海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/和歌山特派員ブログ

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本の夏の風物詩、流しそうめん。
赤木渓水郷では自然に囲まれた中で季節感を感じながら流しそうめんが楽しめます。


00.jpg


自然に囲まれて流しそうめん!


DSCN3964am.jpg


丸い釣り堀で鮎かけをし、釣った鮎を焼いていただいた後、流しそうめんの建物へ向かいました。
最初に訪れた駐車場そばの建物で流しそうめんをするのかと思っていたのですが、そちらは調理だけのようで流しそうめんの場所は丸い釣り堀の向こうに見えている建物でした。


DSCN3929am.jpg


こちらの建物が流しそうめんができる場所です。


DSCN3931.JPG


建物の奥には川があるので行ってみました。


DSCN3895.JPG


水量が少なかったため見られませんでしたが、多いと滝が見られるそうです。


DSCN3902.JPG


下段を流れ落ちる滝は見ることができ、それだけでも涼を感じることができました。
ここからでは分かりにくいのですが、奥に見えるグリーンの澄んだ水がきれいでした。


DSCN3890.JPG


流しそうめんの建物を裏から見ると川の上に建物があって、まるで川床のようですね!


DSCN3986am.jpg


店内には流しそうめんができる丸いテーブルが並んでいます。


DSCN3981am.jpg


DSCN3977am.jpg


DSCN4086am.jpg


私たちはコーナー席に座りました。


DSCN4088am.jpg


店内から外を見ると緑が広がり、川のせせらぎが聞こえ、また涼しいです。
店内にいながら自然を感じられる雰囲気が抜群でふたりともテンションが上がりました。


DSCN3871am.jpg


メニューが貼られています。
そうめんだけでなく、天ぷら、うなぎなどもありますよ。


流しそうめんを楽しもう!


DSCN4140am.jpg


最初に茹でられたそうめんがザルに盛られ運ばれてきました。
こちらで2人前です。
水が流れている中央の丸い所にセットしてくれました。


DSCN4103am.jpg


薬味は錦糸卵、青ネギ、椎茸の甘煮、刻み海苔、すりおろし生姜、


DSCN4106.JPG


そしておつゆが流しソーメンのセットになっています。


DSCN4098.JPG


和歌山県でも南部、熊野地方などの郷土料理「めはり寿司」も注文しました。
1皿2個入りです。
めはり寿司は、塩漬けした高菜の葉で包んだおにぎりで、シンプルだけれど素朴なお味で美味しいです。
夫と1個ずついただきました。


DSCN4109am.jpg


そして、夫が釣って焼いていただいた鮎も運ばれてきました。


DSCN4115.JPG


塩加減も良くて、紀州備長炭で焼かれた鮎はふっくら香ばしくてとっても美味しかったです。
また夫が釣ってくれた鮎は最高ですね!


DSCN4143am.jpg


夫がそうめんを掬い水に投入します。


DSCN4156am.jpg


流れて回ってきたそうめんをキャッチ


DSCN4160.JPG


私も投入して


DSCN4168.JPG


キャッチ


DSCN4178.JPG


楽しい!
そして美味しいです♡


DSCN4176.JPG


最初は少しずつ食べる分だけを水に流していたのですが、絵的に寂しいので多めにそうめんを流してみました。
2人でそうめんを食べるのですぐに無くなってしまいました。


DSCN4130am.jpg


最初そうめんが運ばれてきたのを見た時に、二人前のそうめんでは少ないかな?と2人とも思ったのですが、鮎やめはり寿司を食べるとお腹がいっぱいになりました。
日常では味わえない自然の中でいただいた流しそうめんは美味しく、鮎かけも楽しかったので夫と「また来たいね」と話ししました。
みなさんも平成最後の夏を赤木渓水郷で楽しんでくださいね。


・赤木渓水郷で鮎釣りと流しそうめん (こちら)


<赤木渓水郷>


・住所 和歌山県田辺市鮎川2416
・電話番号 0739-48-0124
・営業時間 10:00~18:00
・営業期間 4月末~9月末


2018年8月12日

茹だるような暑さが続いている和歌山ですが、今回は涼と夏を楽しむために田辺市の大塔地区にある赤木渓水郷(あかぎだにすいごう)へ行ってきました。


00.jpg


夏を楽しもう! 赤木渓水郷へ


DSCN3799am.jpg


夫が運転する車で国道311号線を本宮方面へ走り、「鮎川新橋北」交差点で右折し橋を渡って県道221号線を走ると、山の中に赤木渓水郷の入口が見えてきました。


DSCN3815am.jpg


入口に目印となる「赤木渓水郷」や「流しそうめん」と書かれた看板があります。
県道から敷地内へ入って行き、手前の方の駐車スペースに車を駐車しました。
ここは緑がいっぱいで木陰になっていて涼しく静かで、まるで避暑地に来たみたいです。


DSCN3822.JPG


水の中に浮御堂のように建っている建物が見えます。


DSCN3790am.jpg


橋を渡ってへ店内へ行ってみました。
橋の上から水の中を覗くと鯉も泳いでいましたよ。


DSCN3778.JPG


店内には木のテーブルや丸太を半分にカットしたような椅子が並び、民芸調で落ち着いた雰囲気です。
奥には緑の見える座敷もあります。
右側は調理場となっており、ご主人に開店時間まで周辺でいさせていただきました。


実はここの鮎釣りと流しそうめんは人気なので、早めに私達は訪問したのです。


DSCN3836am.jpg


敷地内には川が流れ、見ているだけでも涼を感じます。
川沿いを歩いて敷地の奥へと行きました。


DSCN3912.JPG


通の両側に大きな生簀がある場所へやってきました。
ネットが張られており気になって中を覗いてみました。


DSCN3905.JPG


鮎だけではないかもしれませんがたくさん泳いでいます。
養殖ではあるけれど川の水を利用して育てられているので、自然の水の中で泳いでいるようです。


鮎釣りを楽しもう!


DSCN3916.JPG


さらに奥へ進むと丸い生簀がありました。
ここで鮎釣りをするのかな?と思っていたのですが、ネットがかけられていました。


お店の開店は10時からで、9時半になると人がやってきました。
この鮎釣りが大人気で、前回人気のため人がいっぱいで出来ずに帰られた方が、今回早くから来られたそうです。


DSCN3949.JPG


開店前にネットを外しはじめました。
とても手馴れていられましたが、これを外したりかけたりするのは毎回大変だなと思いました。


DSCN3959.JPG


紐も手際よく外されていきました。


DSCN3962.JPG


準備完了です。


DSCN3968.JPG


丸い生簀の中で鮎はたくさん元気よく泳いでいました。


DSCN3851am.jpg


生簀のすぐそばにある建物内では鮎を調理して焼いてくれます。


DSCN3987am.jpg


また、外の壁には竿が立てかけられていて、好きな竿を選んで鮎釣りをすることができます。


DSCN4018am.jpg


夫と私も鮎釣りにチャレンジしました。


鮎は「鮎掛け」で、餌で釣りません。
針の上を通った鮎に、竿を素早く上に引き上げて鮎をひっかけて釣る方法です。


DSCN3996.JPG


釣り初心者の私。
まず、最初に竿を投げる前から服に針をひっかけたり、糸を絡ませたりし、周りの皆さんに助けていただいたり、途中で自分の手に針を刺すという、まるで漫画のギャグみたいなことをしていました。お恥ずかしい・・・。
自分を釣ってどうするの!!?


しかし、鮎掛けって難しいですね。
私の視力が悪いのもあるのですが、針がどこにあるのか見えなくて、鮎が針の上を通っているのか分からなかったです。


DSCN4001.JPG


そうこうしている間に、夫が鮎を釣りました。
一応夫は釣り経験者ですが、鮎掛けは初めてで、1匹釣るまで30分はかかっていたと思います。
やはり鮎掛けは難しいそうです。
夫が釣り、私は釣れそうにないのでもう釣りを終わろうと思ったのですが、夫が私の分も頑張ると言うので頑張ってもらいました。


DSCN4022am.jpg


夫に委ねてから今度はそれほど時間がかからず鮎を釣っていました。


DSCN4032.JPG


見事、私の分の鮎もゲットしてくれた夫に感謝です♡


私たちが釣るまでに、5匹釣った男性もいられました。
若い女の子も釣っていたようなので羨ましく、また釣れるコツが知りたいです!
鮎は釣れなかったけれど、初めての鮎掛け体験は楽しかったですよ。


DSCN4081am.jpg


釣った鮎はバケツごと持って行き、その場で調理していただきました。


DSCN4052am.jpg


鯉の餌が販売されており、鮎も食べるそうです。
カップ1杯の餌代は、木箱へ100円入れるのかしら?


DSCN3940am.jpg


鮎塩焼きは1匹600円です。
私たちはここで釣った鮎を焼いてもらいましたが、釣りをしなくても注文して食べることもでき料金は同じです。
また鮎釣りの料金は不要で、鮎の値段だけだったのでとても良心的だと思いました。


DSCN3947am.jpg


炭は紀州備長炭を使用されています。
炭火で焼かれる鮎は美味しそうです。


DSCN4068.JPG


私たちの鮎も串に刺し、塩を振って焼いてくれました。


DSCN4077.JPG


焼きあがるまで時間があるので、私たちは先に流しそうめんをする建物へと行きました。
焼き上がってくるのが楽しみです♡


<赤木渓水郷>


・住所 和歌山県田辺市鮎川2416
・電話番号 0739-48-0124
・営業時間 10:00~18:00
・営業期間 4月末~9月末



2018年8月 7日

「ル・パティシエミキ」さんは、地元のフルーツを使ったスイーツが評判の洋菓子店です。
オーナーシェフの三鬼さんの手により作られる洋菓子は、契約農家さんから直接仕入れているフルーツの素材を活かした素敵なスイーツで多くのファンが訪れます。


00am.jpg


季節限定 贅沢なマンゴータルト


DSCN6337am.jpg


和歌山市中島に建つ洋菓子店、ル・パティシエミキさんにやってきました。
ミキさんといえば地元フルーツを使ったスイーツのお店として地元では本当に有名なお店で、店内には地元農家さんとのコラボ商品が並んでいます。
フルーツ王国の和歌山と謳われていますが、地元和歌山の新鮮なフルーツを洋菓子でいただけるなんて本当に嬉しいですね!


今回は、今の季節にしか食べられないケーキを求めて訪れました。


P7302287am.jpg


マンゴータルトです。(500円)
ミキさんのフェイスブックでマンゴータルト販売開始の案内があったので、また食べたい♡というか、今年もぜひ食べねば!と思って買ってきました。
意外と思われるかもしれませんが、和歌山県でもマンゴーの栽培が行われています。
ミキさんで使用されているマンゴーは川岩農園さんのマンゴーなのですよ。


DSCN6435am.jpg


ふんだんに盛られたマンゴーをいただくと、コクがあって甘くて美味しいです♡
ケーキの生クリームがあっさりしているのでマンゴーの味が引き立ちます。
フルーツの水分でべっちょりしそうな感じなのに、タルト生地はサクサクしていて不思議で美味しかったです。


川岩農園さんのHPを見ると、今年の完熟マンゴーの予約受付は終了されていたのでもう手に入らず残念でしたが、ミキさんのケーキで食べられたので嬉しく、マンゴーといえば私にとって高級なフルーツというイメージなので今年も贅沢な気分を味わうことができました。


独り占めメロンボール


DSCN6424am.jpg


マンゴータルトと共に気になったのがこちらのメロンボールです。(1500円)
とってもゴージャスで思わず買ってしまいました。


P7302284am.jpg


画像では分かりにくいかもしれませんが、器は本物のメロンなのです。
なので普通のケーキよりは大きいです。
半分にカットされたメロンの縁に並んでいる丸い玉のようなのもメロンでした。(食べるまでブドウかと思っていました・・・。)
生クリームの下にはカットされたフルーツとゼリーが隠されていました。
メロンボールをカットして食べるのが無理だったのでスプーンで一口ほどいただきましたが、夫がほぼ独り占めで食べてしまいました♡
メロンのジューシーな甘さと色々なフルーツが入っていて、こちらも贅沢で美味しかったです。


DSCN6594.JPG


店内はテイクアウトのみで、残念ながら通販もされていません。
生菓子のテイクアウトが無理な方は、地元産のフルーツなどを使用した焼き菓子も販売されていますので、お土産などにお勧めですよ。


地元農家さんが丹精込めて作られた和歌山の素晴らしいフルーツと、それを活かしたミキさんの生産者さんやお客さまへの思いが込められた美味しいケーキをぜひ食べてみてくださいね。

<ル・パティシエミキ>


・住所 和歌山県和歌山市中島551-4-101
・電話番号 073-471-7977
・営業時間 10:00~19:30
・ル・パティシエミキHP http://patissier-miki.jp/
・紀勢本線 JR宮前駅より徒歩3分
・駐車場 10台


2018年7月31日
2018年7月29日
2018年7月25日
2018年7月19日
2018年7月14日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 和歌山特派員

    和歌山特派員
    麻巳子
    生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集