海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウィーン2特派員ブログ > ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子...

オーストリア/ウィーン2特派員ブログ 雅Léontine

オーストリア・ウィーン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月15日

ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子を家で簡単に!Apfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル)を作ろう!


ウィーン旅行がまだ無理でも、オーストリアの伝統菓子を家で簡単に!Apfelstrudel(アプフェルシュ...

新型コロナウイルスの感染が落ち着いてきた現在も気軽に海外旅行とはいかず、夏休みも始まるこの時期、まだ渡航禁止になっている国がほとんどで悲しくなってしまいますね。今回は、ウィーンには行けなくても日本でも簡単に作れるオーストリアの伝統菓子、アプフェルシュトゥルーデルを紹介します。

アプフェルシュトゥルーデルは、小麦粉、水と油から成る生地を薄く伸ばし、りんごのフィリングを包んで焼いたお菓子。その歴史ははるか15世紀にまで遡り、オリジナルはアラビア半島から伝わり、バクラヴァのようなお菓子だったと言われています。それがウィーンにもたらされ現在のアプフェルシュトゥルーデルとなり、今では市内のいたるところで食べることができる人気の伝統メニュー。


これが材料です。
Ingredients.jpg



シュトゥルーデルは生地が命! なんと言っても薄さが大事。下が透けて見えるほどまで伸ばします。
Dough.jpg



生地ができたらフィリング作り! 主役のりんごのほかに使うのは、バターでカリカリにローストしたパン粉と、シナモンパウダー、砂糖を合わせたシナモンシュガー。
Powders.jpg



まずは生地にローストしたパン粉を敷きます。
Dough 1.jpg



その上から、薄切りにしたりんごを並べていきます。
Dough 2.jpg



そして最後にシナモンシュガーを上からトッピング。
Dough 3.jpg



りんごは煮詰めたりしなくていいのでいたって簡単なフィリングです。レーズンも入るのが伝統レシピですが、好き嫌いが分かれるのでカフェやレストランでは入れないことも。
Filling.jpg



ここからは少し至難の業! いよいよフィリングを生地で包んでいきます。手前からていねいに巻いていく際、キッチンタオルなどを使うと楽ですよ。
Dough Rolling.jpg



包み終えたら、焼き色をつけるため卵黄液を表面に塗ってあとは焼くだけ!
Dough done.jpg



焼き上がりはこんな感じ。
Dough Baked.jpg



いざカット! 甘酸っぱいりんごとシナモンの香りがキッチンを満たします。
Cut.jpg



熱々のバニラソースをかけて、Mahlzeit! また自由に旅行ができる日が早く訪れますように!
Apfelstrudel.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年7月15日
« 前の記事「夏到来、オーストリア人はバーベキューがお好き!人気の食材はコレ!」へ
»次の記事「チョコレート専門店「Xocolat」の香り高いウィーンのチョコレートは、自分へのご褒美にもお土産にもピッ...」 へ
ウィーン2特派員 新着記事
シェーンブルン宮殿から歩いてすぐ!休憩はオシャレなカフェ「Nook」で!
続・ウィーンから癒やしの村へ!行く価値あり!魅力たっぷりの村「Dürnstein(デュルンシュタイン)」
ウィーンから癒やしの村へ!世界遺産ヴァッハウ渓谷の「Dürnstein(デュルンシュタイン)」
お城に泊まろう!デュルンシュタインの5つ星ホテル「Hotel Schloss Dürnstein」
花粉対策にも!ウィーン市内の全23区で採れた蜂蜜はいかが?
森林浴しながらキノコ狩り!オーストリアで人気のアンズタケ「Eierschwammerl(アイヤシュヴァマール)」ってどんなキノコ?
実はオーストリア発祥!? ウィーンのおいしいクロワッサンを紹介!
定番のモーツアルトクーゲルやザッハートルテじゃつまらない!おみやげならウィーンコンセプトストアのMade in Austria商品を!
1年前の同じ月に投稿された記事
【はじめまして】人混みから離れ、ウィーンのモダンデザインホテル「The Guest House Vienna」のブラッセリーで一息いかが?

オーストリア 航空券情報


オーストリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウィーン2特派員

    ウィーン2特派員
    雅Léontine
    幼少期をバンコクで過ごし、高校時代はオーストラリア、青山学院大学在学中にはイギリス留学と、各国を飛び回る。大学卒業後は外務省に勤務した後、ドイツ・オーストリアに拠点を移し始める。ドイツではフライブルクで過ごした後、シュトゥットガルト近郊の専門商社に勤務し、現在はウィーンで翻訳業等に勤しみながら、オーストリア人の夫、愛娘とアクティブに暮らす。趣味は食べ歩きで、ヨーロッパ諸国の大部分は渡航制覇。暇を見つけては旅に出ている。 DISQUS ID @disqus_AlNyF7Tedy

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集