海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ビエンチャン特派員ブログ > あさぬまちずこさんのラオス人形劇

ラオス/ビエンチャン特派員ブログ ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月19日

あさぬまちずこさんのラオス人形劇


あさぬまちずこさんのラオス人形劇

カボーン・ラーオ演技.jpg

日用品や廃物を身につけて、それに命を吹き込むように演じるパントマイム風の現代人形劇(オブジェクトシアター)はフランスで発祥したそうです。それに触れたラオスの喜劇役者が10年前に創設したラオス国立人形劇場「カーボン・ラーオ」に、15年前からラオスを行き来していた日本のパントマイマーあさぬまちずこさんが触れ、ラオス人ラタナコーンさんと作ったユニットが「チェオボン」です。

仮面演技.jpg

ビエンチャンでこどもの図書館活動を続けている日本のNGO「ラオスのこども」がこのコンビユニット「チェオボン」を招いて公演会をやってくれると聞いて、あいにくの土砂降り雨でしたが、トクトク三輪タクシーに乗って観劇に行ってきました。

子供たちの演技.jpg

今回の公演にはビエンチャンの小中学生が前座で出演しました。ことばの説明はほとんどなく、身体表現だけでストーリーを展開します。演じている子供たちもそれを目の前にした観客も、狭い会場で一体になって、物語にのめり込んでいきました。

あさぬまさんの演技.jpg

「チェオボン」が登場しました。不思議な廃材を身にまとい、ラオスでよく見かける編み笠や木片を使って変身しています。アジア人はあらゆる自然に霊が宿っていると考える信仰が残っているようですね。ラオスでも人と自然は一体だという信仰があります。二人のパントマイマーは、そんなラオス人の自然と共に暮らす生活観を表現したのでしょう、観客をマジックでも使うように呑み込んでいきました。

「チェオボン」の公演は世界を駆け巡っています。日本での公演も定期的に開いているようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2010年7月19日
« 前の記事「喜怒哀楽を唄う民族芸能ラオ・モーラム」へ
»次の記事「旅行安全情報(デング熱の流行に関するご注意)2010年7月20日」 へ
おすすめ記事
    ビエンチャン特派員 新着記事
    ご愛読、ありがとうございました。
    ラオス国立大学のキャンパスが面白い
    ルアンパバーンのボート祭りは9月11~12日
    ビエンチャンを舞台にしたミステリー小説
    ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り
    サイソムブーンの旅(4)名物料理
    サイソムブーンの旅(3)ローンチェーンを訪ねる
    サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間

    ラオス ツアー最安値


    2018/10/21更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集