海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ワイマール特派員ブログ

ドイツ/ワイマール特派員ブログ サナ

ドイツ・ワイマール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

憧れの古城ホテルに泊まってみたい方にお勧めのホテルの紹介です。THÜRINGER州 EISENACH市にあるWARTBURG(ヴァルトブルク城)です。日本ではあまり有名ではありませんがドイツでは誰もが知る歴史のあるお城で、さらにUNESCO世界遺産に登録されているとても美しいお城です。
P6140037.JPG
ヴァルトブルク城は1067年に建設され、既に1000年以上の歴史を持ち1999年にUNESCO世界遺産に登録されました。1521年Maetin Luter(マルティン・ルター)が隠れ住み、それまではごく一部の人しか読むことのできなかった聖書をラテン語からドイツ語へ翻訳した場所として有名です。また、城の中にある華やかな祝宴の大広間では命を掛けての歌合戦が日々催されていたそうです。
P6140013.JPG
ヴァルトブルク城へのアクセスですが、フランクフルトからICEで約2時間、ワイマールからは30分で到着です。EISENACHの駅からバスに乗って約15分でお城近くまで行くことができます。WARTBURG行きのバスは一時間に一本出ています。料金は2ユーロだったと思います。曜日、季節によって時間は変わるのでバスターミナルにある時刻表で確認するか、案内所(乗り場のすぐ向かいにあります)で聞いてみてください。ヴァルトブルク城最寄のバス停からは歩いて10分程でお城の門まで到着します。もし歩くのが不安場合はバス停からお城までのシャトルバスが出ているので利用できます。こちらも2ユーロです。

バスでの移動もいいですが、時間と体力があるようなら歩いてお城まで行ってみてください。山の上に建っているお城なので山の中のハイキングを楽しみことができます。60分程度で駅からお城までハイキングすることができます。駅には大きめのコインロッカー(1日4ユーロ)があるので、アイゼンナハに泊まる予定がなくても荷物を預けて観光だけでもしてみてください。
P6150070.JPG
昔から荷物の運搬の助けにロバを使っていたそうです。お城の中にはロバ使い専用の部屋までありました。現在はバス停の近くにESEL STATION(ロバ駅)があります。ロバの出勤は不定期ですが、子供は乗ってお城まで運んでくれるそうです。私が行った際はロバの休日だったようで、会うことができませんでした。週末はほぼ必ず営業するとのことです。アイゼンナハはロバとの歴史があるので、名産のビールやお土産でロバを見つけることができます。

さて肝心のお城の観光ですが、門をくぐって敷地内の散歩は無料ですることができます。冬にはお城の敷地内でクリスマスマーケットが開催されます。(今年こそヴァルトブルク城クリスマスマーケットには行く予定なのでその際にまた写真で紹介できたらと思います!)お城の中の見学はツアーのみです。ツアーは30分ごとに行われているそうです。お城の門をくぐってからすぐ右側にチケット案内の看板があり、その建物の中でチケット購入とツアーの時間を案内してもらえます。ツアーは7ユーロです。毎日13時30分のツアーは英語で、そのほかのツアーはすべてドイツ語になります。チケット購入の際に日本人と伝えると、日本語のパンフレットはもらえますがツアーではドイツ語なのでお城の中を見学予定の場合は少しお城のことを予習しておくと、より楽しめるかとおもいます。
P6150058.JPG
ヴァルトブルク城に宿泊する場合は、宿泊、夕飯、朝ごはん、お城のツアーがすべて込みのパックがあります。2人で約400ユーロです。宿泊だけなら250ユーロ以下なので、古城ホテルにしては少しお徳かなとおもいます。宿泊者の特典は夜、ライトアップしたヴァルトブルク城を楽しめることかと思います。お城の営業時間は4月から10月は8時30分から20時、11月から3月は9時から17時です。営業時間を過ぎると観光客がいなくなるので、ライトアップされたお城を間近でゆっくり楽しめます。
P6150067.JPG
今回、すべて込みのパックで宿泊したのですが、夕食はドイツ料理のコース、朝食はドイツ式のビュッフェでした。夕食のメインはイノシシの肉の煮込みとジャガイモ団子で、チューリンゲンの料理を堪能できます。飲み物は込みではないのでお気をつけください。朝のビュッフェは卵料理をえらんで注文できます。マッシュルームオムレツやベーコンツキ目玉焼きやゆで卵など、なんでも大丈夫です。そのほかは飲み物以外冷たいものとなります。チーズやハムが種類豊富でおいしかったです。このホテルは結婚式にも人気のようで、平日にもかかわらずパーティをしているカップルに遭遇しました。とても素敵な古城ホテルなので、是非候補のひとつにしてみてください。

ホテル名Romantik Hotel auf der Wartburg 住所Auf der Wartburg, 99817 Eisenach, Deutschland
(ロマンティック ホテル アウフ デア ヴァルトブルク)サイトhttps://wartburghotel.de
ヴァルトブルク城のサイト https://www.wartburg.de/de/


2018年7月14日

ドイツにきて驚いたことの一つにアイスの文化があります。私の中で日本でのアイス屋さんといえば若い女の子中心の客層が想像していましたが、ドイツのアイス屋さんではおじさんグループがめずらしくありません。3人組みの50歳を超えた男性グループがアイスクリームサンデーを囲んで座っているのをはじめて見たときは、少し驚いてしまいました。その後すぐにわかったことは、ドイツ人は年齢も性別もまったく関係なく誰もがアイスを好むということです。ドイツ人の知り合い曰く、ドイツに移住してきたイタリア人がアイス屋をはじめ人気がでたので味は本場の味で美味しく、値段はドイツの物価に合わせているのでイタリアよりも安い。安くて美味しい、ドイツはアイスクリーム天国だ。とのことです。
DSCN5323.JPG
店によって多少違いはありますが、店頭で売られているアイスは1玉1.5ユーロが相場です。バニラやチョコレートの定番から卵のお酒のEierlikör味など珍しいものもあります。注文の仕方はまず味を決め、数を決めます。それから、カップかコーンかを聞かれるので好きなほうを言います。たとえばEine Schokolade Kugel mit dem Becher bitte.(1玉チョコレートアイスをカップでください)二つ以上の場合はKugelのあとにund eine Eierlikör Kugelのようにどんどん増やしていけば大丈夫です。Becher(ベッヒャー)はカップなのでコーンが良い場合はmit der Waffel(ワッフェル)です。小さな町にもアイス屋さんはあるので、滞在中にたくさん試してみてください。
DSCN5320.JPG

店頭のアイスもお手軽でいいですが、天気が良くもし時間があったらテラス席に座ってみてください。面白いメニューがたくさんあります。ドイツで定番なのはスパゲティアイスです。アイスをパスタマシーンに入れてアイスをまるでパスタのようにします。野菜のかわりにはたくさんのフルーツ、チーズのかわりには刻んだホワイトチョコ、トマトソースのかわりにイチゴソースをたっぷりのせて完成です。大きなお皿いっぱいに出てくるのではじめは食べきれるか心配ですが、ソースの程よいすっぱさとフルーツのさわやかさで完食できてしまうのが不思議です。
DSCN5322.JPG
ワイマールのシアタープラッツの横にあるEiscafè Veneziaはワイマールで一番大きく立地もいいので大人気のアイス屋さんです。20年以上続いているお店なので地元のお客さんから観光客までいつもたくさんの人でにぎわっています。このお店にはソーセージアイスがあります。味は普通のアイスで形だけなので気になった方は安心して試してみてください。

Eiscafè Venezia  住所Theaterplatz 1, 99423 Weimar


2018年7月 6日

ワイマラナーは日本ではあまりなじみのない犬種かと思います。カール・アウガスト大公が猟を好み、猟犬として活躍したこの犬がワイマラナーと名付けられたそうです。彼が活躍したのは1757年から1828年です。それ以降ドイツで血統を守られ貴族しか飼育が許されない、貴族のための犬として扱われていたという歴史を持ちます。現在は一般市民でも飼うことができる犬になりました。町を歩いているとたまにワイマラナーを見かけるとこができます。
DSCN5398.JPG
先日、散歩中の子供のワイマラナーに遭遇しました。そしてあまりの可愛さに散歩中の飼い主さんに声を掛け写真を撮られせてもらいました。小さいのにお座りもできるいい子でした。ワイマラナーは耳が垂れ、毛は短いのに柔らかく、グレーのようなベージュのような上品な毛色を持つ大型犬です。猟犬なので運動量が多いこと、他人に対して警戒心が強いことなどもあってか飼い主の方は2年ほど飼育を悩んだそうです。
DSCN5397.JPG
本当にかわいくていい子だったワイマラナー、また偶然街で会いたいです。個人的な話ですが、いつか飼育環境を整え家族に迎えるのが夢です。
ドイツの犬事情ですが、日本よりもしっかりしつけされていると感じます。リードなしで歩いてる人を公園などでたまに見かけますが、飼い主に従いほかの犬がいても離れません。そして電車はもちろん、めがね屋さんやレストランにも犬と入店できます。道中には犬の糞のためのゴミ箱と袋があり、犬の糞を道端で見かけることはあまりありません。犬の扱われ方がドイツ国内でも地域によって異なるのもおもしろい点かと思います。以前、ベルリンに住んでいたのですがワイマールに比べるとベルリンはもっと犬が自由に扱われていました。ドイツに旅行で来た際には犬の種類や扱われ方を比べながら各都市を回ると違った楽しみ方ができるかもしれません。そして、ワイマールでは是非ワイマラナーをさがしてみてくださいね。


2018年6月26日
2018年6月13日
2018年6月 7日
2018年6月 5日
2018年5月29日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ワイマール特派員

    ワイマール特派員
    サナ
    現在はドイツの田舎町ワイマールに在住。日本ではアロマテラピーを学びハーバルセラピストの資格を取得しながらハーブやアロマ、自然派のスキンケア商品の販売員をしていました。過去二年間オーストラリアでの生活を経験しながら、タイ、インドネシア、ハワイなど世界中旅をしてきました。昨年ラスベガスで入籍。バックパッカーを引退し今はドイツ語を習得するため語学学校に通っています。 DISQUS ID @disqus_sC7UwnZFqd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集