海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ワシントンDC4特派員ブログ

アメリカ/ワシントンDC4特派員ブログ ゴボニーみほ

アメリカ・ワシントンDC4特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは!
本日は、日本でも様々なニュースが飛び交ったハロウィーンについてです♪

近年は日本人も仮装をしてパレードに参加したり、ショッピングセンターなどでトリック・オア・トリートを開催している所も多々見かけるようになってきましたが、アメリカのように近所の家々を回るという文化はやはりまだ日本には浸透していないのではないでしょうか?

アメリカでは、それが何曜日でも構わず
トリック・オア・トリートは10月31日の暗くなるころから行われます。
今回、初めて参加しましたが私のイメージとは違うところがいくつかあり驚きました。

驚いたことその1「必ずしも自宅周辺を周るわけではない」ということ!

ハロウィーンが来る前に思っていたことなのですが、私の家の周りは隣の家と家の間隔が広く(ザ・田舎!)
それらを歩いて周るというイメージがどうも湧かなかったのですが… そちらの答えが…

「住宅密集地まで車で移動する!」でした。

そう、トリック・オア・トリートをするのは
必ずしも「自宅周辺」ではなく好きな所で周ることが出来るのです。
今回は義理の兄家族と一緒に、車で10分ほど移動して徒歩で周りました。

halloween1.jpg

着いた頃は子供たちはチラホラいたくらいですが、空がどんどん暗くなると人数も増えていきました。

halloween5.jpg

ここでも、驚いたことその2「家を全て周るわけではない!」でした。
みなさんのイメージはどうでしょうか?
私の中では家を1軒ずつノックして「トリック・オア・トリート!」と言うイメージを持っていたのですが…

基本は、玄関先で家主がお菓子を用意して待機している家だけを周りました。
そうすることによって、アメリカの中でもイベント嫌い!ハロウィーン嫌い!!という方もいるので
そういう方たちに煩わしさを与えずにイベントを追行することができるということなんです。

家主は玄関先のソファに座り、お菓子のボウルを片手にお酒を飲んだり、ピザを食べたり…
仮装をして待機している方も多かったです。
中には、待機していたのに気づかずに通り過ぎてしまい、追いかけてくれた方もいました(笑)

halloween3.jpg

halloween6.jpg

トリック・オア・トリートは子供たちのイベントなので、必ず親同伴で周ります。
子供たちは色々な仮装をしていましたが、家族総出で仮装、子供だけ仮装など様々でした。
今回よく見かけたのは、インクレディブルファミリーの仮装でした!

家を訪ねる時は「トリック・オア・トリート!」
(イタズラかお菓子=お菓子くれないとイタズラするよ!)ですが
その他にもう一つ、よく言う言葉が…

「ハッピーハロウィーン!!」でした。

道ですれ違う子供たちと「ハッピーハロウィーン!」
お菓子をたくさん貰って嬉しそうな子供たちがとても印象的でした。
私も子供のころにこのイベントがあったらなー!と切に願った夜でした(笑)

halloween7.jpg

19時頃から1時間ほどあるいた結果です!(すでに皆で食べてしまい少し減った状態ですが笑)

もしもお子さんと一緒にハロウィーンの時期にアメリカを訪れる際は
ぜひ仮装して、トリック・オア・トリートをやっている住宅街を訪れてみて下さい。
その際は、大き目のカゴを忘れずに!


2018年11月 5日

はじめまして!この度、ワシントンDC4特派員を務めさせて頂くゴボニーみほです。
2018年7月に国際結婚のためアメリカバージニア州に引っ越してきました。バージニア州と言うと、皆さん「バージニアビーチ」を思い浮かべる方がたくさんいるのではないでしょうか?
私が住んでいる地区は、バージニア州の北部「ノークスビル」と言うところで、日本人はほとんど見かけない(2000年の時点で日本人の人口はわずか1人です。笑)ですが、近辺には日本人にはあまり知られていない、アメリカ規模ならではの見どころがたくさんあるので紹介していきたいと思います。
また、アメリカの首都であるワシントンD.C.へは車で40分もかからないので、バージニア州北部とワシントンを中心に観光名所や文化などをお届けしていきます!

本日1回目は、ワシントンにほど近い「スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター」(カタカナばかりで覚えにくいので…)別名「国立航空宇宙博物館(別館)」についてですが、なぜ「別館」なのかと言うと、本館がDCにスミソニアン国立航空宇宙博物館として存在しているからなのです。
本館についても別記事にてご紹介しますが、オススメはこちらの別館です!

airspace1.JPG

なにより展示物の量と迫力が違うので、博物館に入った瞬間、航空好きも、そうでない方も圧巻間違いなしです。広い空間に色々な飛行機が展示されています。

airspace2.JPG

airspace3.JPG

airspace4.JPG

airspace5.JPG

また、ステルス機を含め多くの軍機が展示されていますが日本人としては見逃してはいけない、ひときわ輝く軍機があります。

airspace6.JPG

「エノラ・ゲイ」と聞いてピンと来る方もいるでしょうか?私は正直、説明文を読むまで機体を見ても分かりませんでした。こちらの軍機は、広島に原爆を落とした実際のものです。

airspace7.JPG

写真では伝わりにくいかもしれませんが、目の前にすると凄い迫力で、これが実際に上空から飛んでくると思うとゾッとしたのを覚えています。日本人にとっては悲しい出来事でしたが、そういった実際にあった歴史を目の前にして学べることが、博物館の良いところだと私は思います。

airspace8.JPG

館内の奥へと進むと、これまたひときわ大きいスペースシャトルが目に入ってきます!

airspace9.JPG

スペースシャトル「ディスカバリー」です。

airspace10.JPG

airspace11.JPG

実際に何度も宇宙に飛び帰還した機体は、黒く焦げている部分もありよりリアルに感じました。
ぜひ訪れてその大きさを体験してみて下さいね!

場所は、ワシントン・ダレス国際空港から車で約10分の距離でとても近いので、空港に着いたらワシントンに向かう前に、まずこちらに来るのもアリではないでしょうか?

入館料はワシントンの博物館と同じく無料です!ただし、駐車場代15ドル(2018年10月時点)かかるのでご注意下さい。

住所: 14390 Air and Space Museum Pkwy, Chantilly, VA 20151-3002
電話:+1 703-572-4118
営業時間:毎日(12月25日を除く)10:00-17:30
公式HP:https://airandspace.si.edu/udvar-hazy-center


2018年10月30日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ワシントンDC4特派員

    ワシントンDC4特派員
    ゴボニーみほ
    2018年7月に国際結婚のために渡米しました!徒歩圏内に3つの映画館、見渡せばコンビニだらけの都会生活から一転、車がないとスーパーにも行けない、見渡せば森・馬・広大な土地…なワシントンD.C.より少し下、バージニア州北部でアメリカ人の旦那、義両親、4匹の犬と生活しています。まだまだ慣れないアメリカ生活から観光・グルメ・文化・アメリカ面白話など、生の声をお届けしていきます!Instagram:porin1984 DISQUS ID @d_c_web

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集