海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > モミの木はオンラインで買うのが正解!?

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月22日

モミの木はオンラインで買うのが正解!?


メール プリント もっと見る

モミの木はオンラインで買うのが正解!?

雰囲気たっぷりかつ、かぐわしさ漂う本物のモミの木のクリスマスツリー。
日本ではまだまだ珍しい存在ですよね。
でもこちら、オーストリアではどこの家庭でも本物を飾るのが昔からの伝統。
私も渡墺した当初は、クリスマス直前になると、ありとあらゆる街角や路上、公園内で売られているモミの木を見て、そのあまりの可愛さに感動したもの!
しかし、このモミの木。実は買ってきてお家の居間に飾るまでが、女性や高齢の独居老人などには一苦労なのです。

Schoenbrunn-Christkindlmarkt-2014-gebaeude-500.jpg

(写真は、シェーンブルン宮殿のクリスマスマーケットに飾られた雄大なツリー)
でも飾られた美しいツリーを見ているだけでは、裏方仕事はなかなか想像に難いのでは?
そんなあなたにオーストリアの苦労事情、モミの木編をちょっぴり紹介します!


■裏事情1:まず、重い!
クリスマス当日になってツリーが枯れてしまった・・・なんて悲劇の起こらないよう、モミの木はぎりぎりのタイミング、つまりクリスマスの2週間前を目途に切り出して、街や村のマーケットまで運び出されます。しかし水分をたっぷりと含んだ本物のモミの木は想像以上に重いんです!1m程度の可愛らしいミニサイズならまだしも、大きなもの(2m+)ですと、持ち運びや立てつけは女性一人の手に負えるものではありません(腕力自慢を除く)。


■裏事情2:針葉樹なので、チクチクと地味にイタイ・・・
モミの木を買うと、業者さんが持ち運び用の専用ネットでざっくりと包んでくれるのですが、このネットからちょこちょこと飛び出た針のような葉っぱがチクチクと手に刺さり、何かと痛いのです。革の手袋をすれば問題解決しますが、うっかり忘れて買いに出た温暖化日和にはちょっと悲惨・・・。


■裏事情3:なんてったって、大きい。
ツリー購入時に専用ネットに入れてもらえるため、若干のボリュームダウンこそ望めるものの、木自体の長さは勿論そのまま。市販品のプラスティックツリーように持ち手付きの箱が付属してくるわけでもなく、運びにくいことこの上なし。その上、車のトランクが小さかったり、自家用車を持っていない場合には、家までえっちらおっちら、ダウンコートの下で汗を滴らせながら担いで帰る必要あり。私の夫は、昨年2mのモミの木を会社支給で持って帰って来たものの、一体どうやって車に乗せ、運転できたのか未だに疑問です。今年も今宵あたり持ち帰ることが予想されるので、窓から様子を眺めていようと思います。(←手伝えば?)


そんなわけで、クリスマスツリーを購入して持ち帰るのは例年、主に男性の仕事。でも、女性一人暮らしだけど、ちょっと腰が曲がって痛いけど、モミの木が欲しい!暖炉の前を一時的に緑化させて、ツンとした芳香に浸りながらホリディシーズンを満喫したい!という需要があるのも事実。
上記のような万難を排し、そんな熱い要望にも応えるべく、最近では目端を利かせた業者がモミの木のインターネット販売を始めた模様です。
でもオンラインショッピングじゃ、好みの形(枝が360度均等に出ていて、裾広がりであるものほど美しいとされ、高値が付く)や微妙な大きさが選べない!、交換や返品が面倒そう・・・、クリスマス後に届いたらどうしよう!?などといった些細な不満は疑問さておき、あのようにバルキーなものがクリック一つで届くとは、本当に便利な世の中になったものです。


以前は腕力にものを言わせなければ入手することが億劫だった、幸せなホリデーシーズンの象徴。今年は心身ともにあたたかなクリスマスを迎えられる人が増えるはず!?

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年12月22日
« 前の記事「【注意】ホテルマリオットに女性の宝石泥棒出現!」へ
»次の記事「音楽ファン以外も楽しめる!モーツァルトハウス・ウィーン」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイーダのとってもラブリーなクラプフェン(オーストリア風ドーナツ)
    Demel スミレのザッハートルテ
    【要注意!】ハイナーのマロンケーキ
    クリスマスツリー解禁!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集