海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

アメリカ/ワシントンDC特派員ブログ 舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

この夏も一週間休暇をとって日本へ帰国しました。日本の家族と有意義な時間を過ごしていたのですが、予定を返上しカリフォルニア経由でワシントンDCに向けて飛び立つ前日に、羽田近郊で一泊せざるを得ない羽目に遭いました。そこで、都内で親友と再会したその足で、東京駅からかつて住んでいた横浜へ向かうため、京急で横浜の根岸駅まで行ってみることにしました。うだるような都内の暑さと喧騒を逃れて16年ぶりに降り立った懐かしい根岸駅に降り立った時、なつかしさで胸がいっぱいになり、そのまま駅から道路を渡って坂道を上がり、当時よく友人たちとお茶していたカフェ「ドルフィン」へ行ってみたいという衝動に駆られましたが、翌日の出発に備えて無理を控えることにし、「UNION」に立ち寄った後、家族で食事に行っていた元町のイタリアンのお店「カプリチョーザ」でひとりで食事した後、蒲田の滞在先へ戻って、翌日の出発に備えて早めに休むことにしました。


港未来.png


少し早めに眠りについて真夜中に目が覚めた時、携帯電話に、航空会社からその日のフライトの出発の遅れを知らせる電子メールが入っていたことに気づきました。1時間以上余裕ができた事を知った私は、思い切って朝早く横浜まで出て、みなとみらい駅から山下公園へ向かって歩いてみることにしました。


赤レンガ倉庫.png


地下鉄を出る直前に、ビル内に「ガーリック・ジョー」が入っているのに気づきました。私たちが家族でよく利用していたのは、石川町のガーリック・ジョーだったので、当時を思い出しながら散歩を開始。ワールドポーターズの大観覧車の時計は、7時7分を示していました。港沿いに赤レンガ倉庫へ。


Pilot.png


私が住んでいた頃は、赤レンガ倉庫はひっそりとしていてあの辺から山下公園へ続くプロムナードもなかったような気がしますが、当時の面影を残しながらも、懐かしい横浜は大きく変遷を遂げていたようでした。山下公園のベンチに腰かけて、蒲田駅で買ってきた大きなおにぎりを食べながら、わずかに霞んで見えるベイブリッジを背に小型ボートが行き交うのを眺めた後、よくコーヒーを飲みに行っていた「ホテル・グランド」のカフェの前を通って山手へ向かう勾配を目指します。


homecoming.png

山手界隈には大きな変化が見られないようでした。姉や親友と入ったティーハウスや、山手聖公会もかつてのまま。。。みなとみらい駅を出てから少なくても、2時間以上散策した頃でしょうか。物思いにふけりながら角を曲がって坂道を下りてみると、左手に懐かしい「ウチキパン」の看板が見えてきました。「十番館」も「えの木てい」も今でもあそこに建っているように、元町商店街の多くの老舗が今も当時のままここに存在しているという小さな発見の喜びに支えられて、私は再び滞在先へ戻るべく、石川町駅へ向けて足早に歩き始めたのでした。


【データ】
氷川丸
住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
☎045-641-4362
交通アクセスはこちら!


2017年8月31日

この夏、スピリット航空のエアバス(短胴型小型ジェット機)319Aでボルチモア・ワシントン国際空港(Baltimore-Washington International Airport)からオークランド国際空港(Oakland International Airport)へ向かう旅の計画を立てました。

Redvale CO.png
【画像】コロラド州レッドヴェール(Redvale CO.)上空


カリフォルニア州オークランドまでの直行便で、税金と予約料金とキャンセル料を含み往復料金が$401.39と格安だったので航空券を予約した後、私と同様いつもエコノミー・キャビンを使って旅行している友人に今回の旅の計画を話すと、「(カリフォルニア在住の息子の)Sは「『シートが倒せず座席テーブルの幅が狭いけど、安いからまた使うと思う。』と言っていたわよ。」という情報を共有してくれました。これまでもエアバスは使ったことがありますが、一度も窮屈だと感じたことはありませんでした。友人は、「あれは比較的新しいタイプで、かなり機内が簡素になったそうよ。座席スクリーンもなくて映画も観られないしキャビン・シート・ポケットもついていないから小物を入れるところがなくて困ったそうよ。同じ位の料金でもう少しゆったり型の小型ジェットを探せば?」と助言してくれましたが、私は予定を変えませんでした。

搭乗してみると、座席の周辺は確かに狭くて、キャビン・シート・ポケットはついていませんが、太いゴムバンドで雑誌位は挟めるようになっています。しかも、機内は、夫の現役軍人時代に3人の幼い子どもたちまで乗せて移動していたアメリカ軍の戦術輸送機C-130ハーキュリーズ(C-130 Hercules)に比べると、各段と居心地が良さそうに見えました。運よく窓際の席に座ることが出来たので、カリフォルニアまでの5時間50分のフライトの間、思う存分眼下に広がるアメリカ大陸の景観をエンジョイすることにしました。重い思いをしてデジタルカメラを持ってきた良かった!娘にプレゼントしてもらっていたニコンのレンズが役立ちそうです。


Arapahoe CO.png
【画像】コロラド州アラパホ(Arapahoe CO.)上空

その昔金が発掘されハイクスピーク・ゴールドラッシュが起こったのは、このコロラド州アラパホ郡のサウスプラット川沿い。パッチワークのような緑色の風景に心癒されます。

Monticello.png
【画像】ユタ州モンティセロ(Monticello UT.)上空

そろそろキャニオンランズ国立公園(Canyonlands National Park)に差し掛かります。


Canyon.png
【画像】ユタ州ハンクスビル(Hanksville UT.)

とにかく眼下に広がる峡谷が見事。地層や地形や地質学に興味がある方必見です。また、ハンクスビルを訪れたら火星砂漠研究基地(Mars Desert Research Center)をお見逃しなく。。。


Livermore CA.JPG
【画像】カリフォルニア州リバモア(Livermore CA.)

リバモアバレーを訪れたら、ぜひ地元のワイナリーでワインティスティングを。。。!

Pleasanton CA.png
【画像】カリフォルニア州プレザントン(Pleasanton CA.)

さて、航空機はいよいよオークランド空港付近に近づきました。

行きの機内では、窓の外の景色を眺めたりカメラの中のアルバムの整理をしたり。あっという間に、オークランドについてしまいました!

帰りは座席変更料金$50(変更前の予約の払い戻しが$10ありました。)を支払って、前方の広い椅子に移動させてもらったので楽でした。しかし、座席をアップグレードしても、機内食に支払いが生じることに変わりはありませんでした。荷物に関しては、あらかじめオンラインでチェックインすると少しお得になりますし、オンラインで$9クラブに入会するとさらにお安くなりますが、当日、空港でチェックインをすると、機内用持ち込み荷物に$57、預かり用の荷物に$52かかりますので、荷物の料金だけで片道$109支払うことになります。ハンドバッグやバックパック一つでの旅には安上がりですが、荷物が多くなるようでしたら、これらを考慮して予約した方が良いかもしれません。
             ❖   ❖   ❖

Spirit Food (1).png
【おまけ画像】帰路の機内は、座席も広く足元がゆったりしていて楽々。機内で$14で売られているセットメニューから、スタンダートなチープ・ワインとチーズのセットをオーダーしました。メニューに掲載されているのはスナック(おやつ類)と飲み物のみで、機内食のサービスは一切付きません。支払いはクレジットカードで。。。少しワインを頂いただけでうとうと。広々とした座席を倒して熟睡しているうちに、目的地のボルチモア・ワシントン国際空港に到着していました。

■テーマ2 【サービス】機内食・機内サービス
【データ】
ボルチモア・ワシントン国際空港(Baltimore-Washington International Airport)
Maryland Aviation Administration
Third Floor, Terminal Building
P.O. Box 8766
BWI Airport, MD 21240-0766
☎:お問い合わせの部署をお探しください。
   ❖   ❖   ❖
オークランド国際空港(Oakland International Airport)
住所:Customer Relations
Aviation Marketing and Communications
9532 Earhart Road, Suite 205
Oakland, CA 94621
☎ : 510-563-3300
   ❖   ❖   ❖
スピリット航空(Spirit Airline)


2017年8月31日

ジョージア州と言えば州都はアトランタ。コーラの発祥地として知られるアメリカ南部の都市です。旅行者の方へのおすすめスポットといえばコカ・コーラ博物館(Coca Cola Museum)ジョージア水族館(Georgia Aquarium)アトランタ・ボタニカル・ガーデン(Atlanta Botanical Garden)等が挙げられますし、南部料理には定評があるので、美味しいレストランを探すには事欠きません。典型的な南部料理と言えば、真っ先に連想するのが、ケイジャン料理やクレオール料理でしょうか。フライドチキンにカントリーハム、マッシュポテトにハッシュパピー、フライド・グリーン・トマトやコーンブレッド、デザートのピーチ・パイやピカン・パイも、いわゆるサザン・リビング(Southern Living)に欠かせない、アメリカ合衆国南部を代表する料理です。

Convenience store in GA.png

あまり値段の張らない食堂でも、カウンターの向こうの厨房で恰幅の良い料理人がフライドチキンを揚げている姿を見ただけで、なぜか食欲をそそられる感のある南部料理の数々ですが、もしかすると、意外と知られていないのが、ジョージア州は、全米の落花生の生産高の約50%を占める全米屈指のピーナツ産地であることかもしれません。ここでは、あちこちでピーナツ・ツアーと呼ばれるツアーに参加することも出来ます。


Peanut Patch.png

道路沿いの小さなガソリンスタンドに隣接するコンビニでは、しばしばゆでピーナツ(Boiled Peanut)のスタンドを見かけます。文字通り、お湯の中でぐつぐつ煮込んだピーナツが、クラムチャウダーやチキンヌードルスープを売るのと同じような要領で、当たり前のように売られています。


Peanut hot.png

こちらはケイジャンスタイルの辛いゆでピーナツ。

Peanut original.png

そしてこちらは、オリジナルのあっさり塩味のゆでピーナツ。

Hot Peanut.png

16オンス(約454グラム)の小さなカップいっぱいのゆでピーナツは、$1.99。この日私は、辛いケイジャンスタイルのほうを選びましたが、それほど激辛というわけでもなく、わりとあっさりとした食感です。

peanut and gas station .png

ちょっと不思議なお味のジョージア州のゆでピーナツ、皆様もアメリカ南部へご旅行の際には、ぜひ味見してみてくださいね。


2017年8月29日
2017年8月28日
2017年7月30日
2017年7月25日
2017年7月20日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ワシントンDC特派員

    ワシントンDC特派員
    舞林鳥 恵
    80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集