海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン2特派員ブログ > ここでおいしい朝ご飯を食べてからシェーンブルン宮殿...

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月21日

ここでおいしい朝ご飯を食べてからシェーンブルン宮殿へ!


ここでおいしい朝ご飯を食べてからシェーンブルン宮殿へ!

シェーンブルン宮殿にお出かけ前においしい朝ご飯はいかが?
今回は、シェーンブルン宮殿のもうひとつの最寄り駅、地下鉄U4のHiezing駅にある、朝ご飯に最適のカフェ「Waldemar Tagesbar」(ヴァルデマール・ターゲスバー)を紹介します。
シェーンブルン宮殿に行くにはSchönbrunn駅かHiezing駅を利用しますが、どちらの駅周辺もホテルのカフェやパン屋のチェーン店しかなくて食事をするにはイマイチ・・・。そんな時におすすめのカフェです。


Hiezing駅から歩いてすぐのAltgasse(アルトガッセ)に入るとすぐに目につく「W」の看板。
Entrance.jpg



店内は広々としていて、大人数で行くのにもおすすめ。平日の朝は8時開店、土日祝日も9時から空いているので、シェーンブルン宮殿を観光する前の腹ごしらえにピッタリの場所です。
Inside.jpg



飲み物は定番のコーヒーからチャイラテに抹茶ラテのほか、身体の温まるユニークなクルクマラテ(ウコン)まであります。これらのドリンクはアイスでもオーダー可能。冬のウィーンではまだ珍しいのでうれしいですね。ジュース類も豊富です。
Cafe Latte.jpg


朝食メニューはこちら。朝食といっても午後3時まで注文することができるので、朝寝坊してから来店しても大丈夫。
Waldemarの朝食で面白いのが、名前に地名が入っていること。ベーグルが目玉の「マンハッタン」やイングリッシュブレクファスト風の「ロンドン」のほかにも、右下には「南青山港東京」というユニークなものまで。ウィーンでお味噌汁に卵焼きもいいかもしれないですね。
Menu.jpg



数ある朝ご飯メニューの中から、まずは「Peamash Toast」を注文。リコッタチーズの上に、ほんのり甘いマッシュドグリーンピースとプロシュートがのっていて、一番上のトロ~リ半熟卵を割って食べると最高。
Peas.jpg



こちらは地元の名前がついている「Altgasse Hiezing Wien」。スモークハムにチーズにサラミ、焼き立てのパンにパプリカクリームとウィーンらしい朝ご飯なのでおすすめです。ボリュームもたっぷり!
Altgasse.jpg



もちろん朝の時間帯だけでなく、午後のティータイムにもゆっくりできます。朝ご飯でお腹がいっぱいになったので濃厚なレモンタルトはお持ち帰り。ほかにもミルフィーユやブラウニー等甘いものが充実しています。
Take away.jpg



シェーンブルン宮殿の観光がてらにWaldemarですてきなお食事タイムを!



Waldemar Tagesbar
住所:Altgasse 6, 1130 Wien
Tel: +43-(0)6-64-3616-127

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2020年1月21日
« 前の記事「寒い冬もここならほっこり。隠れ家的カフェ「Hildebrandt Café」」へ
»次の記事「ウィーン散歩の休憩におすすめのフレンチカフェ「Le Bol Blanc」」 へ
ウィーン2特派員 新着記事
コロナ禍のいまだから欠かせない!ウィーン生まれの石鹸で毎日清潔に!
春のウィーンでのんびり散歩ならココ!「Servitenviertel(セルヴィテン地区)」
おうち時間に欠かせない!一度飲んだら忘れられないウィーンのロースター「Alt Wien Kaffee」のコーヒー
免疫力UP!肌寒い日はタイ料理で暖かく!ウィーンで食べられる本場タイ料理「All Reis Bangkok Street Food」
コロナ禍におうちでも楽しめる!ウィーンのクラフトビールを飲もう!
いましか味わえないウィーンのドーナツ「Krapfen(クラプフェン)」!謝肉祭中のおすすめ、変わり種クラプフェンを紹介!
コロナ禍のいまだからこそ栄養を摂って!ウィーンの全粒粉専門ベーカリー「Waldherr(ヴァルドヘア)」
レトロな雰囲気を味わえるウィーンのサロンカフェ「Adlerhof(アードラーホーフ)」

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集