海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > スルタンゆかりの品や実物の大砲まで!密かに人気のウ...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月17日

スルタンゆかりの品や実物の大砲まで!密かに人気のウィーン観光スポット、軍事史博物館【1】


スルタンゆかりの品や実物の大砲まで!密かに人気のウィーン観光スポット、軍事史博物館【1】

ここのところ舞踏会記事が多かったので、今回は久しぶりに観光スポットを紹介します!
ウィーンの観光地の中では比較的マイナーな存在ですが、意外に興味深いのが軍事史博物館。この博物館はウィーン3区の外れにあり、位置的にはベルヴェデーレ宮殿の南方、ウィーン中央駅からは歩いてすぐというロケーション。1857年の建築当初は兵器収納庫として使用されており、館長には皇太子ルドルフも就任していたという由緒正しい施設で、現在は軍事史博物館として機能しており、現役の博物館の中では最古の建物なのだそう。


Heeresgeschichtliches Museum-gebaeude-600.JPG

このあたり一帯は比較的緑の多い地区で、春から夏にかけては多くのウィーンっ子たちがお散歩する姿が見られます。車を停めて徒歩で博物館の入り口に向かうと、観光地を巡るホップオン・ホップオフ・バスも丁度到着したところでした。ちゃっかり観光ルートに組み込まれているということは、地味な存在ながらも密かな人気があるのかも知れません。

Heeres-Museum-entrance-600.JPG

建物に踏み入れた瞬間からいきなりゴージャス!
何とも壮麗なゴシックの柱廊とアーチ天井が出迎えてくれます。

Heeres-Museum-Saeule-600.JPG
Heeres-Museum-Cupola-600.JPG

正面の階段を上り、2階の広間に出るまでがこれまた壮麗で見事な造り・・・。
"軍事史博物館"という物騒な名称からは想像もつかないほど雅やかで、そこいらのカトリック教会も顔負けの迫力です。

HGM-waffen-600.JPG

さて、ここからが展示の開始です。
対トルコ戦争時のオスマントルコ兵の武器や帽子、階級章(馬の尾)が陳列されているのですが、薄暗い年代物の館内に、おどろおどろしい武器類が多数浮かび上がっている様は、ホーンテッドマンションを束の間連想させたりもします。


ところで、こういったトルコ風の武器類は先日紹介したウィーン・ホフブルク王宮敷地内にある「武器庫博物館」 や、グラーツの「武器博物館」などでも見学でき、オーストリアにおいてはさほど珍しい存在ではないのですが、この軍事史博物館にはもう少しおもしろいものもありました!

Heeres-Museum-Osman-Plan-600.JPG

オスマントルコ軍がウィーン包囲を行った際の布陣図です。
青く丸で囲まれているのが、当時城壁と堀に護られていたウィーン市街(現在のウィーン1区)。
三日月の付いたテントがオスマントルコ軍の位置です。
ウィーン北西にあるウィーンの森からは、ザクセンやバイエルンといった選帝侯たちの軍が救援に駆けつける様まで緻密に描かれており、非常に興味深いです。

Heeres-Museum-zelt-600.JPG

そして、こちらはウィーン包囲時にオスマントルコ軍が残していった本物の天幕!
夫が小学校の遠足で訪れた際には、豪奢なスルタン(皇帝)のテントも展示されていたのですが、傷みを気にしたのか、現在はこちら一点のみが見学可能となっています。

Heeres-Museum-kanone-600.JPG

対トルコ戦争の際にベオグラードを砲撃した火砲の一種、臼砲(きゅうほう)。
命中度が低いため、主として要塞攻撃に多用されたとされています。


ちょっと長くなりそうなので、次回に続きます。

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年4月17日
« 前の記事「【潜入レポート】カフェオーナーの舞踏会、ちょっと意外なコーナー特集 <後篇>」へ
»次の記事「知性派にぴったりなウィーン観光の穴場スポット、軍事史博物館【2】」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    スワロフスキーも出展するスイス時計宝飾見本市
    アンズ尽くしのオーストリア!お土産にはアンズの蒸留酒入りグルメジャムを
    レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウィーン街中の耽美な建築デザイン、エンゲル薬局へ
    ウィーンの地下鉄に犬連れのセキュリティ部隊投入
    老舗カフェかシュニッツェルか?ウィーンでラントマン紛争勃発!

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集