海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スペイン/ビトリア特派員ブログ

スペイン/ビトリア特派員ブログ コンレチェ

スペイン・ビトリア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

大変ご無沙汰しております、コンレチェです。

2020年は欧州のコロナウィルスがなかなか減少せず、すっかり旅から遠のいてしまった一年でした。

最後の欧州の旅は2020年1月下旬のポルトガル、欧州に居ながらも、なかなか欧州内の移動も簡単ではない一年でした。

バスク内の移動もフランスを含め2020年夏頃まではスムーズに移動出来たのですが、それ以降大変厳しくなっておりました。

しかし、いよいよバスクを含めスペイン全土のコロナウィルスが大幅に減少し、明るい兆しが出始めて来ました。

2021年はアフターコロナを皆様がやっと頭に思い浮かべる余裕が少し出来て来た頃でしょうか? 私は旅が大好きで、早くも待ち遠しく思っています。

そんな訳で、これから暫くは旅へのウォーミングアップとして、アフターコロナに旅したいお勧めの場所を紹介したいと思います。

ちょうどコロナウィルスが世界にこっそりと忍び寄って来ていた初期の頃、通訳の仕事を依頼されて訪れていたバスク豚の生産者とレストラン。

思い出すのは、ナバラ州の大自然の中でのびのびゆったり暮らすバスク豚達、そしてバスク豚の復活に情熱を傾けているオーナーのレストランMASKARADA(マスカラ-ダ)。

cerdo vasco 3.png

以前バスク豚は北ナバラとフランスバスクにて畜産されていました、しかし80年代地域の人々の移住、多品種よりもコストの掛かるバスク豚*(品種Pocinas)は遂に国内でたったの50頭まで激減していたそうです。2000年MASKARADAのオーナーシェフJoseさんはたった一頭の雄豚と二頭の雌豚の飼育を始めたようです。

飼育と言っても趣味の範囲で始めたのですが、現在では年間1500頭ものバスク豚を出荷するバスク豚の復活を成し遂げました、バスク豚への熱い情熱がありますよね。

Cerdo vasco 4.png cerdo vasco 2.png

あんなに溶けるような美味しい豚肉の脂身を今まで私は食べた事がありませんでした、8つのミシュランレストランへも卸していらっしゃるそうなので、グルメ達がこぞって欲しがるのも納得のバスク豚。

そんな手塩に掛けて育てられたバスク豚のフルコースメニューを頂けるレストランMASKARADA(マスカラーダ)、豚肉が好きなお客様にはなんとも贅沢のレストランです。

ceredo vasco9.png Cerdo vasco 10.png Cerdo vasco.png

バスク豚の脂身はほんのり甘くなめらかでまるでバターのようなお味なんだそうです。80年代には健康志向のブームもあり、そんな脂身の多いバスク豚には逆風だったのでしょう。

しかし、美味しいものを頂くグルメ達が増えるに従って、バスク豚も再認識されるようになったようです。

こんな美味しい豚肉が今まで忘れ去られていたなんて驚くばかりです。写真は撮り忘れてしまったのですが、この後バスク豚の焼き物など沢山フルコースで提供されました。詳しくはMASKARADAのHPご確認下さいね。お店の内装もシックでエレガント、是非アフターコロナにリピートしたい1軒です。

Restaurante MASKARADA
Aralar Kalea, 66, 31870, Lekunberri, España
https://maskaradadenda.com/home/

コンレチェ


2021年2月25日

先日ビルバオの最高の絶景が眺められるレストランへ行って来ました。

ビルバオ市内から車で15分程の丘の上に位置するレストラン「KATE ZAHARRA」(カテ・サハラ)はなんとすてきなバスクの一軒家カセリオ(Caserio)でお食事ができる大変人気のあるレストランです。

レストランは地下1階部分がラ・ボデガ(La bodega)と呼ばれるワイン貯蔵室となっていて、お客様を1400種ものワインセレクションで迎えてくれます。


是非、この地下1階でとワインとハム、チーズなど頂きながら、テーブル席に着く前にゆっくりワインをお楽しみください。

ワイン貯蔵室を満喫したら、次は1階席、または2階席でビルバオの絶景を眺めながらおいしい名物料理を頂きましょう。

レストランKATE ZAHARRAの名物料理で評価がとても高いお料理が、「ロブスターとお豆煮込み」(Los garbanzos con bogavante)です。フルサイズとハーフサイズがあり、選択もできます。前菜として頂く場合はハーフサイズで十分なボリュームです。

Kate garbanzo.jpg


しっかり煮込まれたひよこ豆にカンタブリア海で採れたロブスター、お豆煮込みは色々なレストランで提供されていますが、KATE ZAHARRAはさすが名物料理とても味がしっかりとしていておいしかったです。

bogavante.jpg

Kate bogavante.jpg

他にもバスク名物熟成肉のボーンステーキチュレトンやロブスターや季節のキノコ(Boletus/ポルチーニ)の焼き物も大変おすすめです。

食事を堪能した後は、ビルバオの絶景が見渡せる2階にあるテラス席で優雅に食後のカクテルやコーヒーを頂きながらお寛ぎのひと時を。

La vista KATE.jpg


Restaurante KATE ZAHARRA
Dirección: Zabalbide Kalea, 221, 48015 Bilbo, Bizkaia


2019年12月 9日

サンセバスティアン(San Sebastian)のイゲルド山の麓にあり、素晴らしいワインセレクションのあるレストランRecondo(レコンド)を紹介したいと思います。

アメリカの大変著名なワイン誌『Wine Spectator』にて、2011年素晴らしいワインコレクションを所有するレストランで世界ベスト5に選出されたことのあるレストランです。

Rekondo.jpg ↑ワインテイスティングルーム

レストラン地下のワインセラーには常に14度に温度を保たれたワインがずらりと保管されていて、リオハ、ボルドーをはじめとする世界中のワイン10万本が貯蔵されております。ソムリエさんのお話しだと、銘柄は約4000種程あるそうです。

一番高級なワインをお尋ねしたところ、やはりボルドーのシャトーペトリュス(Petrus)で、€250.000だそうです。その価格でマンション1軒が買えます。。。

驚くべき本数のワインを所有し、世界を代表するワインリストをお持ちのレストランです。ワインリストのページ数は242ページ、本のような厚みです。

Rekondo 6.jpg

レストランのオーナーでもあるTxomin Rekondo氏は、1964年に現在の一軒家を買取り、レストランにリフォーム。バスク伝統料理の炭焼きレストランを家族経営でオープンさせたことが、このレストランRekondoのスタートだったようです。

元々ワインに造詣が深いTxomin氏は、後にリオハ(Rioja)の老舗ワイナリーMuga(ムガ)のオーナー、故Manuel Muga氏との親交を深め、現在のようなワインコレクターとなったようです。

rekondo2.jpg


IMG_1543.jpg

レストラン「レコンド」はワインのみならず、食事も大変おいしく、オーナーの娘さんらしき方におすすめ頂いたアサリのリゾットが特に絶品でした。ほかにも季節のキノコBoletus*ポルチーニの半熟スクランブルエッグなどがおいしかったです。

rekondo 3.jpg

ほかにもバスク伝統の熟成肉の炭火焼Txuletonやロブスターの焼き物などのお肉、魚ともに種類が豊富なレストランです。

rekondo2.jpg


Rekondo 8.jpg

Rekondo 4.jpg

ワイン好きなら大満足頂けるレストランです。

■Restaurante Rekondo (レコンド)
Paseo de Igeldo, 57, 20008 Donostia-San Sebastian


2019年11月14日
2019年9月28日
2019年8月12日
2019年8月11日
2019年8月 3日
⇒すべての記事を見る

スペイン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スペインの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ビトリア特派員

    ビトリア特派員
    コンレチェ
    愛知県出身。大学では国際文化を専攻、2002年よりスペイン全17自治州訪問、2009年よりバスクの州都ビトリアで暮らして居ます。家族経営のお菓子屋で働く傍ら、翻訳、通訳、スペインに関わる様々なビジネスコーディネートをしています。スペインとは異なる独特の文化を持つバスク地方の魅力を皆様にお伝え出来たら嬉しいです。趣味は旅、水泳、映画鑑賞。個人blogはこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集