海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン2特派員ブログ > 徒歩だけじゃない!色々な"足"...

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 1日

徒歩だけじゃない!色々な"足"でのウィーン観光の楽しみ方


徒歩だけじゃない!色々な"足"でのウィーン観光の楽しみ方

日本ではほとんど見かけることのないキックボードですが、ここウィーンでは多くの人に愛用されているんです。その手軽さから、近所への買い物の足としてだけではなく、通学時や通勤時にキックボードに乗って街を駆け抜ける人の姿も珍しくありません。

今やウィーン人の重要な足の役割を果たすキックボードは、その名の通り自力で地面を蹴りながら走るタイプ(オーストリアではミクロスクーターとも呼ばれています)と、eスクーターなる電動式のものがあります。

キックボード。小さな子供はヘルメットを着用。
Micro Scooter.png


こちらはeスクーター。キックボードと同様に、車道または自転車道を走行するのがルール。
Escooter.png



赤くラインが引かれた自転車道は、歩行者通路ではないので要注意。
Escooter 2.png



このeスクーター、現在ウィーン市内で既にシェアリングサービスが導入されていて、誰でも気軽に有料で使うことができます。短距離の移動手段としては断然お得で乗り方もシンプルなことから、地元民にも人気。最近では、ウィーン中心部でも観光客グループがeスクーターを借りて市内を走りながら観光を楽しむ姿が目立ちます。

ウィーン1区の中心部にあるアルベルティーナ美術館前のパーキングスペース。
Albertiner.png



便利だけれど危険性も高いと賛否両論のeスクーターですが、乗り方さえ守れば安全で走行中は気分爽快!ウィーン市内では今年春の時点で、アメリカのスタートアップ企業であるLimeを始め、Bird、Tier、Wind/Byke、Hive、Circの6社のものが出回っています。
Escooters Kinds.png


Lime
https://www.li.me/en-us/home
Bird
https://www.bird.co/
Tier
https://www.tier.app/
Wind/Byke
https://www.wind.co/
Hive
https://www.ridehive.com/
Circ
https://goflash.com/


使い方は至ってシンプルで最初の手順はスマートフォン操作のみ!まずはブランドのアプリをインストールして、支払方法を入力すれば準備OK。後はアプリが現在位置から一番近い場所にあるeスクーターを教えてくれます。支払方法は、クレジットカード、デビットカード、PayPalまたはGoogle Payが必須ですが、ほとんどの会社でクレジットカードを受け付けているので、これさえあれば大丈夫。eスクーターを見つけたら、QRコードをスキャンしてロックを解除、後は交通ルールを守ってスタート!
Scan.png



QRコードは下部にも。
Scan 2.png



料金システムは、初めの基本料が1€、これはeスクーターのロックを解除するために必要な料金です。その後は一分毎に数十セントが加算されていくシステム。料金は会社によって多少異なりますが、15セント~25セントほどです。スピードも違いはありますが、時速20~30㎞の速さ。
乗る際のルールは、基本的に自転車とほぼ同様です。交通ルールやスピードは厳守、歩道の走行は禁止。他にも、走行中の通話の禁止や、住宅街は歩行者の阻害とならないように走行しなればいけません。
Lime.png



その他、スクーター以外にもウィーン市内を走る方法があります。その一つが、こちらも地元民と観光客に人気の自転車、City Bike。自転車なら普段乗り慣れているから身近で安心ですね。ウィーン市内に120あるステーションから簡単に操作して借りることができます。そして値段もお得。自転車を借りるのにも、クレジットカードさえあればOK。
City Bike.png



英語での画面操作もシンプル。
Bicycle Station.png



ロックを解除していざ出発!返却は、別のステーションでも大丈夫。
Bicycle.png



バス停にあるCity Bikeの広告。
Ad.png



こちらはセグウェイ。普段乗るチャンスが少ないのでトライする価値あり!
Segway.png



上記の乗り物は、個人で借りて自由に走行することも、団体で観光の一環として借りることも可能。観光バスや徒歩以外のこういった方法でも、行動範囲が広がり、また違った視点からウィーンを眺めることができますよ。自分に合った方法で楽しいウィーン観光を!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2019年9月 1日
« 前の記事「話題のスーパーフードで身体の中から綺麗に!目と舌で楽しめる"The LaLa"の健康食」へ
»次の記事「絶対に見逃せない休憩スポット!ウィーンのプチ・フランス「PARÉMI」でカフェタイム」 へ
おすすめ記事
ウィーン2特派員 新着記事
デザイナー食器?ヴィンテージ小物?セカンドハンドショップ「Carla」で掘り出し物!
絶対に見逃せない休憩スポット!ウィーンのプチ・フランス「PARÉMI」でカフェタイム
徒歩だけじゃない!色々な"足"でのウィーン観光の楽しみ方
話題のスーパーフードで身体の中から綺麗に!目と舌で楽しめる"The LaLa"の健康食
お土産選びに困った時の救世主!ウィーンのスーパー"Merkur Hoher Markt"
暑い夏にウィーンでしか味わえない!フォトジェニックなヴィーガンアイス"Veganista"
【はじめまして】人混みから離れ、ウィーンのモダンデザインホテル「The Guest House Vienna」のブラッセリーで一息いかが?

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集