海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 「大門坂茶屋」で変身!平安衣装体験

日本国内/和歌山特派員ブログ 旧特派員 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月15日

「大門坂茶屋」で変身!平安衣装体験


「大門坂茶屋」で変身!平安衣装体験

平安衣装体験をしてみよう


DSCN7098am.jpg


熊野那智大社への参詣道である熊野古道「大門坂」。
かつては仁王像が立つ大門があったので、大門坂の名が付いたといわれています。
その大門坂にそびえ立つ夫婦杉の近くに大門坂茶屋さんは建っています。


DSCN7100am.jpg


大門坂茶屋さんでは熊野詣が盛んだったころの平安衣装を貸し出してくれます。
私も旅の記念に体験をさせていただきました♡


DSCN7108.JPG


女性用の衣装です。
どの衣装もきらびやかでかわいいので、どれにしようかと悩みます。


DSCN7105.JPG


奥に見えるのが男性用の衣装です。
お子様用の衣装もあり、七五三で平安衣装を着られたかわいらしいお子さんを以前見たことがあります。
また、女性が男性用の衣装を着て男装されていたこともありお似合いでした!


DSCN7127am.jpg


着付けは簡単で、二部式になっており、5分ぐらいで着付けてくださって完成です。
衣装はそれほど重くなく楽ですし、下も袴のような感じで歩きやすいですよ。
平安衣装といっても十二単ではなく「壺装束」といわれる衣装で、平安時代から鎌倉時代にかけての公家の女性が外出するときの衣装です。
熊野詣には白装束姿で歩き、参拝の時にこちらの壺装束でお参りされたのだとか。


市女笠から垂れる「虫の垂れ衣」は虫よけの役割もありますが、平安時代の貴族の女性が扇子や御簾を下ろして顔を隠していたように、顔を隠すという役割があります。
ちらりと見せる顔がちょっとミステリアスかも。


P77070189z.jpg


こちらは以前撮影した後ろ姿の画像ですが、胸上に巻かれている赤い紐は魔除けの意味があります。


DSCN7117.JPG


首から掛けているこの筒状の物は薬入れですよ。


DSCN7148am.jpg


こちらは男性用の衣装で公家の狩衣です。
平安衣装体験は女性が多いので男性は珍しく、観光客の方からも「男性は珍しい」と言われモデルとなって撮影された夫です。
男性にもおすすめです!


DSCN7111am.jpg


今回、私たちは1時間のモデルコースを体験させていただきました。
平安衣装を着て夫婦杉周辺を散策するコースです。
カメラマンはいませんので、自分のカメラでの撮影になります。


平安衣装体験は何度かさせていただいており、毎年女将さんから年賀状が届きます。
この日、女将さんはお休みでお会いできなくて残念でした。
女将さんは日・月曜日にいられるそうなので、また曜日を選んでお会いしに行きたいです♡


<大門坂茶屋>


・住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山392-4
・電話番号 0735-55ー0244
・営業時間 9:00~16:00
・定休日 年中無休
・料金 
*モデルコース 2000円 (平安衣装を着て夫婦杉周辺での記念撮影)
*体験コース 3000円 (平安衣装を着て那智山散策)
・アクセス JRきのくに線「紀伊勝浦駅」から熊野交通バス約20分「大門坂駐車場前」から徒歩10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年12月15日
« 前の記事「青岸渡寺のおすすめスポット!」へ
»次の記事「県内初登録!「小田井用水路」と「龍之渡井」」 へ
和歌山特派員 新着記事
こんなところにお寿司屋さんが!@寿司・味処たかぎ
橋本でハード系のおいしいパン@Boulangerie SORA(ブーランジェリー ソラ)
かつらぎで日替わりランチとロールケーキ@うえすとこーすと
橋本でおいしいお酒とごはん@Mitu食堂
高野山麓の隠れ宿で日帰り温泉@やどり温泉いやしの湯
キーノで和歌山の海の幸@海鮮れすとらん勘八屋
三段壁洞窟で自然と歴史を感じる
白浜のお城でティータイム@ホテル川久

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

地球の歩き方Web特派員募集