海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ワシントンDC2特派員ブログ > アメリカ初、話題の「国立アフリカ系米国人歴史文化博...

アメリカ/ワシントンDC2特派員ブログ IBIZA

アメリカ・ワシントンDC2特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月12日

アメリカ初、話題の「国立アフリカ系米国人歴史文化博物館」でカルチャー・トリップ


アメリカ初、話題の「国立アフリカ系米国人歴史文化博物館」でカルチャー・トリップ

ワシントンDCに、アメリカで初めて奴隷や差別も含めたアフリカンアメリカンの歴史と文化博物館として2016 年9 月24 日にOPENしました。


NATIONAL MUSEUM OF AFRICAN AMERICAN HISTORY AND CULTURE

AA1.jpg中に入っていくと、目をそむけたくなるような事実の展示に胸がしめつけられる思いと同時に、
そんな歴史の中で持ち続けた「強さ」と「希望」に 心が打たれます。

AA2.jpgどの世代にも語り継がれるヒーローや伝説と呼ばれる『アスリート、ミュージシャン、政治家、アーティスト』たちの歴史や名言、ルーツが記されています。

AA3.jpg黒人初のファッション誌『EBONY』1945 年の創刊から今年72 年目の今も人気のあるファッション誌です。

AA4.jpg一際目立つ『キャデラック』は、ロック界の伝説のギターリスト、Chuck・Berry[チャック・ベリー]が生前に乗っていたものが展示されています。

他にも、HIPHOPやR&Bなどの音楽の歴史、アフリカン・アメリカンのHair Styleなども含めた文化や、歴史から生まれた思考・モノ・トレンド・アートを知る要素もたくさんあります。

AA5.jpg

博物館を進むごとに深く入ってくる残酷な真実や、その歴史の中で負けず埋もれなかった才能、 たくましい愛と思考で差別の中を歩んできたからこそ力強い著名人の『ことば』が、 ところどころに展示されているのも見ものです。

合計、約33000点の展示物が所蔵されているのでここで紹介しているのは、ほんのわずかな1部分。

すべてに歴史があり物語がありパワフルでインスパイアーされる博物館、行く価値ありです。

世界観が変わるくらい、とてもオススメの博物館です。是非、足を運んでみて下さい。

オープン以降かなり話題なので入場料は無料ですがチケットパス情報をWebサイトから確認して予約しておくほうが良いです。




National Museum of African American History and Culture

国立アフリカ系米国人歴史文化博物館
入場料:無料(タイムパス要/Webから予約
所要時間:約2時間くらい(展示物のみ見学)
Cafe&Shopもあるので人により見方や過ごし方で所要(滞在)時間は約1時間半~5時間くらい

webサイト

1400 Consititution Ave NW, Washington DC, 20560-0007
10:00AM-5:30PM
Tel.010 1 844-750-3012


◎行く前に知っておくと便利なこと
(以下Webサイトより引用の日本語訳)



バスや電車の時間が調べられるリンクはこちら

持ち込みできないアイテムリストはこちら
事前に確認することでスムーズに入場できます。

アプリをダウンロードすると館内Mapや展示物の歴史も見れます。
(アプリ名はNMAAHC Mobile Stories)

館内のショップサイト 。オンラインショッピングも可。
オリジナルロゴNMAAHCグッズが見れてお土産の下調べもできます。
National Museum of African American History and Cultureの略)

歩きやすい靴で行くことをオススメします。

今(2017年6月現在)は、3か月後の9月分の入館パス(Advance Timed Entry Pass)の予約が受付中。
新しい博物館で人気なので、旅行が決まれば早い段階からパスを取得して準備するほうが良いです。

当日パスについてはこちら  

※⑥のような予約方法で残っているパスだけが当日分として朝の6時半からオンラインで予約が開始され数がなくなり次第終了。
(即なくなることも)
そして、当日の1:00pmから建物のMadison Drive側でパス(ウォークイン)の配布がありますが、平日のみで数に限りがあるのと1人につき1枚 なので注意して下さい


・車椅子をご利用の場合・
館内の車椅子の数が限られていて先着順の貸し出し。
可能であればご自身で持参が◎車椅子用の入口は、建物のConstitution Ave側にあります。


・その他DCローカル情報は→こちら

Map

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年6月12日
« 前の記事「期間限定DCの『POP UP STORE』イベントへ出かけよう!」へ
»次の記事「アメリカのリーズナブルなスーパーマーケット『ALDI』でお土産探し!」 へ
ワシントンDC2特派員 新着記事
警戒態勢の首都ワシントンDCから/シンプルな暮らし
マスク着用&ソーシャルディスタンスのファーマーズマーケット
〈アメリカ生活〉ファーマーズマーケットで夏野菜の買い物
#StayHome期間中の散歩風景 in DC
4月のイベント「イースターサンデー」
ワシントンDC春の訪れ&旅行時の服装
ワシントンD Cで見つけた春(植物&風景編)
お土産にもオススメ!アメリカ「ハロウィン」のお菓子

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ワシントンDC2特派員

    ワシントンDC2特派員
    IBIZA
    2017年からワシントンDC在住。 2002年に初渡米。その後、ヨーロッパ・中東・アジアを旅行で行く中でも、最初に訪れたアメリカ東海岸に強い縁を感じ、アメリカ好きに。 趣味は写真撮影・ウォーキング・新しい場所に行くこと。 ワシントンDCの新たな魅力を発信します。 DISQUS ID @disqus_nR2q2zr1ga

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集