海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/ウィーン2特派員ブログ

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

夏真っ盛りのウィーン! でも暑くたって大丈夫。今回は、木陰でピクニックを楽しむのに最適な公園、ヨハン・シュトラウス像で有名なStadtpark(シュタットパーク)を紹介します。
Johan Strauss.jpg



30℃を超える8月のウィーンは、朝晩は涼しいのでピクニックに最適! 特に朝早い時間のStadtparkはまだ人がまばらなので、広い公園を独り占めできます。
Front.jpg



Stadtparkには広い芝生広場や池がいくつかあり、木陰で涼むのに最適。
Pond 2.jpg



人だけでなく、白鳥や鴨たちの憩いの場ともなっています。
Pond.jpg



夏のウィーンは屋外でのスポーツが大人気。Stadtparkでも、サイクリングやヨガをする人たちをよく目にします。緑の多い公園でのヨガは心も身体も休まること間違いなし。
Yoga.jpg



日本では日焼け対策に必死になるこの時期、オーストリア人は日光浴! 女性は大胆にも下着やビキニ姿で寝転がるのが普通。特に、気軽にビーチで肌を焼けない2020年の今年のバケーションともなると、公園での日光浴は大人気です。
Sun Bathing.jpg



スポーツや日光浴のあとに、冷たいアイスコーヒーはいかが? 公園の中に毎日出ているエスプレッソモバイル。
Coffee.jpg



公園内には、ドナウ運河に注ぐ小さな川、Wienfluss(ヴィーンフルス)ウィーン川が流れています。脇のベンチに座ってウィーン川を眺めながら涼むのもおすすめ。奥左は地下鉄U4、Stadtpark駅。
Bench.jpg



川沿いにはグルメ料理で有名な高級レストランSteirereck (シュタイラーエック)があります。
Steirer Eck.jpg



芝生でくつろいだら、ところどころに広がる美しい植物を歩きながら観賞するのもおすすめ。
Garden.jpg



それではウィーンから、Einen schönen Sommer!(アイネン シェーネン ゾマー!)よい夏を!
Coffee 2.jpg


2020年8月 5日

ウィーンではすでに今月初旬から学校が夏休みに入っています。新型コロナウイルスがいまだ蔓延する2020年の今年の夏はなかなか気軽に旅行とはいきませんが、こればかりは仕方ありません。本来ならビーチや観光都市でゆったり楽しく過ごす長いバケーションのこの時期も、今年はオーストリア国内にとどまる人がほとんど。でもずっと家にいては身体にもよくないですよね。
そんなときには楽しくショッピング! 今回は、ウィーンのショッピングストリート、「Mariahilferstraße」(マリアヒルファーシュトラーセ)を紹介します。


マリアヒルファー通りは長いショッピングストリート。地元市民から観光客まで幅広い客層に愛されるショッピング街です。通りの右も左も、こじんまりとしたセレクトショップから大手ファストファッションの店舗まで数多くのお店が集まり、見ているだけで楽しいストリート。暑い夏でも通りにある木のおかげで木陰ができているので、涼しく買い物することができます。
Street.jpg



ここは服飾店や電化製品店など、複数の店舗が入っているショッピングセンター「Gerngross」(ゲルングロス)。ちょうどこの時期は夏のセールが開催されています。
Gerngross.jpg



ZARAの看板が目立つGerngrossの入口。
Gerngross 2.jpg



地下には大きなスーパー「MERKUR」(メルクア)も入っていて、地下鉄直通なのでとても便利です。
Mercury.jpg



マリアヒルファー通りの魅力のひとつが、脇にある小さな路地たち。隠れ家のようなこじんまりとした雑貨店やカフェがあり、新しいお店を発見するとうれしくなります。
Path.jpg



有名店が軒を連ねる通りには、ここにしかないMade in Austriaのお店もあるので要チェック! これはオーガニックの雑貨店「Grüne Erde」。
Green Earth.jpg



これはMQ(ミュージアムクォーター)。美術館へのアクセスも抜群なのでショッピングの前後に行きやすいですよ。
MQ.jpg



この入口を抜けると美術館にカフェや大きな広場があります。
MQ 2.jpg



旅行に行けないぶん、すてきなショッピングデーを!
Street 2.jpg


2020年7月31日

ウィーンというとカフェハウスでのザッハートルテを始めとする伝統的なケーキがまず頭に浮かびますが、魅力あるスイーツはそれだけではありません。今回は、人工保存料や着色料などは一切使わず、一流のチョコレートと上質な材料のみを使用して作られたウィーンのエレガントなチョコレート専門店「Xocolat」(ショコラ)を紹介します。


Xocolatは、ウィーン1区のFreyung(フライウング)にあるすてきなショッピングアーケード「Ferstel Passage」(フェルステルパッサージ)の中にあります。
Entrance.jpg



これはアーケードの中。美しい内装にうっとり。Xocolatのお店はこの噴水の先にあります。
Passage.jpg



これがお店の入口。
Xocolat 2.jpg


見ているだけでも楽しいショーウィンドウのディスプレイ。
Window.jpg



こちらはお店に入ってすぐ目の前にあるチョコレートの量り売りコーナー。パンプキンシードオイルや果物のリカーなどを使った珍しいチョコレートもあります。店員さんにおすすめを聞けて、気になるチョコレートは味見もさせてくれますよ。
Theke.jpg



舌にのせた瞬間にとろけるバタートリュフがめじろ押し。塩チョコレートトリュフや唐辛子の入ったトリュフなど、ここでしか手に入らない味を発見できます。お土産にも最適!
Truffles.jpg



お店の奥には階段があり、下にもまだまだ数え切れない種類のチョコレートが。
Downstairs.jpg



オーストリア産だけでなく、そのほかヨーロッパ諸国のチョコレートもこんなにたくさん。
Downstairs 2.jpg



こちらも種類豊富な「Trinkschokolade」(トリンクショコラーデ)はココア。カカオ含有量が商品によりさまざまなので、好みの濃さのココアを選ぶことができます。
Cocoa.jpg



Xocolatの魅力はチョコレートだけでなく、そのパッケージ。オーストリアのデザイナーやイラストレーターによって描かれたおしゃれなイラストや繊細な模様がすてきに包装されたチョコレートは、ウィーン土産にピッタリです。
Package.jpg



ぜひXocolatでおいしいお買い物を!
Xocolat.jpg



Backside.jpg



Xocolat
・住所: Freyung 2, 1010 Wien
・Tel: +43-(0)1-535-43-63


2020年7月24日
2020年7月15日
2020年7月 6日
2020年6月26日
2020年6月15日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集