海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 漆器でいただく古民家カフェ

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月24日

漆器でいただく古民家カフェ


漆器でいただく古民家カフェ

紀州漆器のまち・海南市黒江に、ギャラリー&古民家カフェの「黒江ぬりもの館」さんがあります。
黒江の古いまち並みの中でランチをいただけ、ゆったりとした時間を過ごせますよ。


DSCN9799.JPG


カフェギャラリーの黒江ぬりもの館


DSCN9896am.jpg


黒江のメインストリートである川端通りから中へ入った通りに、雰囲気の良い古い家並みがあります。


DSCN9919.JPG


その通りに築160年の古民家「黒江ぬりもの館」が建っています。
以前は漆器工房だった建物を、カフェ&ギャラリーとしてオープンしています。


DSCN9675am.jpg


ディスプレイされたクロメ桶と懐かしの大八車は、黒江のまち並みに溶け込んでいます。
まち中の何軒かの軒下にはクロメ桶が展示されており、桶の中には花などが飾れ、訪れた人々を楽しませてくれています。


DSCN9913.JPG


黒江ぬりもの館さんは10時~のオープンで、11時にランチの予約を要れて訪れました。


DSCN9743.JPG


中へ入り見上げてみると、


DSCN9741.JPG


玄関はつし2階まで吹き抜けになっており、窓からの光が柔らかく降ってきました。
電球の笠が和傘になっているのも素敵です。


DSCN9867.JPG


玄関を入った右側がギャラリー&カフェスペースで座敷になっています。
靴を脱いで昔ながらの高さのある上がり框を上がりました。


DSCN9724.JPG


道沿いの窓側には、漆器製品が展示されていて眺めているだけでも楽しいです。
お手頃な小物なども販売されていて購入することもできます。


DSCN9717.JPG


カフェスペースには、広い座敷にテーブル席が並んでいます。


DSCN9726.JPG


よく見るとこちらの椅子は桶のような椅子でした。


DSCN9706.JPG


奥にも座敷があり、半個室風になっています。


DSCN9709.JPG


中央にあるテーブルは、大きな樽を再利用したような八角形のテーブルです。


DSCN9713am.jpg


奥の窓からは坪庭が眺められます。


DSCN9848.JPG


食事をした後で2階も見せていただきました。
玄関付近に階段があります。


DSCN9861am.jpg


昔ながらの急な階段を上ります。
上までの長さはそれほど無いのですが、馴れていないので恐る恐るのぼりました。


DSCN9862am.jpg


2階はイベントスペースになっており、今回はリサイクル着物展が開催されていました。


DSCN9852.JPG


天井の梁が太くて立派です。


DSCN9859.JPG


奥の和傘の所まで行ってみたかったけれど、先へは行けなかったのでここから眺めるだけにしました。


漆器でいただく贅沢ランチ


DSCN9749am.jpg


夫と八角形のテーブル席と悩んだけれど、こちらの席に座りました。


DSCN9754.JPG


テーブルの上の容器も漆器でまとめられています。


DSCN9761.JPG


ひざ掛けを持ってきてくれたのですが、なんと!湯たんぽが包まれていました。
あったかい♡
心遣いが嬉しいです!


DSCN9773.JPG


ランチは、期間・数量限定ランチを注文しました。
本日限定6食だった「粕汁ランチ」です。700円
6食限定ということなので売り切れるのも早いと思い予約をしていました。


DSCN9796.JPG


器やお箸、スプーンは漆器で、贅沢な気分でいただけます。
口当たりも良いのですよね。


DSCN9794am.jpg


粕汁は、和歌山の地酒「黒牛」大吟醸の酒粕が使われています。


DSCN9807.JPG


塩鮭をメインとして根野菜がたっぷり入っていてマイルドなお味で美味しかったです。


DSCN9787am.jpg


地元の農家さんが作ったお米に黒米が混ぜられたおむすびです。


DSCN9781.JPG


地元の乾物屋さんの切り干し大根が使われています。
少し甘めに煮付けられた切り干し大根はやさしいお味がしました。


DSCN9790.JPG


お漬物です。
メニューは入荷状況や季節によって変わる場合があるそうです。


DSCN9811.JPG


食事の後はスィーツです♡
黒江スイーツセット


DSCN9816.JPG


クッキー、ミニパウンドケーキ、ケーキのスィーツ3種盛りです。
黒色なのは黒江の地名にちなんでですが、黒いスィーツには紀州備長炭食用のパウダーが練り込まれています。


DSCN9827.JPG


ぷるんぷるんとしたわらびもちもセットでした。
黒江スィーツセット 600円


今月25日にリニューアルオープン


DSCN9692am.jpg


黒江ぬりもの館さんは、1月25日よりリニューアルオープンされます!
メニューの変更などもあるかもしれませんが、オープンされるのが楽しみです。


<黒江ぬりもの館>


・住所 和歌山県海南市黒江680
・電話番号 0734-82-5321
・フェイスブック https://www.facebook.com/kuroenurimonokan/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2018年1月24日
« 前の記事「一足早い春を感じよう!由良のスイセン」へ
»次の記事「串本の魅力がいっぱい!本州最南端の火祭りイベント」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    一枚岩を眺めながらランチ 「一枚岩鹿鳴館」
    これが岩!? ぜひ見たい古座川の一枚岩
    かもしか峡と飯盛岩
    古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景
    秘境の珍しい滝 「滝の拝」
    柿太郎の廻り
    まるで岩に咲く牡丹の花 「ぼたん岩」
    悲恋の話が伝わる「少女峰」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集