海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

アメリカ/ワシントンDC特派員ブログ 舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


この夏、姪がアメリカに遊びに来た際に、マンハッタンのチェルシー・ホステル(Chelsea Hostel)というユースホステルに泊まりました。姪は、ロウアー・マンハッタンのチェルシー地区界隈はもちろん、徒歩でアッパーマンハッタンまで散策し隈なく回ったと言っていましたから、交通費は浮いたようですが、ひとつだけ困ったことがあったそうです。二人部屋のルームメイトがひどい風邪で咳をしていたというのです。予約を入れてしまって部屋に入った後にこういうことが判明すると非常に厄介ですが、姪に「ルームメイトの状態を説明すればロビーに行って部屋を替えてもらうことができたんじゃないの?」と訊くと、彼女が「アイム・ソーリー。」を連発するので、気の毒で部屋を替えてもらうことなど思いつかなかった、ということです。


DSC_8734.JPG

世界各地に点在し愛用者が多いユースホステルですが、ホステリング・インターナショナル(Hostelling International)によると、100年以上の歴史を持つユースホステルの発案者は、リヒャルド・シルマン(Richard Shirrmann)というドイツの小学校の教師だそうです。1909年に、児童の幸せと健康を願い子ども達と週末自然の中で過ごすために、彼が校舎に持ち込んだ寝具を使って寝泊まりしたことが発祥のようです。最も古いホステルはドイツのアルテナ城(Altena Castle)ですが、ホステルズ・ドット・コム(Hostel.com)には、世界中33,000以上の施設のリストが紹介されており、HI USAのウェブサイトには、アメリカ国内20州50箇所のホステルの案内が記載されています。ユースホステルといえば、大きなリュックサックを背中に国から国へと長期間渡り歩く若い旅行者のイメージが浮かびますが、ユースホステルの最大の魅力は世界中のメジャーな都市のダウンタウンを中心にどこへ行っても格安料金で泊まることができるので便利なことでしょうか。


IMG_8231.JPG


姪が宿泊したニューヨークのチェルシーのホステルの宿泊料は、3泊で部屋代$158.33、税金が$ 23.43、市のユニット料金が$ 10.50、合計で$ 192.76です。チェックインの際に、鍵のデポジットが$10かかりますが、鍵を無事に返せばチェックアウトの時にそのデポジットは戻ります。


ちなみに、私が2年前に泊まったカリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウン、ユニオンスクエア(Union Square)界隈のオファレル・ストリートのオレンジ・ヴィレッジ・ホステル(Orange Village Hostel)の宿泊料金は税抜きで一泊$57でした。


IMG_1906.JPG


部屋はバンクベッド(二段ベッド)が2つある4人部屋。知らない人と一緒の部屋に寝なくてはいけないという条件付きですが、飛行機のエコノミー・キャビン、バス、寝台列車などで見知らぬ人と同室で寝ることに慣れている旅行者の方には、このことはあまり気にならないかもしれません。界隈の4つ星以上のホテルだと少なくても$250以上の宿泊費がかかるこのエリアで一泊$57は激安です。同室になった韓国人の女の子は、ここに5泊すると言っていました。ホステルのウェブサイトには、「部屋・共有のキッチン・エンターティメントルームやロビーで無料WiFiサービスが利用可、ブランケット・ベッドリネン・ハンドタオル(バスタオルはありません。)付き、ホステル内でスタッフが企画するアクティビティやイベントへの参加可、無料のピザナイト・クラブナイト有り、午前7時から10時までシリアル・ワッフル・オートミール・オレンジジュース・牛乳・コーヒー・新鮮な果物やヨーグルトの朝食付き、ゲスト用のキッチンとダイニングルーム完備、ケーブルテレビやDVDプレーヤー搭載のコミュニティラウンジと洗濯室付き(洗剤は無料)、ロビーの印刷機の利用可、鍵付きのロッカー有り、アイロンとアイロン台の使用可、ヘアードライヤーの無料の貸し出し、ロビーにはツアー情報満載、空港送迎のシャトルサービス有り、エレベーター有り」と記載されていて、アメニティが充実していることがわかります。
$100以下の宿泊費のホテルにはWifi料金が含まれておらず、別途支払いが発生することもあるのです。アメニティの全てを確認してから予約を入れる前に、隣のホテル「スーパー8」の一泊料金を調べてみたら約$178でした。


IMG_1881.JPG

ロビーの奥の古いドア付きエレベーターで2階に上がり細長い廊下を通って寝室のドアを開けると、シンプルな部屋の右手に改装したばかりの清潔そうなシャワー室兼トイレ、左側に鍵付きのロッカー、壁際に白と黒のメタル製のバンクベッドが置いてあり、スーツケースをしまうことができるような奥行のあるワードローブも備えつけてあります。4つに区切られているワードローブの下の段に、機内持ち込みサイズのスーツケースを含むすべての所持品を収納することができました。そのほかにもメタル製のロッカーがあるので、貴重品はそこにしまうこともできます。ドアの脇にもうひとつシンクがついているのは、バスルームが共有だからでしょう。
部屋の中にはテーブルや椅子がないので、自分の空間として使うことができるのはベッドの上のみです。ベッドわきに小さな棚がついているので、そこに飲み物や携帯電話などを置くことが出来ます。装飾品はレプリカの絵画さえない簡素な部屋ですが、夜遅くまで観光した後帰ってきて寝るだけなら十分のスペースです。

IMG_1882.JPG


荷物を収納後、ロビーに一旦下りてロビーのATMで現金を引き落とした後、洗濯室(洗剤は無料)、キッチン&ダイニングとエンターティメントルームがある中2階、キッチンへ行ってみました。

IMG_1987.JPG


使い勝手がよさそうな広いカウンターがあり、電化製品、道具、器類、カトラリーがすべて揃っている上、赤を基調とした色彩のとても温かみのある雰囲気のキッチンです。

IMG_1982.JPG

私は翌朝コーヒーを一杯飲んだだけでしたが、ここでは朝食がフリーです。自分で食材を持ち込んで料理している人達も多いようです。食事をしている人たちとも軽く挨拶をし、隣室のエンターティメントルームでも大型スクリーンでテレビを観ていた人達とお喋りしましたが、世界各国からの旅行者と知り合うきっかけを作ることができるのも建物の中に世界中の国旗が翻るホステル利用の旅の醍醐味です!


IMG_2007.JPG


IMG_1877.JPG


オレンジ・ヴィレッジ・ホステル(Orange Village Hostel)では、ホステルを午前11時にチェックアウトした後、スーツケースを含む全ての持ち物を奥の収納部屋に無料で預かってもらい手ぶらで観光に出かけることができました。

IMG_1901.png


ホステル・ワールド(Hostelworld)のウェブサイトによると、ワシントンDC市内にもいくつものホステルがあります。一泊$21.95より。お好みに合わせてお部屋選びが出来ます。各ホステルで、ルール、アメニティ、部屋のレイアウト等が異なりますので、ご利用の際には、目的地のユースホステルのウェブサイトやホステルのカスタマーサービスにご確認のうえご予約くださいね。


【データ】
オレンジ・ヴィレッジ・ホステル(Orange Village Hostel)
住所: 411 O’Farrell Street. San Francisco CA 94102
☎ 415-409-4000
FAX:415-409-4010
   ❖   ❖   ❖
チェルシー・ホステル(Chelsea Hostel)
住所:251 W 20th Street, New York New York 10011
( 7thと8th Avenuesの間) 
☎1-212-647-0010
   ❖   ❖   ❖
ホステルズ・ドット・コム(Hostel.com)
   ❖   ❖   ❖
HI USA
   ❖   ❖   ❖
ホステリング・インターナショナル(Hostelling International)
   



2018年10月18日

前回のブログで、つい最近泊まったIHG(InterContinental Hotels Group;インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ)のオハイオ州クリーブランドのインターコンチネンタル・ホテルをご紹介しましたが、今日はインターコンチネンタル・ホテルの系列のホリデー・イン・ローリー・ダウンタウン(Holiday Inn Raleigh Downtown)をご紹介します。実は、ここは昨年の春泊まったホテルなのですが、ここを選んだ理由はローリー市内にあるという単純な理由からでした。


ホリデーイン・ローリー.JPG


円柱形のタワー内にある一室なので客室の内部も当然ながら微妙に扇形。もしかすると、部屋のドアを開けた時点で落ち着かないと感じるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、私は、タワーの一階から客室を囲む形で螺旋状に設計された駐車場のほぼ真向かいに位置していた部屋に、車を降りてすぐに出入りすることが出来るシステムがとても気に入りました。エレベーターで各階に止まりながら地下の駐車場まで下りるのは、意外に億劫なこともありますよね。

Holiday Inn NC.JPG


もうひとつとても気に入ったのは、このコーヒーマシーン!ホテルで仕事をしなければならない時には、コーヒーメーカーが必需品ですが、ここには一杯ずつコーヒーが淹れられるK-Cupでお馴染みのキューリグ社(Keurig)のコーヒー・ブリュースターがついていました。窓からさんさんと降り注ぐ朝の陽ざしを浴びながら淹れたての一杯を。。。まさにグッドモーニング!

ホリデーイン コーヒーサービス.JPG


ホリデーイン バスルーム.JPG


さて、私はIHG系列のホリデー・インに犬や猫を連れて宿泊したことが何度もありますが、今回ご紹介したこのローリーのホリデー・インにはペットの連れ込みが出来ませんでした。しかし、このホテルはダウンタウンにあるので早起きして徒歩で街中に繰り出し隅から隅まで街の雰囲気を満喫することが出来ました。ダウンタウンに宿泊すると、観光バス、電車、タクシーなどにかける交通費がかからない(または安上がり)という魅力もありますね。このホテルでは18歳以下のお子様が保護者と一緒に宿泊する場合、お子様の宿泊料金だけでなく朝食も無料というのも魅力です。


ホリデーイン 窓の外.JPG


ちなみに、ワシントンDCもダウンタウンに宿泊できればかなり交通費が浮くと思います。ワシントンDC市内にも多くのIHG系列のホテルがありますが、ホリデーイン・ワシントン・キャピトルでは、21歳以下の方のご宿泊はご遠慮いただいているそうです。また、ここでもペットはご遠慮いただいているということですが、少し離れたIHG系列のキンプトン・トパーズ(Kimpton Topaz)はペット・フレンドリーなホテルで犬や猫を連れてのチェックインが可能なそうです。その場合追加料金が発生しますので、ペットのサイズ、何匹連れているのか等を伝えて料金をご確認ください。万が一ペットがチェックインできない場合でも、滞在するホテルの近くのペット・ホテルなどを紹介していただくことが出来ます。いずれの場合も、IHGのトールフリーナンバー1-800-315-2621に問い合わせると、親切なコンシェルジュが懇切丁寧に対応に当たってくださいますよ。

   ❖   ❖   ❖


【データ】
Holiday Inn Raleigh Downtown
住所:320 Hillsborough St, Raleigh, NC, 27603
☎ 1-800-204-7250

宿泊料金 キングサイズベッドの客室 $179.00~
   ❖   ❖   ❖
Holiday Inn Washington-Capitol
住所:550 C Street S.W. Washington, District of Columbia 20024
☎ 202-479-4000
チェック・イン15:00/チェックアウト 12:00
宿泊料金: ツインベッドの客室 $189.05~
   ❖   ❖   ❖
キンプトン・トパーズ(Kimpton Topaz)
住所:1733 N STREET, N.W., WASHINGTON, DC 20036
☎ 202-737-1200
ご予約: 888-550-0012
メールアドレス:TalkToUs@DonovanHotelDC.com
宿泊料金: シングルベッドの客室 $173.63~
*ペット・フレンドリー、どんなサイズのペットも大歓迎していただけるそうです。

   ❖   ❖   ❖


2018年10月11日

一人旅での外国旅行の際、宿泊施設を選ぶのはなかなか大変なものですよね。インターネットのレビュー・サイトで比較的人気が高いホテルでも、泊まってみると自分の好みに合わずがっかりすることもあるものです。
つい最近インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(InterContinental Hotels Group)系列のインターコンチネンタル・ホテルズ・スイーツ・ホテル・クリーブランド(InterContinental Hotels Suites Hotel Cleveland)に宿泊する機会がありました。

IMG_8108.png


インターコンチネンタル・ホテルズ・グループのホテルといえば、庶民の懐にやさしいホリデー・イン(Holiday Inn)ホリデー・イン・エクスプレス(Holiday Inn Express)が最もお馴染みかもしれません。私も、ペットフレンドリーのホテルが多いホリデー・インには、我が家に小さなマルチーズ犬が2匹いた時何度もいっしょに泊まったことがありました。

IMG_8110.JPG


今回宿泊したクリーブランドのインターコンチネンタル・ホテルには客室が276あるそうですが、使用したのはダブルベッドの部屋。ドアを開けてすぐ左手にバスルーム、右手にクローゼット。クローゼットに続く壁面には細長いライティングデスクとワードローブ用の引き出し、大型のスクリーンが設えてあります。白とベージュが基調の色彩の落ち着いた雰囲気の大きな部屋の中央に、ベッド、そして窓辺にコーヒー・テーブルとレザーの椅子が2脚。

シーツのスレッドカウントは間違いなく300以上はあるだろうという高級感溢れる質感ですが、フロントデスクに打ち込み本数を問い合わせてみるとそれほど高くはなく、ここで使われているシーツのスレッドカウントは240とのことでした。「どこの会社の製品なんですか?家に帰ったらインターネットで探してみます。」とまでは訊きませんでしたが、なるほど、それでエジプト綿のようなこんな柔らかさが出るのか。。。と納得。夜半にチェックインしたのでかなり疲れてはいたのですが、それでも、ものの2、3分で眠りに着くことが出来たのは間違いなくこのシーツの柔らかさのおかげです。以前、ホテル用の高級シーツ1000(TC)を購入したことがありましたが、密度のせいか布地がやたら厚過ぎて重く寝返りを打つたびにする音が気になって後悔したことがあったのを思い出しました。


IMG_8117.png


ベッド以外に大切なのがバスルーム。それほど広いというわけではないのですが、ゆったりしていて何といっても手前にバスルーム・バニティとバスタブ、奥にトイレとガラス戸がついたシャワー室というレイアウトが私の好みにぴったりです。バニティのトップは黒ですが、タイルに使われているストーンがベージュ系の明るい色合いなので重圧感がなくむしろシンプルに見えました。使い心地も満点です。


IMG_8113.JPG


IMG_8114.png


この系列のホテルは、室内プール、ジム、フリーのWiFiサービスはもちろん各種アメニティが揃っていることに定評がありサービスもしっかりしています。クリーブランドのホテルは、隣接するクリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)にスカイ・ウォークでつながっているので、持病などで病院が近いホテルを探していらっしゃる旅行者の方には大変便利です。


IMG_8111.png


インターコンチネンタル系列では、ワシントンDC市内にも最高級のザ・ウィラード、ザ・ワーフと2か所ありますので、ワシントンDCを訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。ホテル内のレストランでのお食事、コーヒータイムだけでもきっとご満足いただけると思います。

   ❖   ❖   ❖
【データ】
インターコンチネンタル・ホテルズ/グループInterContinental Hotels Group
   ❖   ❖   ❖
インターコンチネンタル・ホテルズ・スイーツ・ホテル・クリーブランド(InterContinental Hotels Suites Hotel Cleveland)
住所:9801 Carnegie Avenue : Cleveland, Ohio, 44106
☎ 予約 1-800-496-7621 / フロントデスク 1-216-707-4100
宿泊料金 $214.00~
   ❖   ❖   ❖
インターコンチネンタル・ホテルズ・ザ・ウィラード・ワシントンD.C.(InterContinental Hotels The Willard Washington D.C.)

住所:1401 Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20004
☎ 予約 1-800-496-7621 / フロントデスク 1-202-6289100
宿泊料金 $435.05~
   ❖   ❖   ❖
インターコンチネンタル・ホテルズ・ワシントンD.C.・ザ・ワーフ(InterContinental Hotels Washington D.C. - The Wharf)
住所: 801 Wharf St SW, Washington, DC 20024
☎ 予約1-800-496-7621 / フロントデスク1-202-8000844
宿泊料金 $379.05~
   ❖   ❖   ❖


2018年10月 9日
2018年10月 7日
2018年10月 2日
2018年9月27日
2018年9月27日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ワシントンDC特派員

    ワシントンDC特派員
    舞林鳥 恵
    80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集