海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 救馬渓観音で幸せパワーをいただこう

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月15日

救馬渓観音で幸せパワーをいただこう


メール プリント もっと見る

救馬渓観音で幸せパワーをいただこう

上富田町(かみとんだちょう)の救馬渓観音(すくまだにかんのん)は、和歌山県紀南地方最大の開運厄除け霊場です。
1300年前に役行者が開山したと伝わる歴史のあるお寺です。


DSCN00.jpg


岩窟に建てられた欅造りの本堂


DSCN3168.JPG


本堂前の広場に到着しました。


DSCN3170.JPG


手前の建物ではお守りやおみくじ、お土産物などが販売されています。


DSCN3242.JPG


販売用の鉢植えの紫陽花も並んでいます。
カラフルでとてもきれいですね。


DSCN3179.JPG


奥に建つこちらのお堂が本堂です。


本堂背後には巨大な一枚岩があり、屋根は一枚岩と一体になっているのが分かるでしょうか?
古来、跎々鬼羅(ダダキラ)岩窟と呼ばれる巨大な岩の中に本堂が建てられています。
この岩窟は自然の波の浸食によるもののようです。
というのは、太古の昔この場所は海底だったようで今では信じられない光景ですね。
また救馬渓観音は、南紀熊野ジオパークのジオサイトに認定されています。


DSCN3191.JPG


ご本尊は馬頭観世音菩薩で、快慶作と伝わっています。
秘仏のためそのお姿を見ることはできませんでした。


小栗判官ゆかりの救馬渓観音


DSCN3238.JPG


救馬渓観音は、浄瑠璃や歌舞伎などで有名な小栗判官(おぐりはんかん)ゆかりの地でもあります。
妻の照手姫(てるてひめ)と湯の峰温泉へ湯治に向かう途中、突然愛馬が病に冒され動けなくなりました。
霊験あらたかなこちらの話を聞き、従者と共に参拝し祈願すると馬の病はたちまち全快し、無事に湯の峰温泉にたどり着くことができたそうです。
愛馬がここで救われたということから小栗判官は応永33年(1426)堂宇を建立し「救馬渓観音」と名付けられたと伝わっています。


本堂前には馬の像が建立されています。


DSCN3249.JPG


私が撮影している間に夫は境内にある「あじさい曼荼羅園」に先に向かったのですが、開園時間が迫ってきたので私も急いで向かいました。
今回は紹介できませんでしたが、広大な境内には本堂のほかにも社やお堂が建立されています。
いつか表参道から来た時に、そちらと一緒に詳しく紹介できたらなと思います。


本堂の横からあじさい園へ行く参道が続いています。


DSCN3246.JPG


あじさい園の方向にかわらけ投げの場所があります。
かわらけ投げの場所にはかわらけは販売されていないので、本堂横にあるこちらで先にかわらけを買っておきました。
一瞬夫の分を躊躇しましたが一緒に買いました。


DSCN3269.JPG


稲荷大明神前の参道を歩いて行きます。
末広大明神をはじめ11体の眷属をお祀りされているのですが、こちらも岩の中にお祀りされているような独特の雰囲気です。


DSCN3253.JPG


その向かいには鉢植えの紫陽花が並んでいます。


DSCN3257.JPG


この緑色の紫陽花が珍しかったのですが名前は忘れてしまいました。
ここに特別に並んでいる紫陽花は珍しい品種なのかしら?
訪れるたびに、ちょっと変った紫陽花を見るのも楽しみです。


DSCN3272.JPG


稲荷大明神の前を通る抜けると少し広いスペースがあり大黒堂が建っています。


DSCN3278.JPG


大黒堂の裏に下へ降りる階段がありトイレがあります。
ここから先にはトイレが無いので注意してくださいね。


トイレの前には小さな像がお祀りされていました。
トイレの守護神烏樞瑟摩(うすさま)明王で小さな像です。


DSCN3281.JPG


大黒堂前から上りの坂道が続きます。


DSCN3284.JPG


坂道の左側には石段が続き、登り口に「四国八十八ヶ所 御砂踏霊場」とあります。
四国八十八ヶ所の霊場のお砂が埋められている石段を上って行きました。


DSCN3289.JPG


最後は番外の「高野山 奥ノ院」ですよ。


DSCN3293am.jpg


実際に四国の霊場を巡ることを思えば短い距離だけれど、石段を踏破すると目の前には弘法大師像が建っていて、なぜか達成感と充実感を感じました。


DSCN3300.JPG


その後、緑がきれいな坂道を上って行きました。


恋愛パワースポット


DSCN3304.JPG


参道を進んで行くと「縁結びの神様」が見えてきます。


DSCN3309.JPG


縁結びの神様は、松栄明神・白栄明神・妙白明神がお祀りされています。


DSCN3318.JPG


男女の縁はもちろん、お金の縁や商売の縁など、あらゆるご縁を結んでくれるそうです。


DSCN3311.JPG


鈴もですが社の前の踏み石もハートの形ですよ。


DSCN3321.JPG


赤いハート型の縁結びの願掛け絵馬 1枚 500円


DSCN3324.JPG


縁のはし(箸)渡し祈願札 1体300円などもありますよ。


DSCN3334.JPG


岩盤にあるハート型のタフォニ(穴)を見つけると幸せになれるかも!
ぜひ探してみてくださいね。


話は変わるのですが、
昨年の6月15日に特派員ブログがアップされてから、早いもので1年が経ちました。
その間、心温まるメッセージをいただいたり、私はツイッターをやってはいないのですが、地球の歩き方の方でいいね!をいただいたき本当に嬉しく励みになっています。
まだまだ未熟な特派員ですが、和歌山のことをもっと紹介できるよう頑張っていきたいと思います。
訪問してくださる皆さま、これからもよろしくお願いいたします。


・あじさい曼荼羅園が開園しました。(こちら
・紫陽花の咲く救馬渓観音へ (こちら


<救馬渓観音>


・住所 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬313
 (あじさい曼荼羅園は救馬渓観音境内です)
・電話番号 0739-47-1140


・あじさい曼荼羅園 開園期間 6月1日~7月10日
・開園時間 9:30~16:00
・入園料 大人500円(高校生以上)、小人250円(小・中学生)
・救馬渓観音HP http://www.sukuma.or.jp/
※ あじさい曼荼羅園のフェイスブックとブログで紫陽花の開花状況をお知らせされています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年6月15日
« 前の記事「紫陽花の咲く救馬渓観音へ」へ
»次の記事「救馬渓観音からのパノラマ風景」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    夏の花旅 ハマボウの群生地へ
    これは食べたい! 「赤玉」のわさび寿司
    今が旬 鮎料理を食べに行こう!
    緑が美しい棚田 「蘭島」
    伝説が残る彦五郎 「彦五郎の碑」
    季節のベジが味わえる産直カフェ 「エフノカッテ」
    救馬渓観音でかわらけ投げをやってみよう!
    救馬渓観音からのパノラマ風景
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お城の茶室で一服
    「桃」はどこに?
    葛々氷でひんやり♡
    なるほど!ザ・石垣
    なぜ青いポスト?
    力餅
    鶴の渓と紫陽花
    喫茶店のミックスジュース
    和歌山城ってどんなお城?
    お城の動物園でほんわか♡
    お城の見える動物園
    お城の動物園とくまの園長さん
    かたい派?やわらかい派?
    海の見えるイタリアン「ステラ」
    地元愛されグリーンコーナー
    和歌山城の小人さん♡
    紀州御三家より参上!

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集