海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 秘境の珍しい滝 「滝の拝」

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月27日

秘境の珍しい滝 「滝の拝」


秘境の珍しい滝 「滝の拝」

古座川町には奇岩・巨岩が多いのですが、滝も多く、その中でも「滝の拝」と呼ばれる珍しい滝があります。


00.jpg


穴だらけの川床


DSCN5896.JPG


柿太郎の廻り より古座川の支流である小川上流に向かって車で走り、約5分で滝の拝に到着しました。
バイパスが出来ていたので道が良くなっており、思っていたより早く快適に到着しました。
バイパスを通ってくると「道の駅 瀧之拝太郎」に着くのですが、私たちは滝の拝に架かる橋のそばの駐車場に車を駐車して周辺を散策しました。
空気がヒンヤリしていて川の轟音が聴こえています。


DSCN5729.JPG


まずは道路から橋のそばにある階段を下りて川床へおりました。


DSCN5732.JPG


橋にはここが滝の拝だと分かる大きな看板が掲げられています。
シーズンにはカヌーや鮎釣りなど釣りをされる方は多いかもと思いますが、古座川町の観光名所でもあるのに観光客は比較的少ないように思います。
この時も観光客は私達だけでした。


DSCN5734.JPG


この川床が凄いのです。
クレーターのような氷河のような川床は全てが岩で、約200mにわたり大小さまざまな奇形の岩穴が広がります。


DSCN5742.JPG


このような岩底や河岸の岩石上にできる円形の穴をポットホール、甌穴(おうけつ)と呼ばれていますが、水が渦巻き状に流れて石や砂がくるくると回り、岩盤を丸く浸食していく自然現象で出来たものです。
滝の拝の川床の岩盤には円形、船底型、溝形、壷型など様々な穴があいていて、ひとつひとつの穴の形が奇妙で面白いですね。
和歌山県内にも甌穴のある川床はあるけれど、これだけあるのは珍しいかもと思います。


DSCN5739.JPG


下流の様子です。
台風後なので川が白っぽい色をしていました。


DSCN5789.JPG


滝のように川が下っていた場所があったので、恐る恐る近くまで行って見てみました。
さすがにこれ以上近寄るのは怖くて私には無理でした。
ドドドド・・・という川の流れる音が迫力があって凄いですね。


DSCN5752.JPG


川の水に触れられそうな場所があったのでそばまで行って触ってみました。
思ったよりは冷たくなくて気持ちが良かったです。


DSCN5766.JPG


上流の様子です。


DSCN5787.JPG


対岸に神社があるので、そこまで歩いて行くことにしました。


DSCN5894.JPG


今度は橋を渡って対岸へ向かいました。
橋を渡り道なりに右の方へ行くと道の駅 瀧之拝太郎がありトイレや売店があります。


DSCN5798.JPG


橋の上から見た下流の様子です。


DSCN5801.JPG


こちらは上流の様子です。
橋から見る滝の拝は素晴らしくお勧めスポットですよ。


DSCN5814.JPG


初めて滝の拝に来た時に、もっと落差のある滝をイメージしていたので「これが滝!!?」と驚きました。
傾斜のある岩の上を滑るように流れ落ちる渓流爆の部類の滝なのでしょうか?


DSCN5820.JPG


今回は台風後だったので、川の水も増水していて水量が多かったです。
迫力~!


DSCN5836.JPG


水が勢いよく流れ落ちています。


DSCN5826.JPG


普段とは少し違った光景でした。


P4020729.JPG


穏やかな時はこのように水が澄んでいてきれいですよ。


滝の拝の金毘羅神社


DSCN5841.JPG


緑の木々の間から神社の境内と社殿の朱が見えています。
上の木が紅葉したら綺麗でしょうね。


DSCN5845.JPG


橋の袂に神社への道があります。


DSCN5856.JPG


こじんまりとした境内には、石垣の上に小さな社が2社並んであり、金毘羅さんがお祀りされています。
その手前には由来の説明板がありました。


DSCN5849.JPG


水・農・薬などの命の神様として信仰されているそうです。
うろ覚えですが向かって左側の社の中には彩色された社が、右側の社の中には石仏がお祀りされていたと思います。


DSCN5878.JPG


境内は滝の拝を眺められる舞台のようになっていて、ここからも滝の拝を眺められます。
滝の拝の名前は、滝に神を感じて拝んだことに由来するとも云われています。


滝の拝太郎伝説


DSCN5873.JPG


また、滝の拝には滝の拝太郎伝説があります。
説明板にはこのように書かれていました。


『大昔、沛太郎が大小のくぼみを岩に九百九十九掘りました
千壷目に深い壷を掘りに這入ったきりでてこなかったそうです
滝の沛の人達は遺言通りの五輪の塔を建てました
塔のひな型をほりつけた面を 下側にした岩が川底に沈んでいます』


DSCN5866.JPG


そしてこのようなお話もあります。


昔、滝の拝に住んでいた滝之拝太郎という侍は、刀で穴壷を掘っていてあと一つで1000壷という日に刀を滝に落としてしまいました。
刀を求めて滝壷に潜った拝太郎は、ある日ひょっこりと滝壷から戻ってきました。
拝太郎は滝壷に入ってから七日間の間、滝のお姫様の歓迎を受け、お姫様から刀と共に貰った丸い大きな石のお土産を持って帰ってきたのでした。


DSCN5864.JPG


以前は毎日、滝壷で雷のように鳴っていた音が、この丸い石を持って来た後は聞こえなくなり、この石は今も滝の神様を祀っている金毘羅様の境内に残されています。


という伝説があるので、この丸い石が拝太郎が持って帰ってきた石なのでしょうか?
気になります。


DSCN5870.JPG


境内から滝の拝を間近で見ることができて迫力があります。


DSCN5874.JPG


DSCN5889.JPG


滝の拝を上から眺めるとさほど落差を感じさせないけれど、カヌーなどをされている方の下からの画像を拝見すると、まるで峡谷の中でカヌーをしているような風景でとても神秘的でした。
実際下から見ると、高さがあるのでしょうね!
私もカヌーが出来たらまた違った世界が楽しめるのに!と思わずにいられませんが、上から見る滝の拝も素晴らしいので古座川へ来た際はぜひ足を延ばして滝の拝をご覧くださいね。
秘境というには道も随分良くなっておりそばに民家もありますが、観光客も少なく秘境気分と自然のアートが味わえますよ。


*これが若衆組の宿!? 大正モダンな「互盟社」 (こちら)
*何コレ!? 奇岩の「虫喰岩」 (こちら)
*古座川に浮かぶ島全体が神社の「河内島」 (こちら)
*悲恋の話が伝わる「少女峰」 (こちら)
*まるで岩に咲く牡丹の花 「ぼたん岩」 (こちら)
*柿太郎の廻り (こちら)


<滝の拝>


・所在地 和歌山県東牟婁郡古座川町小川
・見学自由
・駐車場 有


DSCN5905.JPG


*滝の拝の近くに道の駅 瀧之拝太郎があります。
・住所 和歌山県東牟婁郡古座川町小川774番地
・営業時間 8:30~17:15
・物産コーナーは土・日・祝祭日の11:00~15:00
・トイレ・駐車場・公衆電話、屋外の休憩スペース(東屋)は24時間利用可能

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年9月27日
« 前の記事「柿太郎の廻り」へ
»次の記事「古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    高野山のお土産におすすめ! 麩善の笹巻あんぷ
    高野山で花菱の精進料理
    天野の里でおいしいご飯 「客殿」
    スクープなるか!? 「一枚岩の守り犬」
    美女湯温泉で温泉美人に
    天に突き出る「天柱岩」
    一枚岩を眺めながらランチ 「一枚岩鹿鳴館」
    これが岩!? ぜひ見たい古座川の一枚岩
    1年前の同じ月に投稿された記事
    こだわり醤油のラーメン店
    野菜スイーツ♡almo
    由利のなれずし
    明恵の焼き鳥♡
    ぶどう狩り体験♡
    今が旬!のぶどう狩りへ
    花園の巨大壁画
    びっくり!あまごめし
    日本一長~いベンチ?

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集