海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ちょっと残念!?ハプスブルク皇室御用達パティスリー...

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月28日

ちょっと残念!?ハプスブルク皇室御用達パティスリー、Sluka(スルッカ)


メール プリント もっと見る

ちょっと残念!?ハプスブルク皇室御用達パティスリー、Sluka(スルッカ)

他の錚々たるコンディトライ(パティスリー)と比較して、個人的に特筆すべき点が見当たらなかったため、久しく足が遠のいてしまっていたハプスブルク皇室御用達パティスリーのSluka(スルッカ)。
しかし、先月開催されたウィーンマラソンに参加する同僚たちを応援すべく、ウィーンのリンクにほど近い立地の同カフェに久方ぶりに足を運ぶことにしてみました。

Sluka-open-terrace-vertikal-500.JPG

ご覧の通り、ウィーン市庁舎至近という贅沢なロケーションで、夏季には開放的なオープンテラスも設置されます。

Sluka-eierspeise-600.JPG

こちらは私のオーダーしたハムとマッシュルーム入りのオムレツ。
具はハム、ベーコン、サラミ、マッシュルーム、チーズ、トマト、玉ねぎから2種類選ぶことができ、ミニサイズのパンも2種類ついてくるのですが、お値段はこれだけで7,4ユーロ。他のカフェに比べてかなり強気なお値段の割には卵がぱさぱさとしており、お味もかなり残念な感じでした。

Sluka-zitronentarte-500.JPG

デザートに頼んだツィトローネンシャウムトルテ。
これは訳すと「レモンとメレンゲのケーキ」となり、その名の通りレモンケーキの上にほんのりと焦がされたメレンゲがこんもりと盛られています。それなりのお味ではあったものの、これに4.9ユーロも出すなら、同じく皇室御用達のデメルやオバラーにはもっと安価でずっとずっと美味しいものがあるというのが本音。

Sluka-nusstorte-600.JPG

夫用に持ち帰ったヴァルヌストルテ。
オーストリアでは定番のケーキのひとつで、ウォーナッツベースの生地にヌガーのバタークリームとマーマレードが挟み込まれ、トップは薄いマジパンでコーティングされたもの。
所感としては、他の名だたるパティスリーのケーキよりも高額でありながら・・・(以下同文)。


他にも友人たちとシェアしたスルッカ125周年の記念ケーキやクリムトトルテなど、数種類味わってみたのですが、もうこれ以上は感想を書くのが辛いので、このあたりで止めておきますね。

Sluka-tee-600.JPG

最後に・・・。
私たちは全員でグラス入りのペパーミントティーを頼んだのですが、出てきたのはカップ入りのもの。しかしメニューをわざわざ指さしながら注文したので、恐らくグラスを切らせるといった店側の事情でカップに入れてサーブされたのだろう(←ウィーンではよくあることです)と解釈していたら、会計時にしっかり割高なカップ料金を請求されてしまいました。しばし議論の後に返金してもらえましたが、あまり良い気分はしませんでした。


実をいうと、店内もオープンテラスも満席の日曜でありながら、ウェイトレスがたった一人で殺気立ちながら孤軍奮闘しており、メニューも着席後20分ほどでやっと手渡され、オーダーできたのは更にその20分後という有様。その後も追加注文しようにも、私たちのテーブル席にはほとんど回って来てくれずフラストレーションがたまりました。
店側の対応、味、値段が須らくいまいちとなると、個人的には日本人旅行者の皆さんに自信を持ってお勧めできるカフェとは言い難いのが実情です。残念な報告でごめんなさいね。


ただ最近このスルッカは旧市街の目抜き通りであるケルントナー通りにも出店したそうですので、万が一ご興味がおありなら、私の訪れた市庁舎近くの店舗ではなく、そちらに行ってみるのも手かもしれません。他にずっとずっと美味しいカフェ&パティスリーは沢山ありますけれど・・・(笑)

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年5月28日
« 前の記事「モーツァルト装束のチケット売り、存亡の危機か!?」へ
»次の記事「6月5日まで。シュテファン大聖堂の「教会献堂祭」、絶賛開催中」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    ヨーロピアンテイスト溢れるインテリアの中で地中海料理を
    【お土産】スワロフスキーのコンテンポラリーな白鳥バングル
    【グルメガイド選出】ウィーン1区のベストカフェ特集
    クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!
    ウィーンでのショッピングには甘美なクリムトの「接吻エコバッグ」をお供にどうぞ
    カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ
    ウィーン・グランドホテルでいただく一流フレンチ Le Ciel by Toni Mörwald
    子供と一緒に楽しめる大人気のオペラ "ピノッキオ"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    隠れ銘菓!オーストリアならではのケーキ【4】 マラコフトルテ
    知られざるオーストリアのケーキ【3】 アイヤーリキュールトルテ
    ハプスブルク家秘蔵!オーストリアのケーキ【2】エスターハージートルテ
    オーストリアならではのケーキ【1】 トプフェントルテ

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集