海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ビエンチャン特派員ブログ > 三輪タクシーの値段交渉術

ラオス/ビエンチャン特派員ブログ ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月19日

三輪タクシーの値段交渉術


三輪タクシーの値段交渉術

交渉中.jpg
ラオスの街の市内観光には風を切って走るトゥクトゥクに乗って出かけましょう。暑い太陽や時々降る雨を物ともせず市内を格安の料金で移動できます。
しかし、乗るたびに料金交渉をしなければなりません。いったいいくらが妥当なのか、本当のところは誰もわかりません。悔しい思いをしないですむにはどうしたらいいか、ラオス滞在歴3年のベテランとして、始めてラオスを訪れる皆さんに奥義をご披露いたします。

ジャンボの公定?料金.jpg
これはトゥクトゥクの運ちゃんの背もたれに貼られている「料金表」です。しかし、そんなものが公的に有るわけではありません。勝手につくって「外人」に信用させようというものです。しかし、よく見るとそれほど高いものでもなさそうです。ビエンチャン市内と空港間は5万5千キープ(550円)と書かれています。空港タクシーは公定料金が決まっていて、市内まで7ドル(560円)ですから、このトゥクトゥクの5万5千キープはまぁ、妥当でしょう。

ビエンチャンのメータータクシー.jpg
これは2年前にビエンチャンに出現したメータータクシーです。料金はすこし高めですが、きちんとしたメーターがついていて料金は公明正大です。車のテール・ランプの下に「Driver Speaks Good English」と書かれています。値段交渉しなくてもいいですが、交渉すればメーター料金ではなく定額料金で行ってくれることがあります。

トゥクトゥクより大きいジャンボ.jpg
三輪タクシーには小型と大型があります。写真の中央右が小型、左2台が大型です。小型は「ジャンボ」と呼ばれています。ジャンボはほとんど250ccクラスのオートバイのエンジンを利用していますから低速で、パタパタと心細い音を出しながら進みます。遠くへ出かけるにはジャンボは適しません。トゥクトゥクと呼ばれる大型は500ccクラスのエンジンで安定感もあり、バックギアもついているので自力でバックできます。値段は交渉次第で、必ずしもジャンボが安いとは限りません。

相乗りのドーイサーン.jpg
遠くの街までへ行くにはドーイサーンと呼ばれる乗合トラック・バスがいいでしょう。中央・南方面・北方面の3か所のバス・ターミナルから出ています。お客が集まらないと、集まるまで待たされることがあります。公共のバス並みに安いです。荷物を屋根に満載したら出発です。ドーイサーンでは狭い二列の長椅子の左右に詰め合って座らされます。ことばができなくても長い道中、見知らぬ人とボディーランゲージで会話が楽しめます。

貸自転車屋.jpg
レンタ・サイクルはビエンチャンやルアンパバーンにはたくさんあります。レンタル料は1日2万キープ(200円)ほどです。道が平坦なのでペダルを漕ぐのがラクです。駐車に苦労するということもないので、自転車はツーリストに大人気です。最近はひったくりが多くなったので、前の籠にネットを張った自転車を貸し出すようになりました。

貸バイク.jpg
貸オートバイも目抜き通りにあります。これは250ccのオフ・ロード専門のレンタル・バイクショップです。心得のある人なら自然の景色を楽しむ遠距離ツーリングに最適でしょう。1日30万キープ(3000円)です。100cc程度の小型のバイクを貸してくれるところもありますが、最近は交通量が多くなり、ルール違反の運転で市内のあちこちで事故が目につきます。小型バイクはあまりお薦めできません。

トゥクトゥク、ジャンボの値段交渉術
さて、前置きが長くなってしまいました。肝心の値段交渉術です。
☆ラオスでものを買うときは是非、値段の交渉を楽しみましょう。ラオスの人々と触れ合うまたと無いチャンスです。そして交渉に必要なのは時間的余裕です。焦ってはいけません。結論を急いではいけません。
☆「・・・へ行きたい。いくらか?」と運転手に英語で訊いてみましょう。例えば「フィフティー・タウザンド(50,000キープ、つまり500円)と言われたら、すかさず「トウェンティ・ファイブ(25,000)」と切り返してみてください。もちろんそれで妥結するとは思えません。きっとにこやかに「フォーティー(40,000)と答えるでしょう。
☆こちらも微笑みながら「サーティー(30,000)」と出ます。さて、このあたりからが勝負です。どちらが相手の値段に妥協するか、それはその時の環境で違ってきます。
☆ホテル街の大通りで待っているトゥクトゥクの運転手は「外人」狙いです。強気です。勝手に造った「料金表」を盾にガンバルでしょう。ほかのお客が拾えるから、譲りません。
☆通りがかり、つまり流しの車は英語がうまくできないことが多いです。数字を指で示しながらの交渉です。運転手から指三本の次に手のひらパー(35,000)を提案される可能性はあります。これで妥結したくないなら「コープチャイ(ありがとう)」と言って立ち去る真似をするのは効果的です。きっと「ちょっと待って」と背中から声がかかるでしょう。
☆まだ日中で、お天気もよく、ほかのジャンボも行き交っている時間帯なら、これで優位を保てるかもしれません。しかし夕方だとか夜の場面になっていたら交渉は厳しい。雨模様だったら流しの三輪タクシーでも50,000キープのまま、動かないかもしれません。
☆こうして、アーでもない、コーでもない、とやり合うのがアジアの旅の醍醐味だと割り切ると、運転手とのコミュニケーションも楽しめるのです。特にラオスは「ずる賢さ」が希薄な国です。アジアの謀国のように、もの売りが後をしつこく追ってくることはほとんどはありません。
☆妥協が成立しなかったら、「コープチャイ(ありがとう)」と言えばいいのです。運転手たちはニコリと笑って、あっさり手を振るでしょう。あんまりあっさりしているので、「売る気があるのか」と疑いたくなるくらいです。
☆穏やかなラオス人は決してあなたに嫌味なことばなど吐きません。皆さんくれぐれもラオス人に向かって怒ったり、大声を出したりしないでください。ラオス人は競い合ったり争ったりすることが得意ではありません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2011年8月19日
« 前の記事「深夜まで営業のコンビニが大はやり」へ
»次の記事「ラオスでフランス語を習う」 へ
おすすめ記事
    ビエンチャン特派員 新着記事
    ご愛読、ありがとうございました。
    ラオス国立大学のキャンパスが面白い
    ルアンパバーンのボート祭りは9月11~12日
    ビエンチャンを舞台にしたミステリー小説
    ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り
    サイソムブーンの旅(4)名物料理
    サイソムブーンの旅(3)ローンチェーンを訪ねる
    サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビエンチャンの小路を歩く
    ウドンタニ(タイ)はラオスへのゲートウェイ
    メコン川の堤防、ただいま大改修中
    メコン川を渡るタイからラオスへの国際バス

    ラオス ツアー最安値


    2018/8/16更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集