standing-ovation-1-500.JPG

コンサートの内容は以下。


◆指揮者:
Gustavo Dudamel (グスターボ・ドゥダメル)


◆プログラム; 
リムスキー=コルサコフ:ロシアの復活祭序曲 op.36
ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編):はげ山の一夜
リムスキー=コルサコフ:シェエラザード op.35


指揮者のドゥダメルはベネズエラ出身で33歳の気鋭の若手。
2004年の第1回グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールでの優勝が、
ブレイクのきっかけとなったようです。
写真では少々わかりづらいですが、くりくりの細かな巻き毛が、いかにも指揮者然とした雰囲気を醸し出した人物です。


プログラム内容も、以前鑑賞したウィーンフィルの定期演奏会とは違い、素人にも馴染みがあって、楽しみやすい曲目がセレクトされていました。
特にシェラザードではコンサートマスター(ヴァイオリン)の独奏場面が幾度も登場し、
「これが世界を牽引するヴァイオリニストの一人の演奏か・・・」
と感じながら演奏に聞き入ると、感慨もまたひとしおでした。


Theater-adW-side-500.JPG


今回のコンサートが催されたのは、Theater an der Wien(テアター・アン・デア・ウィーン)という劇場。
絢爛豪華なウィーン国立オペラ座やニューイヤーコンサートの「黄金のホール」で名を馳せる楽友協会の陰でかすんでしまいがちな存在ですが、この劇場内ではベートーヴェンが歌曲「フィデリオ」を作曲していたこともあるなど、思いがけず歴史的な存在。


テアター・アン・デア・ウィーンは元々歌劇場として建設されたものの、しばらくはミュージカル上演に使用されていたため、著者がこの建物に初めて足を踏み入れたのも、ミュージカル「エリザベート」の公演時でした。
しかし最今ではまたオペラ上演会場としての役割を復古しつつあるようです。


Theater-adW-front-view-500.JPG


ハプスブルク家の双頭鷲のゴールドエンブレムも舞台上に鈍い黄金色の輝きを放っています。
中央にはフランツ・ヨーゼフ1世のイニシャル、"F.J.1"の頭文字が見て取れます。
神韻縹渺の域に達するウィーンフィルの演奏も、このような歴史的・芸術的なコンサートホールで鑑賞すると、いよいよ幻想的。
以前にも述べましたが、あのどこまでも伸びやかでありながら、恐ろしいほど切れのある、まさに心の琴線に触れてくるような演奏はそうそう体験できるものではありません。
演奏が終わった後は、心身ともに昇華されたような、得も言われぬ気分になります。


Theater-adW-saeule-500.JPG


ウィーンフィルのコンサートは残念ながらなかなか開催されませんが、ご旅行の皆様もウィーンにいらした際には、ぜひいろいろなクラシック音楽に触れて、たくさんの感動を持ち帰ってくださいね!

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif藤子ちゃんとロキ君に
応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2014年9月13日
« 前の記事「ホイリゲでシュトゥルム酒を飲もう!」へ
»次の記事「ハルシュタットの美しい納骨堂、バインハウス」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウィーンのお得な【地下鉄乗車券】情報 ~お買い物用チケット~
    マンナー味のヨーグルト!
    ウィーンで薫り高いハーブティーのお土産を買おう! ~後篇~
    ウィーンで薫り高いハーブティーのお土産を買おう! ~前篇~

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集