海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 高野山案内犬の「ゴン」

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 2日

高野山案内犬の「ゴン」


高野山案内犬の「ゴン」

明けましておめでとうございます


昨年は「新人賞」を受賞させていただき有難うございました。
これも読者の皆さまのおかげです!本当に有難うございます。
受賞は素直に嬉しく思っています。
まだまだ未熟な特派員の私ですが、これからも地元和歌山の魅力をお伝えできるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。


今年は戌年ということで、まず今年最初の特派員ブログは、犬にちなんだ社寺をご紹介したいと思います。


弘法大師ゆかりのお寺「慈尊院」


DSCN0402am.jpg


和歌山県の北東部に位置する伊都郡九度山町の「慈尊院(じそんいん)」にやってきました。
弘法大師にゆかりのあるお寺で、弘法大師が高野山創建の時にこの地に伽藍を創建し、高野山一山の政所や高野山への宿泊、冬季の修行の場となりました。
後に弘法大師の母公が晩年暮らし、女人禁制の高野山に対して「女人高野」と呼ばれ親しまれてきたお寺です。


高野山案内犬のゴン


DSCN0561.JPG


境内に「高野山案内犬ゴンの碑」が建立されています。
ゴンは平成14年(2002)年6月5日に老衰で息を引き取りましたが、参拝者から愛されていたゴンを惜しみ、その年の7月にこのゴンの石像が建てられました。


DSCN0555.JPG


ゴンは高野山への参詣者を道案内した名物犬で、このような不思議なお話があります。


昭和60年代に、慈尊院近くに住みついていた紀州犬と柴犬の雑種である白い雄の野良犬がいました。
その犬は、誰が教えたわけでもないのに、高野山への参詣者の道案内をするようになっていたそうです。
慈尊院から聞こえる鐘の音を好んでいたため、いつしかこの野良犬は「ゴン」と呼ばれるようになりました。


DSCN0564.JPG


最初の頃は九度山駅と慈尊院の間を案内するだけだったそうですが、いつしか慈尊院をねぐらとし、朝、慈尊院を発って高野山参詣の表参道である「高野山町石道(こうやさん ちょういしみち)」を歩き、夕方に高野山山上の大門まで道案内をし、夜には慈尊院に戻ってくるようになりました。


その道のりは20㎞強の長く険しい山道です。


人間で歩いて6~7時間、マラソンで走る方で4時間ぐらいの距離らしいのですが、その距離を道案内するという毎日を送るようになったとは凄いですよね。
高野山まで車で行く私でも、あの距離がどれだけ遠いか想像がつくので歩く勇気・体力がありません。
そんな道を道案内するのですから、強さだけでなく参詣する人が道に迷わないようにと思うやさしさも兼ね備えた犬だったのでしょうね。


DSCN0570am.jpg


約1200年前の弘法大師がいた時代にも高野山の案内犬がいたという伝説があるそうです。
ゴンは「お大師の案内犬の再来・生まれ変わり」「お大師さんの犬」などと呼ばれ親しまれたそうです。
私もゴンが生きている時に会ってみたかったですね。
ゴンの石像は弘法大師の像の横に建てられています。


慈尊院


・住所 和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
・電話番号 0736-54-2214
・参拝時間 8:00~17:00
・アクセス 南海高野線「九度山駅」から徒歩約20分
・慈尊院HP http://jison-in.org/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年1月 2日
« 前の記事「レストラン華でバイキング」へ
»次の記事「戌の絵馬といえばやっぱり「丹生官省符神社」」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    まるで岩に咲く牡丹の花 「ぼたん岩」
    悲恋の話が伝わる「少女峰」
    古座川に浮かぶ島全体が神社の「河内島」
    何コレ!? 奇岩の「虫喰岩」
    これが若衆組の宿!? 大正モダンな「互盟社」
    和歌山の素敵な地名
    JAZZ HUT 「イワシの目」
    古き良き時代を感じながらホッと一息 「Café Maple」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集