海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 救馬渓観音からのパノラマ風景

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月20日

救馬渓観音からのパノラマ風景


救馬渓観音からのパノラマ風景

上富田(かみとんだ)町の救馬渓観音(すくまだにかんのん)で紫陽花を楽しんだ後は、境内にある山上展望台ですばらしい景色を堪能してきました。


00.jpg


山上展望台へ行ってみよう


DSCN3339.JPG


「縁結びの神様」からさらに坂道を上って行きます。
ここからあじさい曼荼羅園はもう少し!


DSCN3341.JPG


途中にある左側の道が昔の道だったそうです。
今の道が無いころ、こちらの道を歩いたそうですよ。
雨の時はけっこう危険だったそうです。


DSCN3342.JPG


坂を道なりに歩いて行くとあじさい曼荼羅園の入口、管理棟に到着します。
あじさい曼荼羅園が開園期間中は有料となります。


DSCN3347.JPG


あじさい曼荼羅園のゲートをくぐって園内の紫陽花を見て楽しみました。


DSCN3375.JPG


私たちが訪れた時は早かったので、今、紫陽花は見ごろを迎えているのではないでしょうか?


DSCN3409am.jpg


今回は紫陽花も楽しみでしたが山上展望台へ行くこともとても楽しみにしていました。
なぜなら、訪れるのは梅雨の季節なので、いつもドンヨリとした空のお天気なのです。
今回は未だかつてない素晴らしいお天気だったので、これはぜひ行きたい!と思い行ってきました。


山上展望台への登り口は、あじさい曼荼羅園内にあります。


DSCN3415.JPG


こちらの階段を上ってきました。
さすがに駐車場からずっと登ってきた感じなので、ふたりともバテバテでした。
普段の運動不足を感じます。


DSCN3413.JPG


そこからは平坦な道で、その先に展望台があります。


山上展望台から見るパノラマ風景


DSCN3421.JPG


「うわぁ~!きれい!」


展望台からはパノラマの風景が広がります。
お天気が良いので空も海も青くて気分爽快!
念願叶って見たかった風景が見られて感動しました。
なにより吹く風が心地よいですね。


DSCN3423.JPG


展望台からは白浜方面がよく見えます。
白浜町にあるアドベンチャーワールドや南紀白浜空港が左側あたりにあるのだけれど、私にはどこなのか分からなかったです。
白浜空港の赤い誘導灯が遠くに見えているので、空港はあの辺りかな?という感じでした。


DSCN3426.JPG


白浜町の湯崎、白浜温泉街、臨海方面です。


DSCN3431.JPG


ひときわ目立つお城のような建物はホテル川久(かわきゅう)です。
内部もとてもバブリーですよ。


DSCN3437.JPG


田辺市街方面です。


DSCN3439.JPG


展望台の右側方向はもう山です。
和歌山市内もそうですが、和歌山って海と山に挟まれて平野部が少ない印象です。
だからか海側の平野部の地域に人口が集中している感じですね。


DSCN3454.JPG


こちらは道を挟んだ展望台の反対方向です。


DSCN3459.JPG


本堂が見えています。
眼下に見える本堂を見て、本堂からでもけっこう登ってきたのだなと思います。


DSCN3457.JPG


本堂背後の巨大な一枚岩も見えています。


DSCN3461.JPG


展望台からさらに道が続いているので行ってみました。


DSCN3463.JPG


先で行き止まりです。


DSCN3466.JPG


ここから遠くに上富田の街と連なる山々が見えます。


上富田町は、熊野古道の中辺路と大辺路の分岐点にあたり、熊野への入り口だったことから「口熊野」と呼ばれています。
そのためか、和歌山の北部とはまた違う雰囲気で、山々を見ているとほんとにもう熊野というのを実感しました。


今回はお天気も気候も良く、素晴らしい景色が見られて気分も爽快でした。
ここまで来るのは少し大変かもしれませんが、救馬渓観音を参拝された時は山上展望台も訪れてみてくださいね。
パノラマに広がる自然を見れば、気分をリフレッシュできるかも!


・あじさい曼荼羅園が開園しました。(こちら
・紫陽花の咲く救馬渓観音へ (こちら
・救馬渓観音で幸せパワーをいただこう (こちら)


<救馬渓観音>


・住所 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬313
 (あじさい曼荼羅園は救馬渓観音境内です)
・電話番号 0739-47-1140


・あじさい曼荼羅園 開園期間 6月1日~7月10日
・開園時間 9:30~16:00
・入園料 大人500円(高校生以上)、小人250円(小・中学生)
・救馬渓観音HP http://www.sukuma.or.jp/
※ あじさい曼荼羅園のフェイスブックとブログで紫陽花の開花状況をお知らせされています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年6月20日
« 前の記事「救馬渓観音で幸せパワーをいただこう」へ
»次の記事「救馬渓観音でかわらけ投げをやってみよう!」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    高野山のお土産におすすめ! 麩善の笹巻あんぷ
    高野山で花菱の精進料理
    天野の里でおいしいご飯 「客殿」
    スクープなるか!? 「一枚岩の守り犬」
    美女湯温泉で温泉美人に
    天に突き出る「天柱岩」
    一枚岩を眺めながらランチ 「一枚岩鹿鳴館」
    これが岩!? ぜひ見たい古座川の一枚岩
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お城の茶室で一服
    「桃」はどこに?
    葛々氷でひんやり♡
    なるほど!ザ・石垣
    なぜ青いポスト?
    力餅
    鶴の渓と紫陽花
    喫茶店のミックスジュース
    和歌山城ってどんなお城?
    お城の動物園でほんわか♡
    お城の見える動物園
    お城の動物園とくまの園長さん
    かたい派?やわらかい派?
    海の見えるイタリアン「ステラ」
    地元愛されグリーンコーナー
    和歌山城の小人さん♡
    紀州御三家より参上!

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集