海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > パレ・コーブルクの瀟洒なガーデン・レストラン

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月14日

パレ・コーブルクの瀟洒なガーデン・レストラン


パレ・コーブルクの瀟洒なガーデン・レストラン

ウィーンの5つ星ホテルといえば、やはり両陛下やアメリカ大統領も滞在するホテル・インペリアルがダントツに有名ですが、地元では"パレ・コーブルク"(コーブルク宮殿)という名の豪華で瀟洒な宮殿ホテルが高名です。
先日そこのガーデンレストランでランチをする機会があったので、紹介しますね!

Coburg-gebaeude-500.JPG

まずこちらがパレ・コーブルクの外観。
中世にはウィーンの城壁となっていた場所ですが、16世紀の改築後、フェルディナント・フォン・ザクセン=コーブルク=ゴータ公爵がここに宮殿を建てたことが始まりです。
(因みに、ザクセン=コーブルク=ゴータ夫人という方が知り合いがいるのですが、何とこの公爵の末裔なのだそう!)
内部は当時の古い城壁をそのまま生かしてあり、歴史的でありながらこの上なくモダンというアヴァンギャルドな造り。
おもしろいので、一度見てみる価値は大いにあります。

Coburg-stadtplan-2-500.JPG

入って左側のバルコニーを覗けば、美しいモザイク柄で表現された1850年当時の旧市街地図を俯瞰することが可能。

Coburg-clementine-garten-500.JPG

入り口横のエレベーターで2階に上がると、ガーデンレストランのクレメンティーネに直結しています。
緑の多く植わった空間は、暑い夏でもどことなく涼しさを醸し出しているのが嬉しいところ。

Coburg-clementine-wintergarten-500.JPG

ウィンターガーデンも併設されているので、雨天時や寒い季節でも大丈夫です。

Coburg-getraenk-500.JPG

こちらは私のオーダーした自家製フルーツジュース(うろ覚えですが、ミカン味の自家製炭酸飲料だったような!?)。
ただし、パレ・コーブルクは城壁地下内に築かれた大きなワインセラーが有名ですので、ワインを味わってみるのもお勧めです。

Coburg-brot-500.JPG

泡立てられたバターと、以前の記事(カボチャの種やナッツもトッピングされている、ウィーンの自然派ベーグルを味わう) で紹介したオーガニックベーカリー"ヨーゼフ"のハンドメイドの黒パン。
こちらのカルダモンとレッドビーツソルトがトッピングされたバターはこの上なくクリーミーで、持って帰りたくなるほど!

Coburg-ente-500.JPG

メインのカモの胸肉。
皮がパリパリにグリルされたものを勝手に想像していたのですが、登場したこちらのカモ肉はとても柔らかく煮込まれていて食べやすかったです。
ソースはマスタード風味で、ほうれん草の苦み、サツマイモチップの甘みおよびルバーブの酸味とよくマッチしていました。
でも万人受けするというよりは、好き嫌いの分かれる味かも・・・!?

Coburg-Rind-Tartar-500.JPG

こちらは連れのオーダーしたビーフ・タター(※)。
生のビーフ自体は申し分ないクオリティでしたが、味付けがなぜかまたマスタード風味。
タターはもっと美味しいところがあるかも・・・。


(※)いわゆるタルタルステーキで、生の粗みじん切りの牛肉と様々なスパイス、卵黄で和えたディッシュ。


満腹になったので、今回はデザートを頂かずじまいでした。
また再訪の機会があれば、レポートしますね!


クレメンティーネ(Clementine)

住所:Coburgbastei 4, 1010, Wien、パレ・コーブルク・レジデンツ内
営業時間:毎日7:00~22:30

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年9月14日
« 前の記事「芸術に造詣の深かったオイゲン公、彼の過ごした冬の宮殿とは?」へ
»次の記事「夢うつつの景色とともにお食事が愉しめる景勝地、カーレンベルクの丘」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンde大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    1年前の同じ月に投稿された記事
    乗降自由な周遊バスで、気ままなで便利なウィーン観光を
    オーストリアのブドウ発泡酒、シュトゥルムをホテルで美味しく飲むための秘訣
    こんな駅見たことない!オットー・ヴァグナーによる、ユーゲントスティルの地下鉄駅舎が美しすぎる
    お土産はスワロフスキーだけじゃない!ウィーン発のアールデコなアクセサリーショップ、フライ・ヴィレ

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集