海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ザルツブルク発祥、ユニークな卵のデザート!ザルツブ...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月29日

ザルツブルク発祥、ユニークな卵のデザート!ザルツブルガー・ノッケルン


ザルツブルク発祥、ユニークな卵のデザート!ザルツブルガー・ノッケルン

アルプスの雪嶺をイメージして創作されたザルツブルク発のデザート、ザルツブルガー・ノッケルン。
随分前にも記事にしたことがありましたよね。(参照記事 【ザルツブルク】甘味&お土産講座♪2
実は先日ザルツブルクの友人を訪れた際に無性に食べたくなり、ザルツブルク旧市街の目抜き通り・ゲトライデガッセ近くにあるレストランを再訪しました!

Salzburgernockerl-ohne-sauce-600.JPG

通常は2−3人でシェアするようなビッグサイズで登場するのですが、ここのレストランは良心的にも、小さな一人分ポーションをサーブしてくれるのがポイント☆

Salzburgernockerl-mit-sauce-600.JPG

以前訪れたときには他のレストランと同様、普通にザルツブルガーノッケルンだけが出てきたのですが、今回レストランの一部分がエッジーなラウンジへとリノベーションを遂げており、それに伴ったメニュー改変の一環なのか(!?)、今回は何とソースが添えられて来ました!
アツアツのワイルドベリーのソースをたっぷりと降り注いでいると、否が応でもテンションが高まってきます。


食感は見た目通りふんわふわ!!!!!
他のレストランで食べた記憶では、フワフワながらもなぜかへヴィーで極甘でしたが、今回のものは非常に軽くてエアリー!(しこたま泡立てて作っているので、本当にほとんど空気で出来ているんですけどね・・・笑)
しかも、「日本人ウケを狙ったのか!?」と邪推したくなるほど、良い意味で甘さ控えめ。
以前記憶とは打って変わって、ついつい食が進んでしまうような美味なデザートでした!


Sternbraeu-dirndl-600.JPG

訪れた時間帯はお昼前だったせいかまだ人も少なく、店員さんたちとお喋りに花を咲かせることができました。
田舎なので、ウィーンの人々よりもずっと気さくです。
因みにこのお姉さんが着用している衣装は、ディアンドルと呼ばれるオーストリアの女性用民族衣装。チロル地方を中心にいまだ老若問わず愛されています。
オーソドックスなものは白いブラウスにカラフルなエプロンとスカートといった出で立ちですが、このお姉さんのものはシックなブラックのブラウスですね。

Sternbraeu-interior-600.JPG

レストランの内装はこの通り。
オーストリアのアルプス地方の雰囲気がばっちり出ていますよね!
余談ですが、日本では「アルプス=スイス」というイメージが強いと思いますが、実際にはアルプスはフランス・スイス・イタリア・オーストリアの国境沿いに東西に走っているので、オーストリアにもアルプスは存在します。


ところでこのザルツブルガーノッケルン、実は卵を用いたデザートなんですよね。
興味のある方のためにレシピを載せておくと、


1. オーバル型の耐熱皿にバターを塗り、生クリームを注いでオーブンで190℃に加熱する。耐熱皿は必ず熱い状態で使用すること!
2. 卵白に塩と砂糖を加え、角が立つまで泡立てる。(このとき泡立てすぎないように注意!)
3. 2と卵黄・ヴァニラシュガー・ラムを慎重に手早く混ぜ、小麦粉をその上にふりかけ、泡だて器で手早く混ぜる。クリーミーでエアリーな感じに。
4. 3で出来あがったものをアルプス山脈をイメージして3つの山型に整え、予熱してある耐熱皿に盛り、190℃で10~12分程度、黄金色になるまで焼く。
5. 最後に雪に見立てた粉砂糖を振りかけて、できあがり!


オーブンさえあればかなり簡単ですので、皆さんもぜひ作ってみて下さい♪
もちろんこのレストランのようにベリーソースやプラムソースなど、アツアツのオリジナルソースを作ってかけるのも大いにありです!


材料はこちら↓


卵白 6個分
卵黄 4個分
白砂糖 80g
塩 少々
ヴァニラシュガー 少々
ラム 大さじ1
小麦粉(粗め) 60g
バター 30g
生クリーム 10ml


美味しいザルツブルガーノッケルンができるといいですね!


(1月お題"卵料理")

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年1月29日
« 前の記事「コンチータ、ゴールデングローブ賞授与式に華麗なドレスで登場!」へ
»次の記事「寒い時期にはオーストリア風たまご酒!アイヤーリキュール」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集