海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オーストリア/ウィーン2特派員ブログ

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


新年明けましておめでとうございます! ウィーンでは町中に上がる盛大な花火と共に2020年が始まりました。



オーストリアはこれからますます寒さが増し、本格的な冬に入ります。今回はそんな冬にもほっこりと暖まれる、ウィンターガーデンのあるHildebrandt Café(ヒルデブラントカフェ)を紹介します。
Hildebrandt Caféはウィーン8区にあるVolkskundemuseum (民俗博物館)内にあるお洒落なカフェです。これは博物館の外観。
Museum Entrance.jpg



カフェは博物館の利用有無にかかわらず、営業時間内であればいつでも利用することができます。ちなみにこの日の博物館では、前回の記事 でも紹介したグリュックスブリンガーの展示が行われていました。常にオーストリアの興味深い歴史コレクションが展示されているので、こちらもおすすめですよ。
Cafe.jpg



こぢんまりとしていてとても落ち着く店内は、冬の時期ウィンターガーデンが併設され、外の景色を楽しみながらも食事することができます。暖かくなってくると、開放的なガーデンにテラス席が設けられ、ここで過ごすお茶の時間は最高!
Garden.jpg



午前中の店内はまだお客さんも少なく、ゆったりと過ごせます。10時の開店時には既においしそうなケーキがずらり。
Theke.jpg



シンプルかつおしゃれなインテリアは落ち着きます。
Inside.jpg



奥には素敵なソファ席も。
Inside 2.jpg



興味をそそられるユニークなメニューの中から、スパイスの効いたカルダモンラテとバナナ、リンゴ、スピルリナのスムージーを注文。
Drinks.jpg



こちらは、「i love avo」という名の、アボカドクリームとルッコラ、ポップアマランサスがのったオープンサンド。パンはÖfferl の天然酵母を使用したオーガニックのもの。
Pan 2.jpg



たっぷりのスモークハムと濃厚なチーズのサンドイッチ「Early Bird Sandwich」もブランチにおすすめです。
Pan.jpg



こんなところに素敵なカフェが! と思わずうれしくなるようなHildebrandt Caféで温かいカフェタイムを!



Hildebrandt Café
住所:Laudongasse 15-19, 1080 Wien
Tel: +43-(0)1-406-89-0510


2020年1月 7日

最大の祭日クリスマスも終わり、ウィーンでは新しい年明けの準備が始まっています。
シュテファン寺院広場のクリスマスマーケットも解体作業が始まり少し寂しいですが、また来年のお楽しみ!
Market end.jpg



さて年末のオーストリアでは、Glücksbringer(グリュックスブリンガー)と言って、日本でのお守りのようなアイテムが売り出されます。クリスマスマーケットのスタンドほどの大きさのお店が開かれ、次の年に幸運を呼んでくれるお守り探しをする人で賑わいます。
Stand 2.jpg



これはケルントナー通りのスタンド。
Stand.jpg



グラーベンにもお店が出ています。
Graben.jpg


繁栄と健康、長寿を願い、また厄払いの意味をもつグリュックスブリンガーは、財布の中に入れられる小さなものから、車や家の中に飾るインテリア用の大きなものまでサイズも様々。
Detail.jpg



オーストリアでは幸運を意味するものがいくつかあり、例えば豚や四つ葉のクローバーは代表的です。その他にもキノコやてんとう虫、日本でもお馴染みの、長寿の象徴である亀のお守りも。中でも珍しいのが、煙突掃除屋さんを描いたお守り。そしてこれもよく目にする「13」の数字のお守り。意外なことに、日本では避けられがちな数字「13」は、オーストリアではグリュックスブリンガーとして幸せを運んでくれるとされています。
Detail 2.jpg



特に小さなサイズの豚さんは毎年人気。
Piggy.jpg



中には、大きなぬいぐるみも売られています。
Mascots.jpg



スタンドによって売られているお守りのデザインもそれぞれ違うので、歩き回って自分のお気に入りが見つかるといいですね。この時期のオーストリア土産にもピッタリ!
Detail 3.jpg



日本では、お守りやお札の効果は基本的に一年間とされ、その後は頂いた神社に返納するという習慣がありますが、オーストリアでは去年のグリュックスブリンガーを返すとか捨てる等の習慣がないため、過去のものが溜まっていきます。長年住んでいると段々とコレクションに。
Sorts.jpg


お気に入りのグリュックスブリンガーを見つけて素敵な2020年を!Guten Rutsch!(グーテンルッチュ = 良いお年を!)


2019年12月30日

明日はクリスマス・イヴ。ドイツ語ではHeiliger Abend(ハイリガーアーベント)と呼ばれています。友人や会社の同僚たちとパーティーでにぎわう日本とは違い、ヨーロッパでは家族や親戚で集まるのが伝統的なクリスマス。オーストリアでは24日の夜に皆で集まり、ツリーを囲んで楽しく歌を歌ったり食事をしたりします。


ここでは日本のように、24日の夜にサンタクロースがこっそりとクリスマスプレゼントを届けにきて、25日の朝にプレゼントを開ける習慣はありません。Christkind(クリストキント)と言って、女性の姿をしたクリスマスの天使がプレゼントを運んできてくれるのが子供たちの楽しみ。
また、日本では定番のクリスマスケーキも存在せず、おばあちゃんやお母さんたちがせっせとクリスマス前に焼いたいろいろな種類のクッキーを食べるのが伝統。
General.jpg



中でも三日月型のクッキー、Vanillekipferl(ヴァニレキプフェール)や薄いバタークッキーをジャムやマーマレードで挟んだものが一般的ですが、今回は我が家定番の、ナッツ感がたまらなくおいしいNussecken(ヌスエッケン)を紹介します。
Enjoy.jpg



ヌス(ナッツ)エッケン(角、コーナー)は、ヘーゼルナッツやアーモンド、胡桃を細かく砕いたクッキー。まず一番下には事前に焼いておいたクッキー生地を敷き、その上にバターと砂糖でキャラメリゼしたナッツのミックスをのせ、オーブンでじっくり焼きます。これは焼き立てのナッツ生地。
Dough.jpg



焼けた生地の粗熱が取れ固まったら、Ecken(エッケン)コーナー型にカット。
Cut.jpg



カットしたクッキーの端を、溶かしたクーベルチュールチョコレートに浸します。
Chocolate.jpg



あとはクッキングシートにのせて乾かすのみ。
Dry.jpg



冷やすとおいしさ倍増! 冷蔵庫に入れて保存します。2週間ほどもちますよ。
Dry 2.jpg



チョコレートが乾いたら、かわいいクリスマス缶に詰めて、でき上がり!
Finish.jpg



皆様も楽しいクリスマスを!★Frohe Weihnachten★
(フローエ ヴァイナハテン = メリークリスマス)


2019年12月23日
2019年12月13日
2019年12月 3日
2019年11月20日
2019年11月11日
⇒すべての記事を見る

オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集