海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン特派員ブログ > ウィーン国立オペラ座の楽しみ方!

オーストリア/ウィーン特派員ブログ ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月20日

ウィーン国立オペラ座の楽しみ方!


ウィーン国立オペラ座の楽しみ方!

Oper-ballet-2013-800.jpg
©Wiener Staatsoper/Michael Pöhn

ウィーンはハプスブルク時代からの宮廷芸術がいまだ香り立つ古都。
特に音楽関連では他都市の追随を許さず、「音楽の都」との名声を堅持している通り、地元客から観光客、ビジネス客までと幅広く人々を魅了し続けています。
そんなウィーンではオペラ、ミュージカル、バレエにオペレッタと多岐にわたる演目が毎夜どこかしらで公演されていますが、その中でも群を抜いて高い人気を誇るのは、やはりウィーン国立オペラ座での芸術鑑賞でしょう。
そこで今回は、初めてのウィーン訪問者にもわかりやすいように、オペラ座の概要や公演、チケットの買い方などを解説していきます!


■ウィーン国立オペラ座(Wiener Staatsoper)とは

Staatsoper-gebaeude-1600x1200.JPG

ウィーンには、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団が居を置く楽友協会をはじめ、数多くのオペラ座やコンサートホール、劇場などが存在しますが、リンク沿いにひときわ煌びやかにそびえ立つウィーン国立オペラ座(歌劇場)は別格。このオペラ座は約150年もの歴史を誇り、1867年に開催されたこけら落とし公演では当時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリザベートがモーツァルト作曲のオペラ「ジョン・ドヴァンニ」を観賞したという、まさに音楽の都のシンボル的存在です。
歴代の総監督や音楽監督にはグスタフ・マーラーやヘルベルト・フォン・カラヤン、小澤征爾といった錚々たる顔ぶれが就任しているうえ、ここの歌劇場管弦楽団がウィーンフィルハーモニーの母体となっているなど、ウィーンのオペラ座がクラシック音楽のメッカ的存在であることは否めません。


夜は専ら公演が執り行われますが、昼間に開催されている内部見学ツアーもお勧め。歴史的建造物にも認定されているオペラ座をガイド付きでくまなく見て回るまたとないチャンスです。


ウィーン国立オペラ座の見学ツアー

ドイツ語・英語・スペイン語で開催。大人9ユーロ、65歳以上7ユーロ、子供・学生(27歳まで)4ユーロ。開催時刻の15分前までにオペラ座の角の入り口に集合。
開催日時はこちら でご確認ください。


■シーズン中の公演と座席の選び方

Staatsoper-raume-800.jpg
©Wiener Staatsoper/Michael Pöhn

オペラ座の公演シーズンは9月から翌年の6月。7・8月はもれなく夏休みとなりますので、オペラ座を旅行の主眼に据える場合はご旅行の時期に十分ご注意ください。


座席はパルケット(平土間)、ロージェ(ボックス席)、バルコン(上階のバルコニー席)、ガレリー(天井桟敷席)、立ち見に大別されます。座席により視界や音響が異なり、それがダイレクトに価格に反映されているので、予算と相談しながら選ぶと良いでしょう。ちなみにボックス席だと、かなり中央よりの場所でない限り2~3列目からは舞台が見えにくい、または全く視界が確保できないケースがあるので要注意です。もっとも贅沢で上質な音を愉しみたい!という方には、かつて皇帝一家の指定席であった中央正面のボックス席「ミッテルロージェ」、もしくはその付近がお勧めですよ。


■チケットの買い方

Staatsoper-opera-800.jpg
©Wiener Staatsoper/Michael Pöhn

チケットは公演の2カ月前から購入可能で、それ以前は予約販売となります。
入手ルートは色々とあるので、順に紹介していきます。


・オンライン

昨今もっとも主流のチケット入手方法。こちらのオペラ座オフィシャルウェブサイト を開くと、希望の座席を目視しながら選択することができます。カウンターでの購入と比べて、時間を気にせず自分のペースでゆっくりと日時・演目・座席が選べますし、外国語でコミュニケーションを取るというハンディもほとんどないので安心です。


・連邦劇場チケットオフィス(Bundestheater Ticket Office)

オペラ座横の建物内にあるチケットオフィスで、オペラ座をリンク側から正面に見据え、左手の通りにあります。
住所:Operngasse 2, 1010 Vienna
営業時間:月~金 8:00~18:00、土・日・祝 9:00~12:00
(ただし7~8月とクリスマス前は営業時間が異なるので注意)


・ボックスオフィス

住所:Herbert von Karajan-Platz, 1010 Vienna (オペラ座リンクとケルントナー通りの角)
営業時間:月~金 9:00~開演2時間前まで、土 9:00~12:00、日・祝は休業ですが、クリスマス前4週の日曜は9:00-17:00で営業。7~8月は営業時間が変更となります。
また開演1時間前からはオペラ座内のイブニング・ボックスオフィスがオープンしますので、当日券はそちらでどうぞ。


・オペラ座内のインフォメーション
ケルントナー通り側のオペラ座アーケード内にあるインフォメーションセンター。
住所:Herbert von Karajan-Platz, 1010 Vienna営業時間
営業時間:月~金 9:00~上演の1時間前まで、土 9:00~17:00、日・祝 休業。7~8月は営業時間が変更となります。


・立ち見席カウンター(Stehplätze)
オーパーン通り(Operngasse)側のエントランス付近に、開演の80分前から立ち見チケット販売カウンターがオープン。人気の演目は早めに並ぶことをお勧めします。


・その他の方法
<郵便>宛先:das Bestellbüro der Wiener Staatsoper, Operngasse 2, 1010 Wien
<FAX> (+43/1) 51444/2969
<E-mail>kartenvertrieb@wiener-staatsoper.at
<滞在ホテルのコンシェルジュ>割高にはなりますが、コンシェルジュの常在するホテルであれば、色々と探してもらえるので便利です。
<日本のエージェント>手数料が掛かりますが日本語でチケットの手配を頼めるのが魅力。


■オペラ座へのアクセス

住所: Opernring 2, 1010 Wien
最寄り駅:地下鉄1・2・4番線Karlsplatz駅、路面電車1・2・D番Oper駅、シティバス2A Oper駅


一生に一度は味わってみたい音楽の都ウィーンでの芸術鑑賞。
せっかくの機会ですので悔いの残らないよう、事前に色々とプランを練って臨んで下さいね!

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2017年10月20日
« 前の記事「プラーター、その他もろもろ篇(お土産とか写真とか)」へ
»次の記事「10月でも珍しくガチョウ料理の味わえるウィーンのホイリゲ」 へ
おすすめ記事
    ウィーン特派員 新着記事
    中世の雰囲気にひたれる!古城で開催されるクリスマスマーケット2018年
    ヨーロッパ最大の地底湖 ゼーグロッテ
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<2>
    ウィーン情緒たっぷりのディナー!ホテルザッハーのグリーンバーにて<1>
    ウィーンのオクトーバーフェスト2018年【開催期間9/27~10/14】
    アルプスの橋から真っ逆さまにバンジージャンプ
    炎が眼前で披露されるクレープフランベがイチ押し!なウィーンで大人気のフレンチカフェ。
    ウィーンの空港で買えるお土産
    1年前の同じ月に投稿された記事
    日本でも美味なウィーンのケーキが味わえるカフェ、神戸にしむら珈琲
    エレガンスここに極まれり。皇后エリザベートをイメージした雅やかなケーキ
    その名もシシィ・パッケージ。皇后エリザベート気分が味わえるホテル&グルメのウィーン体験ツアー
    夢うつつの景色とともにお食事が愉しめる景勝地、カーレンベルクの丘

    オーストリア 航空券情報


    オーストリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィーン特派員

      ウィーン特派員
      ライジンガー真樹
      スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集