海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン2特派員ブログ > 初夏の訪れを楽しむのに最適な憩いの場はここ!カール...

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月15日

初夏の訪れを楽しむのに最適な憩いの場はここ!カールス教会前の広場


初夏の訪れを楽しむのに最適な憩いの場はここ!カールス教会前の広場

コロナの影響からの窮屈な生活もだいぶ和らいだウィーンは、6月に入り気温も上昇。湿気がなく爽やかな陽気に包まれた町なかでは、行き交う人々の表情も穏やかです。

少しでも天気がよくなるとすぐさま外に出るのがオーストリア人のさが。服装も一転してサマースタイルになり、町もにぎやかになってきました。今回は、ちょっとした散歩にも休憩の場としてもウィーン市民に愛される憩いの場、Karlskirche(カールスキルヒェ)カールス教会前の広場を紹介します。

見ごとな円頂と巨大な円柱が目印の荘厳なバロック建築、カールス教会。ウィーン市内のどこからでもアクセスがよく、特に観光名所の集中する1区からは歩いて立ち寄れるため、人気スポットです。
Karlsplatz.jpg



新型コロナウイルスの影響も落ち着きつつあり、青空が眩しいこの日はベンチや地べたに座ってゆったりとした時間を楽しむ人でにぎわいました。広場にあるお店やカフェも大繁盛。
Rest2.jpg



アイスコーヒーが人気のコーヒースダンドも忙しそう。
Coffee.jpg



教会前にある水場は、座ってお喋りするのに特に人気の場所。広場内には公園もあるので、子供たちやワンちゃんの水遊び姿も見られました。
Last.jpg



カールス教会の横にはウィーン工科大学があり、広場は学生たちの憩いの場にもなっています。ここは、ランナーや、観光の途中にペットボトルに水をくみに来る人が列をつくる大学前の水飲み場。
Water.jpg



ウィーン工科大学の外壁には、オーストリアの偉大な作曲家、ヨハンとヨセフのシュトラウス兄弟がかつてこの場所にあった学校で学んだと記された石碑が見られます。
Strauss.jpg



その隣には、1741年にこの場所で、かの有名なヴィヴァルディが埋葬されたことが記されています。音楽の都ウィーンだからこそ、いたるところにこんな足跡が。
Vivaldi.jpg



ちなみにカールス教会は、入場料は大人€8(2020年6月現在)で中を見学することができます。この入場料には展望料金も含まれており、リフトで登った先の写真の展望台からはウィーン市内の壮大なパノラマビューを望むことができます。中ではマスク着用、そして他人との間隔を1.5m空けるのをお忘れなく!
Oben.jpg



緑と水のあふれるウィーンの憩いの場、カールス教会前の広場から、1日も早く新型コロナウイルスが収束することを願っています。
Dom.jpg


カールス教会

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 見所・観光・定番スポット
2020年6月15日
« 前の記事「伝統的カフェハウスだけじゃない!ウィーンの新しいコーヒー文化、マイクロロースターの豆でホット一息!」へ
»次の記事「今が旬!オーストリア特産アプリコットを使ったMarillenknödel(マリレンクネーデル)はこんな料...」 へ
ウィーン2特派員 新着記事
コロナ禍のいまだから欠かせない!ウィーン生まれの石鹸で毎日清潔に!
春のウィーンでのんびり散歩ならココ!「Servitenviertel(セルヴィテン地区)」
おうち時間に欠かせない!一度飲んだら忘れられないウィーンのロースター「Alt Wien Kaffee」のコーヒー
免疫力UP!肌寒い日はタイ料理で暖かく!ウィーンで食べられる本場タイ料理「All Reis Bangkok Street Food」
コロナ禍におうちでも楽しめる!ウィーンのクラフトビールを飲もう!
いましか味わえないウィーンのドーナツ「Krapfen(クラプフェン)」!謝肉祭中のおすすめ、変わり種クラプフェンを紹介!
コロナ禍のいまだからこそ栄養を摂って!ウィーンの全粒粉専門ベーカリー「Waldherr(ヴァルドヘア)」
レトロな雰囲気を味わえるウィーンのサロンカフェ「Adlerhof(アードラーホーフ)」

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集