海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ビエンチャン特派員ブログ > ラオスのことがよくわかるコミック

ラオス/ビエンチャン特派員ブログ ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月25日

ラオスのことがよくわかるコミック


ラオスのことがよくわかるコミック

ジャポニカの歩き方表紙写真.JPG ラオスは日本での知名度はまだ決して高くありません。ラオスを舞台にした小説やアニメはほとんど見かけなかったのですが、この5月にシリーズ全7巻が完結した「ジャポニカの歩き方」が人気だと聞いて、さっそくKindle版を購入して読みました。
 いまの日本の世相をちょっぴりアイロニーに斜めから覗き、ときに民衆の絶叫シーンや熱い感動シーンを織り混ぜた、傑作コミックでした。
 作者西山優里子さんは1989年に週刊少年マガジン新人漫画賞に入選。代表作ストリート・バスケを題材にした「Harlem Beat」は日本ではよく知られているそうですね。
 彼女は1974年のラオス内戦時代に、当時駐ラオス特命全権大使であった父親とビンチャンで暮らした経験を持っています。まだ8歳だったころの記憶を辿りながら、45歳の2011年に再びビエンチャンを訪れ、この全巻の物語を書き始めたとのこと。
 ときは現代、場所はビエンチャンに置き、架空の国「ラオ王国」の日本大使館を舞台としながら、事実にきわめて近い出来事を再現していくので、私は史実とフィクションの狭間に引き込まれていきました。圧巻は何と言っても「ラオ王国」の王女が無血革命で『立憲君主国』を成立させる完結編でした。
 ラオスがどんな歴史を辿り、どんな魅力を持っている国なのか、よくわかってきます。そしてラオス大使館では毎日どんな出来事が起きているのか、全部分かってしまいました。
 出版社は講談社で全7巻、1冊562~571円です。是非、読んでみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2013年8月25日
« 前の記事「消えゆくコロニアル建築」へ
»次の記事「一方通行で渋滞解消を図るビエンチャン」 へ
おすすめ記事
    ビエンチャン特派員 新着記事
    ご愛読、ありがとうございました。
    ラオス国立大学のキャンパスが面白い
    ルアンパバーンのボート祭りは9月11~12日
    ビエンチャンを舞台にしたミステリー小説
    ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り
    サイソムブーンの旅(4)名物料理
    サイソムブーンの旅(3)ローンチェーンを訪ねる
    サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間
    1年前の同じ月に投稿された記事
    公開されたクンラン洞窟

    ラオス ツアー最安値


    2018/8/16更新

    アジア 航空券情報


    ラオス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ラオスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集