海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 和歌山特派員ブログ > 高野山で花菱の精進料理

日本国内/和歌山特派員ブログ 麻巳子

日本国内・和歌山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月 6日

高野山で花菱の精進料理


高野山で花菱の精進料理

和歌山も紅葉の季節がやってきました。
和歌山の紅葉スポットといえばまず挙がってくるのが高野山です。
そして高野山のお料理といえば精進料理が有名です。


DSCN8690am.jpg


今回精進料理が食べられる、数あるお店の中から訪れたのは、高野山のメインストリート沿いに建つ花菱(はなびし)さんです。


DSCN8685am.jpg


高級感があるお店で、しかも気軽に精進料理をいただけるのが魅力です。
私たちは11時に予約を要れており開店と同時に入店したのですが、待っている間、メインストリート沿いという立地もあり、通り過ぎる方々が気になって店頭のメニューを覗いて行くという風でした。
もちろん開店前には待つ人も数名いられました。


DSCN8714am.jpg


上の階には個室や大広間もあるようですが、私たちが訪れた時はいつも1階のテーブル席です。
今回は入口から一番奥の席に座りました。
前回もそうだったのですが開店30分ぐらいで満席になり、入口で入店を待つ方がいられました。
ですので、特に紅葉シーズンなどのハイシーズンは予約をされた方がスムーズです。


DSCN8721am.jpg


予約時にお料理も注文していたので席に着いてから確認をして、お茶とお茶菓子をいただきました。
気になるお菓子の中身は?


DSCN8728am.jpg


一口サイズのお干菓子でした。
口溶けのよい砂糖菓子なので、口の中に入れるとすぐ溶けてしまう甘い美味しいお菓子です。


DSCN8750am.jpg


しばらく待ってお料理の高野山料理(精進会席)が運ばれてきました。
私たちが注文したお料理は3240円のコースです。


花菱さんのHPでは高野山料理は、摩仁膳 6480円・揚柳膳 5400円・三鈷膳 2160円・料理長おまかせ精進会席 7560円よりのメニューですが、電話予約のみ3240円と4320円のコースもありました。
また予約の場合は、お席とセットでお料理の予約が必要となっています。


DSCN8793am.jpg


私たちが注文したお料理には、三鈷膳にこちらの活盛がプラスされていました。
一瞬、お刺身のように見えたのですが、


DSCN8798am.jpg


生麩や赤こんにゃく、オクラ、茄子、大根、椎茸といった盛り合わせでした。
赤こんにゃくをマグロの刺身のように見立てているのが、魚を使えない精進料理ならではといった感じで、こちらの活盛一品で豪華な雰囲気でした。
タレは酢味噌かなと思ったのですが、酸っぱくなくて胡麻タレに近いような味噌でした。


DSCN8781.JPG


食前酒は山桃酒です。
運転手の夫はお酒が飲めないので、ソフトドリンクにしていただきました。
山桃酒は甘く濃い梅酒のようなものかと思ったけれど、少し酸味のある甘いフルーティなお酒でした。


DSCN8813am.jpg


煮合せです。
生麩やがんもどき、かぼちゃ、椎茸、里芋、インゲンなどを盛り合わせたいわゆる炊き合わせのお料理ですが、薄味かと思いきや、ひとつひとつにしっかりとお出汁の味が染みていて、それでいて素材の美味しさ、食感も感じられる優しいお味で驚きました。
昆布だしをベースに、干ぴょう、椎茸、煎り米から精進だしをとっているそうです。


DSCN8808am.jpg


胡麻豆腐です。
高野山といえば精進料理には欠かせない胡麻豆腐も有名です。
山内には何軒か美味しい胡麻豆腐専門のお店もありますよ。
ぜひ食べたい花菱さんの胡麻豆腐は、あんがかかった胡麻豆腐でした。


DSCN8823am.jpg


モチプルで口当たりの良い胡麻豆腐です。
最高級の吉野くずを使い、丹精込めて手練りで仕上げた胡麻豆腐だそうです。
口に入れた瞬間、ミルクっぽいような、それでいて淡泊なお味の胡麻豆腐に、上品な醤油の風味とわさびのあんがアクセントになっていました。
胡麻豆腐といえばいつもわさび醤油でいただくのですが、あんかけにした食べ方も美味しいですね。


DSCN8804am.jpg


中付です。
青菜としめじのお浸しで、ほんのり柚子風味のお出汁がさわやかでした。
クセになるお味だったので家でも作ってみたい!と思ってしまいました。


DSCN8763.JPG


田楽です。
中央にドンとお皿に盛られた田楽は茄子の田楽です。


DSCN8826am.jpg


田楽味噌がぼってりとふんだんに茄子の上にかけられています。
この味噌が甘くまろやかでした。


DSCN8828am.jpg


専用の木べらのようなのでカットしていただきました。
食べて見ると皮はパリッとしているのに、中はジューシーで蕩けるようなのです。


DSCN8788am.jpg


御飯は白御飯でした。


DSCN8784am.jpg


3種盛のお漬物。


DSCN8770.JPG


そしてお味噌汁です。


DSCN8835.JPG


食事が済んだ後、新しいお茶が運ばれてきました。
最初に出されたお茶と違いこちらはほうじ茶です。
細やかな心配りが嬉しいですね。


DSCN8838am.jpg


最後はデザートが運ばれてきました。


DSCN8847am.jpg


豆乳プリンで、あんぽ柿のような柔らかな柿が盛られていました。
どのお料理も素材を活かした上品なお味で、見た目も美しく美味しくいただきました。
量的には私たちには三鈷膳でも良かったぐらいで、お腹がいっぱいになり満足しました。
スタッフの方々も忙しいぐらい人気のお店なので、できれば予約をして訪れてくださいね。


<花菱>


・住所 和歌山県伊都郡高野町高野山769番地
・電話番号 0736-56-2236
・花菱HP http://www.hanabishi-web.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年11月 6日
« 前の記事「天野の里でおいしいご飯 「客殿」」へ
»次の記事「高野山のお土産におすすめ! 麩善の笹巻あんぷ」 へ
おすすめ記事
    和歌山特派員 新着記事
    高野山のお土産におすすめ! 麩善の笹巻あんぷ
    高野山で花菱の精進料理
    天野の里でおいしいご飯 「客殿」
    スクープなるか!? 「一枚岩の守り犬」
    美女湯温泉で温泉美人に
    天に突き出る「天柱岩」
    一枚岩を眺めながらランチ 「一枚岩鹿鳴館」
    これが岩!? ぜひ見たい古座川の一枚岩
    1年前の同じ月に投稿された記事
    那智の滝を眺められる「清涼亭」
    間近で見る感動の那智の滝
    日本一の那智の滝と飛龍神社
    那智大社で開運&ご利益を!
    創建1700年の那智大社に参拝
    串柿の里 四郷
    高野山の紅葉状況
    世界遺産 熊野那智大社へ!
    潮ざきの立岩巻
    幻想的な橋杭岩

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■和歌山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 和歌山特派員

      和歌山特派員
      麻巳子
      生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集