海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 「カルローズ」を使ったおかいさん♡

日本国内/和歌山特派員ブログ 旧特派員 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月24日

「カルローズ」を使ったおかいさん♡


「カルローズ」を使ったおかいさん♡

今回紹介するのは企画物で、カルフォルニア米の「カルローズ」を用いたメニューの紹介です!


どのような企画なのかといいますと、
地球の歩き方とUSAライス連合会 様との合同企画で、
「カルローズ」を用いて、各地の国内特派員さんの料理ブログとのコラボする企画なのです。


担当者の方からの提案のお話をいただきまして、私は料理がヘタなのですが、茶粥(ちゃがゆ)なら作れることもあり、面白そうなので参加させていただきました。


DSCN5665.JPG


茶粥とは茶を用いた粥で和歌山の郷土料理です。
我が家では『おかいさん』と親しみを込めて言い、おかいさんと言えば茶粥のことで、白粥(しらかゆ)は病気をしたときや七草粥に食べるといった感じですね。


私のおかいさんは母に教わりながら作ったおふくろの味ですが、各家庭によっておかいさんの作り方はさまざまですので、ひとつの参考としてくださいね。


<材料> (2人分)


DSCN5596.JPG


・カルローズ 200g
・ほうじ茶 1パック
・水 8カップ


<作り方>


1・カルローズを1回目はサッと洗って水を捨てます。2回目からは水の濁りが少なくなるまで3~4回洗いザルにあけます。


DSCN5614.JPG
(洗ってザルにあげたカルローズです)


2・水を入れた鍋にほうじ茶のパックを入れます。


DSCN5607.JPG


3・強火で沸かし、お茶の色が程良く出たらパックを取り出します。


DSCN5616.JPG


DSCN5621.JPG
(このような茶色い色になります)


4・沸いたお茶の入った鍋に洗ったお米を入れ、中火でお米がプクプク踊る位し、お玉で鍋底からしっかりお米を混ぜます。


DSCN5633.JPG
(プクプクと煮ます)


5・鍋の蓋はしなくても良いのですが、我が家はサラサラのおかいさんの方が好きなので、水の蒸発を防ぐために蓋を3分の1ほどずらしてしています。
途中でおたまでお米を混ぜ(※ 混ぜすぎないように注意です)、吹き零れないように注意ながら20分~22分煮ます。


DSCN5637.JPG


6・完成です!
熱いおかいさんも美味しいですが、鍋を流水に浸けて冷やしてからおかいさんをいただくと、サラサラっと食べられて美味しいですよ♡


DSCN5641.JPG


DSCN5684.JPG


お味の方は、まず食べた瞬間、粒の存在感がありました。
芯があるというのではなくて、粒がしっかりしていて食感があるといった感じです。
時間が経ってもお米がベチャっとした感じにならず、サラッと美味しくいただけました!


今回母に協力をいただき(笑)、無事レシピにすることができましたが、普段目分量で作っているので、いざレシピにするというとなかなか難しいものなのですね!
色んな意味で貴重な体験をさせていただき有難うございました。楽しかったです♡
他の地域の特派員さんのレシピも楽しみにしたいと思います!


782e96ccc30fb1d75d2858bf7c306de8481ac563.png 本記事のメニューはカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
■USAライス連合会 特派員ブログURL:https://tokuhain.arukikata.co.jp/usarice/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ お題 レストラン・料理・食材
2017年10月24日
« 前の記事「県境を飛び越えよう!」へ
»次の記事「真土の古い街並み」 へ
和歌山特派員 新着記事
高野山で精進スパイスカレー
和歌山の知の巨人・南方熊楠記念館
パンダパネル展@白良荘グランドホテル
京都大学白浜水族館で無脊椎動物を観察!
こんなところにお寿司屋さんが!@寿司・味処たかぎ
橋本でハード系のおいしいパン@Boulangerie SORA(ブーランジェリー ソラ)
かつらぎで日替わりランチとロールケーキ@うえすとこーすと
橋本でおいしいお酒とごはん@Mitu食堂

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集