海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ワシントンDC4特派員ブログ > アメリカで国際結婚!市民結婚式とサムシングフォーに...

アメリカ/ワシントンDC4特派員ブログ ゴボニーみほ

アメリカ・ワシントンDC4特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月 3日

アメリカで国際結婚!市民結婚式とサムシングフォーについて


アメリカで国際結婚!市民結婚式とサムシングフォーについて

こんにちは!今回はバージニアで行った結婚式についてお話ししていきたいと思います。
私たちが行ったのは「市民結婚式(シビルウェディング)」と呼ばれているものです。
日本に置き換えると、籍を入れに役所を訪れてその場で簡易結婚式を行う、と言うととても近い気がします。
しかし実際に私たちが行くのは「裁判所」でした。(州によって管轄場所が異なります)

wedding1.JPG


担当地域の裁判所に行き、必要書類を提出し「結婚許可証(マリッジライセンス)」を取得する必要があります。
結婚許可証には有効期限があるので90日以内に結婚をしなければいけません。
書類を提出した際に、「この内容に偽りはないか」などの宣誓をする必要がありました。
右手を上げながら「Yes, I do」と結婚式さながらの宣誓を行い
空きがあればそのまま簡易結婚式へ移ることもできましたが
私たちは決めた日にちがあるのでまた改めて同じ場所を訪れることとなりました。

アメリカの結婚式の文化に「サムシングフォー」というのがあるのはご存知でしょうか?
直訳すると「なにか4つ」と言う意味で...
「何か新しいもの」「何か古いもの」「何か借りたもの」「何か青いもの」
を身に着けて結婚をすると幸せになれるという言い伝えです。
私も映画などで耳にしたことはあるものの、実際にまだ今もその文化があるのかと半信半疑でしたが
結婚式当日、義母から「サムシングフォーって知ってる?」と聞かれて驚きました。

wedding2.JPG

そこで私は、義母から「借りた古い指輪」、実母とお隣さんから貰った「新しいブレスレット」
夫から貰った「青いイヤリングとネックレス」を身に着けて結婚式を行いました。
結婚式当日はどんな服装でも構いません。ジーパンにTシャツでもOK!
しかし、やはり結婚ということで白いドレスやカラードレスで華やかに着飾った方々を多く見かけました。
私も白で統一し、再び裁判所へ向かいました。

裁判所と言っても、婚姻関係の事務所は閑散としていて数人のスタッフがいる小さな事務所でした。
そこの待合席で予約の時間を待ちます。

時間より早めに名前を呼ばれ、担当の男性から貸出用のブーケを渡されました。
実は、義母も私もブーケの事はすっかり忘れており「持ってくれば良かった!」と言っていたところで
運良くブーケも用意されていることに驚きました。

wedding4.JPG

やはり結婚式ということで、担当の男性も終始にこやかでとても良い雰囲気だったのを覚えています。
婚姻関係の事務所へ行く時に通った廊下を戻り、「こちらでお待ちください」と言われたので
てっきり近くのドアから前のカップルが出るのを待つ場所かと思いきや...
その道端こそが結婚式を挙げる場所でした!(笑)ものすごい道端です!

wedding5.JPG

普通に人が通るところなので、看板には「お静かに!」と書かれています。
私たちの時も、通りすがりのスタッフさんなどが足を止め私のつたない英語の宣誓を笑顔で見守っていました。
宣誓を担当した女性のあとに続き、全く同じ事を言えばいいのですが
緊張と英語力の問題でものすごい小声になっていました(笑)

宣誓が終わると担当者にサインを貰い、ブーケを返して再び事務所へ戻ります。

wedding6.JPG

ここでようやく結婚したことが認められ
今度は「結婚証明書(マリッジサーティフィケイト)」を受け取ることができます。
その証明書は今後、永住権などの申請に必要なとても大事な書類です。

州や行政などによって、市民結婚式でも役所内に小さな教会のような場所があったり
写真を担当してくれるスタッフがいたりと様々な形があるようです。

簡易的に結婚式を挙げることのできる「市民結婚式」は事務所を訪れて30分ほどで終了しました!
日本の「籍だけ入れる」という感覚と同じですが
宣誓などがあったり、ドレスアップしたりとアメリカならではの文化に触れることができました。


観光や国際結婚に関する質問などはこちらへ♪Instagram:porin1984

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年12月 3日
« 前の記事「暗闇の中で!光るミニゴルフへ行ってきました。」へ
»次の記事「リッチモンド★バージニア科学博物館」 へ
おすすめ記事
    ワシントンDC4特派員 新着記事
    リッチモンド★バージニア科学博物館
    アメリカで国際結婚!市民結婚式とサムシングフォーについて
    暗闇の中で!光るミニゴルフへ行ってきました。
    アメリカ東部最大!大迫力のルーレイ鍾乳洞
    本場のトリック・オア・トリート!
    【はじめまして】国立航空宇宙博物館(別館)

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/10更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ワシントンDC4特派員

      ワシントンDC4特派員
      ゴボニーみほ
      2018年7月に国際結婚のために渡米しました!徒歩圏内に3つの映画館、見渡せばコンビニだらけの都会生活から一転、車がないとスーパーにも行けない、見渡せば森・馬・広大な土地…なワシントンD.C.より少し下、バージニア州北部でアメリカ人の旦那、義両親、4匹の犬と生活しています。まだまだ慣れないアメリカ生活から観光・グルメ・文化・アメリカ面白話など、生の声をお届けしていきます!Instagram:porin1984 DISQUS ID @d_c_web

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集