海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/ウィーン2特派員ブログ

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

オーストリアは2020年3月29日からサマータイムに入り、日本とは7時間差の夏時間になりました。昨日は雪もちらつきましたが、日に日に暖かくなってきているウィーン。けれど町なかは相変わらずのゴーストタウン状態。

4月に入り、感染者が1万人を超えたオーストリアでは、政府から新型コロナウイルス対策において新たに追加の措置が発表されました。
オーストリアには覆面禁止法があり、例外を除いては基本的にマスクの着用は禁止されているため、町なかに見るマスク姿の人は稀でした。そんなオーストリアでもやっと、今月からスーパーマーケットに入店する際にマスクの着用が義務づけられることに。
少し風邪気味のときや花粉の時期にはもちろん、そうでなくても普段からマスクを着用することが当たり前の日本社会では考えられないですが、ここオーストリアでもやっと義務づけられたことから、事態の深刻さがうかがえます。

4月のウィーンも相変わらずこんな状態。目抜き通り、ケルントナー通りの午前中の様子。普段は納入業者のトラックや出勤する人たち、そして観光客でにぎわう通りですが、そのにぎわいをもう数週間も見ていません。
Zombie.jpg



人通りのほとんどないシュテファン寺院広場。
Zombie 2.jpg



その周辺のお店もずっと休業中で閑散としています。
Zombie 3.jpg



スーパーマーケットのほかにも、パンが主食のオーストリア人にとって欠かせない店であるベーカリーは引き続きオープンしているため、今日はParémi に行ってきました。オープンしているものの、営業時間は縮小され、販売しているパンの種類も普段より少なめ。入口には間隔を空けて何人か並んでいます。なぜかというと、これも政府による新型コロナウィルス対策措置法のひとつで、人との間は最低1mの距離を置くことになっているから。
Zombie 4.jpg



入口のボードには、「最大2名ずつの入店」、「床に示された待機位置に注意」、そして「支払いはコンタクトレスのカード」との注意書きが貼られています。中の店員さんもガッチリとしたマスクを着用の上接客。
Zombie 5.jpg



まだ少し気温の低い午前中の時間帯ですが、陽の光が町なかに差し込み、ポカポカしていてとても心地いい散歩道。それにもかかわらずとにかく人がいないウィーンのゴーストタウン状態はまだまだ続きそうです。
こんなポカポカ日和には散歩する人やたむろする人たちで絶えないカールス教会の広場もこのとおり。
Zombie 7.jpg



よく娘を遊ばせる公園も、ずっと封鎖されています。
Zombie 6.jpg



オーストリアではまだ学校の再開の見通しも立っていません。春の訪れがうれしい反面、先行きがわからず不安な毎日ですが、この事態が早く終息することを願うばかりです。


2020年4月 1日

オーストリア国内で毎日数百人の単位で増え続けている新型コロナウイルス感染者は、本日までになんと2000名を超えました。少し前は、チロル州の2名だけだった感染状況がまるで嘘のよう。当のチロル州は感染者がオーストリア国内でもっとも多く、州内すべての市町村が隔離地域とされました。
ウィーン市内も相変わらず閑散としていて、外から聞こえるのは時折通り過ぎるがら空きのバスが走る音と鳥の鳴き声のみ……。

外出については必要最低限に留めるように政府から発表がありましたが、基本的にルールさえ守れば散歩することは可能。今週は20℃にまで気温が上昇したウィーン。降り注ぐポカポカの陽の光を家の中からしか見られないもどかしさを感じながら、これでは身体にカビが生える!とリフレッシュするため、暦の上では春のはじめである今日、自宅近くを散歩してきました。

ここは地下鉄Karlsplatzの駅。普段は行き交う人々で絶え間ない駅構内も、この通り閑散としています。
Ubahn 2.jpg



旅行者の休憩場所としても人気のStarbucks(左側)も休業中。
Ubahn.jpg



こんなに好天候の日は、ドリンクや軽食を片手にウィーン国立歌劇場の緑の前にたむろする観光客の姿も今はゼロ。
Oper.jpg



ウィーンの目抜き通り、ケルントナー通りもこのとおり。ちょうど暖かくなりだし開花した木々も、ほとんど見られることなく時間だけが過ぎ去ります。
Kärnterstraße.jpg



今や載っていないガイドブックはない、旅行者にとってお約束のケーキ、ザッハートルテで有名なホテルザッハー。有名なケーキを求める人々のいつもの行列も見られません。
Hotel Sacher.jpg



現在、市内で空いているのはスーパーなどの食料品店やキオスクに薬局。サービス関連だと郵便局や病院は空いていますが、例えば一般の人の来院は厳しく制限されています。
レストランはどうにか経営を続けようと、持ち帰りやデリバリーに力を入れる店舗も。2020年の今年もいよいよ開店シーズンとなったヴィーガンアイスのお店Veganistaも休業を強いられたなか、異例のアイスクリームのデリバリーサービスを始めました。


写真はイタリアレストラン前のピザ持ち帰りの張り紙。別のベーカリーには、「1名ずつ入店してください」や、「ほかのお客様との間隔を1m空けてください」、ほかにも「元気な方のみの入店を受け入れます」などの張り紙も。
Take Away.jpg



政府が発表した散歩時のルールは、同じ世帯に住む人はかたまって行動すること。そして他人との間隔は少なくとも1m空けることなど。万が一新型コロナウイルスに感染した際に見られる症状を感じた場合には、病院には行かずにそのまま家に滞在の上、下記の専用ホットラインに電話することが義務づけられています。
Government.jpg



やっと春が訪れそうなウィーンで、パンデミックの影響はまだまだ収まる様子がなく不安な毎日ですが、皆さま引き続き健康を保って過ごしてください。


2020年3月21日

新型コロナウイルス感染者数が本日までに800名を超えたオーストリアでは、本日月曜日から、スーパーや薬局などの生活必需品を供給する店舗を除き、すべてのお店が休業することになりました。飲食店も本日15時までの営業を最後に明日からは休業。学校は徐々に休校になり、一般市民の外出に関しては、必要最小限に留めるようにとの政府からの発表が出ています。


月曜日の午後。普段は学生たちが行き交い、トラムの停留所で人が集まるウィーン工科大学の前もガラガラ。
IMG_20200316_144947.jpg



スーパーのお米やパスタコーナー、さらにインスタントフードの棚は先週末から品切れ状態。買い物帰りの人々の両手に見られるのはトイレットペーパー。
IMG_20200316_145714.jpg



さらに感染が拡大すると思われますので、皆さま、引き続き体調管理に努めてくださいね。新型コロナウイルスに関しては、外務省からも注意喚起がありますのでご参照ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C036.html


2020年3月17日
2020年3月 9日
2020年3月 7日
2020年3月 1日
2020年2月28日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集