海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 紫陽花の咲く救馬渓観音へ

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月14日

紫陽花の咲く救馬渓観音へ


紫陽花の咲く救馬渓観音へ

救馬渓観音(すくまだにかんのん)は約1300年の歴史をもつ、和歌山県南部で最古・最大の厄除け霊場のお寺です。


以前のブログで、救馬渓観音境内にある「あじさい曼荼羅園」を紹介させていただいたのですが、今回はその時の境内の様子を紹介します。


DSCN00.jpg


東参道第一駐車場から中門を歩く


DSCN3008.JPG


夫と車で救馬渓観音の東参道入口にやってきました。


DSCN3004.JPG


入口そばに東参道第一駐車場があり駐車料金は無料です。
駐車場にトイレは有ります。
本堂までは表参道より東参道の方が近いため、私たちはいつもこちらに駐車しています。
東参道第一駐車場から本堂まで徒歩約10分の距離とあるのですが、私はあちこちお参りしながら撮影して歩いていたので駐車場から本堂まで25分ぐらいかかっていました。


DSCN3016.JPG


参道登り口からすぐに、坂道と階段のあるルートに分かれます。
階段の親柱には「厄除消除」「近畿三十六不動御砂踏霊場」の文字があります。
私たちは毎回坂の方へ行ってしまうのだけれど、今回はあじさい曼荼羅園の開園時間まで時間があったのでこちらの方へ行ってみました。


DSCN3023.JPG


踏板の一角が黒っぽい石板なっており、番号とお寺の名前が刻まれています。
近畿三十六不動尊霊場は、第1番の四天王寺(大阪)から始まり、和歌山県は第34番 根来寺(岩出市)、第35番 明王院(高野山)、第36番 南院(高野山)です。
全てを確認していないのだけれど、近畿三十六不動のお砂がそれぞれここに埋められているのでしょうね。


DSCN3026.JPG


階段を上りきると「役の行者」がお祀りされていました。
救馬渓観音は約1300年前、修行道の祖「役の行者」によって開山されたお寺です。
この像は役の行者が1300年の御遠忌を記念として建立されたもので、総高4メートルあるそうです。
脇には前鬼(ぜんき)と後鬼(ごき)をお祀りしています。
読み方が分からなかったので調べてみたら、前鬼と後鬼って夫婦鬼で前鬼が夫、後鬼が妻なのですね。


DSCN3031.JPG


その奥に石段があり、何があったのか気になったので行ってみました。
段の高さがあるので私は登るのに一苦労。


DSCN3037.JPG


距離は無いのですが登りきらずに石段の途中から撮影です。
上には剣に巻きつき、金の玉を持った龍、倶利迦羅(くりから)不動明王がお祀りされていました。
こちらの像の意味が分からなかったので調べてみたら、剣は不動明王が持つ倶利迦羅剣で、竜は不動明王の化身が倶利迦羅竜王ということは分かったけれど意味はぼんやり。


DSCN3038.JPG


下へおりる階段があったのでそちらを行くと、水向け不動明王がお祀りされていました。
制吒迦(せいたか)童子と矜羯羅(こんがら)童子もお祀りされていました。


DSCN3045.JPG


その次は七福神がお祀りされていました。
画像には6体しか写っていませんが7体お祀りされています。
堂内にお祀りされているのではなくて岩の上に安置されているので、天から岩へ舞い降りて来られたように思えました。


DSCN3065.JPG


そして下からの坂道と合流です。


DSCN3048.JPG


坂道の方の沿道には紫陽花が色づいていました。
駐車場から坂を上ってくると紫陽花を楽しみながら歩けます。


DSCN3058.JPG


DSCN3062.JPG


DSCN3067.JPG


石畳の参道を歩いて行きます。


DSCN3069.JPG


スペースに小さな庭園があり紫陽花が色づいていました。
その後ろに恵比須堂へ行く階段があります。


DSCN3073.JPG


すぐお堂が見えたのでそれほど階段も無さそうだし、行ったことが無かったので行ってみました。


DSCN3076.JPG


恵比須堂です。
階段を上り切った場所にお堂が建っていました。


DSCN3078.JPG


木槌で叩くようになっていたのが珍しかったです。


DSCN3079.JPG


上ってきた階段を下り、さらに本堂の方へと参道を歩いて行きました。


DSCN3082.JPG


参道沿いに厄除地蔵菩薩堂が見えてきました。


八角形の形をしたお堂の中に大きなお地蔵さまがお祀りされています。
厄除・災難除けのお願いを叶えてくださるお地蔵さまです。
左手には摩尼と呼ばれる珠を持っており、これを「摩尼宝珠」「如意宝珠」といい、
「意のままに様々な願いを叶える宝」
という意味があるとのこと。


DSCN3084am.jpg


そばに摩尼車がありました。
摩尼車は摩尼を筒型にして般若心経などのお経を刻んだもので、これを回転さすようになっています。
これを一回まわせばその経文を一巻読んだのと同じ功徳があるとされています。
一心に合唱し、誓いや願いを祈りながら摩尼車を回すと祈願が叶うと信じられているそうですよ。


DSCN3087.JPG


お地蔵さまに願いをかける「厄除割り符」もありました。
ふたりとも厄年でもないですし、特に災い事も無いのでお願いはしませんでしたが、割り符というぐらいで割って納めるのでしょうね?


DSCN3097.JPG


見ごろ過ぎでしたが、鮮やかなピンク色のさつきが咲いていて参道に彩を添えてくれていました。
救馬渓観音といえば紫陽花がまず挙がってきますが、桜や紅葉の名所としても知られています。


中門から厄除階段を上りました。


DSCN3102.JPG


中門に到着しました。


DSCN3116.JPG


中門前に鉢植えの紫陽花が並んでいます。
ここの紫陽花もきれいで楽しみなのです。


DSCN3111.JPG


DSCN3124.JPG


こちらの白い紫陽花は「ウエディングドレス」です。
純白で楚々とした雰囲気があり、時期的にもジューンブライドなのでピッタリの名前ですね。


DSCN3142.JPG


中門をくぐると参道の両側に阿吽の仁王さまがいられます。


DSCN3130.JPG


ここから本堂まで「厄除階段」が続きます。
各階ごとに般若心経のお経が納められていて、この階段を踏んで厄をお祓いするようになっています。


今でこそ距離感が分かりましたが、最初のころは中門まで来たときに、
「まだここから階段があるの!!?」
と思い、階段を上っていても本堂までまだかまだかと思いました。


まずは19段の階段、この階段を上ると娘厄坂(19才)が終わりです。
ふぁいとー!


DSCN3153am.jpg


最初の踊り場に手水所があります。
水盤の周りにも紫陽花が飾れています。


DSCN3156.JPG


観音さまかしら?
ここから水が出ているのですが、龍や亀の水口はよく見るけれど珍しいかも。


DSCN3158.JPG


次は6段の階段です。
ここから男厄坂の始まり。
女厄坂はありません。
この階段を上ると25段となり、息子厄坂(25才)が終わりです。


DSCN3160.JPG


この階段を上ると女厄坂33段目(33才)で終わりです。
男厄坂20段目、男女還暦厄坂が39段目となります。


DSCN3161.JPG


この階に吊り鐘が安置されていました。
昭和5年3月に大勢の信者様が奉納された、鏡・かんざし・指輪・金・銀・銅の置物・貨幣などを原料として人々の長寿と繁栄を祈願して鋳造されたものだと説明板にありました。
それが、昭和16年に開戦した太平洋戦争で金属類回収令により供出し、終戦後、無事戻ってきた鐘だそうです。


今説明を読んでいて気づいたのですが・・・
「無事帰る」などの願いを込めて鐘を撫でれば良かったのですね。


DSCN3164.JPG


この階段を上れば、男厄坂26段目、男女還暦厄坂が45段目です。
あともう少し!
見晴らしも良くなってきます。


DSCN3166.JPG


これで最後の階段です。
男厄坂42段(42才)、男女還暦厄坂61段(61才)で本堂に到着です。


・あじさい曼荼羅園が開園しました。(こちら


<救馬渓観音>


・住所 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬313
 (あじさい曼荼羅園は救馬渓観音境内です)
・電話番号 0739-47-1140


・あじさい曼荼羅園 開園期間 6月1日~7月10日
・開園時間 9:30~16:00
・入園料 大人500円(高校生以上)、小人250円(小・中学生)
・救馬渓観音HP http://www.sukuma.or.jp/
※ あじさい曼荼羅園のフェイスブックとブログで紫陽花の開花状況をお知らせされています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年6月14日
« 前の記事「和歌山で食べる瓦そば 「カフェ さらり ゆるり」」へ
»次の記事「救馬渓観音で幸せパワーをいただこう」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    天に突き出る「天柱岩」
    一枚岩を眺めながらランチ 「一枚岩鹿鳴館」
    これが岩!? ぜひ見たい古座川の一枚岩
    かもしか峡と飯盛岩
    古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景
    秘境の珍しい滝 「滝の拝」
    柿太郎の廻り
    まるで岩に咲く牡丹の花 「ぼたん岩」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お城の茶室で一服
    「桃」はどこに?
    葛々氷でひんやり♡
    なるほど!ザ・石垣
    なぜ青いポスト?
    力餅
    鶴の渓と紫陽花
    喫茶店のミックスジュース
    和歌山城ってどんなお城?
    お城の動物園でほんわか♡
    お城の見える動物園
    お城の動物園とくまの園長さん
    かたい派?やわらかい派?
    海の見えるイタリアン「ステラ」
    地元愛されグリーンコーナー
    和歌山城の小人さん♡
    紀州御三家より参上!

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集