海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

イギリス/ウェルシュプール特派員ブログ キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Sut Mae!(シュマイ!こんにちは!)
6月に入り、ウェールズは初夏の陽気が続いてます。
そして、ウェールズ屈指のイギリス庭園「ボドナント・ガーデン(Bodnant Garden)」 では名物「キングサリのアーチ(Laburnum Arch)」が今年(2021年)も見頃を迎えました!
IMG_6012.jpg
▲ ボドナント・ガーデン名物「キングサリのトンネル」

イギリスで「ラバーナム(Laburnum)」と呼ばれている「キングサリ(金鎖)」は別名「キバナフジ(黄花藤)」、ヨーロッパ原産のマメ科キングサリ属の落葉樹です。
IMG_5977.jpg
▲ キングサリの花言葉は「哀愁の美」「はかない美しさ」

名前の通り、黄金色の鎖が連なって藤棚のように咲くキングサリは毎年5月末から6月初めに見頃を迎えますが、ボドナント・ガーデンでは6月1日に満開となったキングサリの様子がソーシャルメディアに公開されました。
現在、ボドナント・ガーデンの見学には事前のウェブ予約&チケットの購入が必要ですが、昨年はロックダウン中に見頃を迎えてしまったこともあり、今年は例年以上の見物客でにぎわっているようです。私が訪ねた平日でさえも閉園間際までキングサリのアーチ入口には順番待ちの列ができていました。
IMG_5974.jpg
▲ キングサリのアーチ入口に設置された案内板

1880年に造られたキングサリのアーチは長さ55m。色鮮やかな黄色のトンネルをゆっくり通り抜けながら、思い思いに花の観賞や撮影を楽しむことができます。

広さ80エーカー、東京ドーム約7個分の広大な庭園にはスノードロップやブルーベル、モクレン、水仙、シャクナゲ、バラ、睡蓮など、イギリスの花木はもちろん、世界中で収集された多種多様な植物が栽培されているので、季節毎に違った花や景色を観賞できますが、やはり「キングサリのアーチ」が見頃を迎えるこの時期が一番人気があるようです。
IMG_5999.jpg
▲ イギリス最古で最長のボドナント・ガーデン「キングサリのアーチ」(2021年6月7日撮影)

事態が収束し、安心して旅行ができるようになったら、訪れてほしい北ウェールズのおすすめの場所です。


【Bodnant Garden】
・入園料: 大人£8.00/ 小人£4.00(2021年6月現在)
・住所: Gardd Bodnant Garden, Tal-y-Cafn, LL28 5RE
・URL: http://www.nationaltrust.org.uk/bodnant-garden





2021年6月11日

Sut Mae!(シュマイ!こんにちは!)
ウェールズのロックダウン緩和はいよいよ最終段階を迎え、レストランやパブは屋内での営業を再開しました!他にもホテルやキャンプ場など宿泊施設やSL、古城などの観光施設も再オープンし、ウェールズはホリデー&観光シーズンに向けて動き始めています。
私もこの夏はウェールズで古城巡りを楽しむ予定です。
そこで今回は緩和直前に訪ねた【世界遺産】の古城のひとつ「ハーレック城(Harlech Castle)」を紹介します。
いまだ新型コロナウイルスが猛威をふるっていますが、事態が収束したら訪れてほしいおすすめの場所です。
IMG_5033.JPG
▲ ウェールズ国旗がはためく「ハーレック城」

■ 美しい岩の城『世界遺産ハーレック城』
ウェールズ北西部の町ハーレック(Harlech)にあるハーレック城はイングランド王エドワード1世がウェールズ征服のため、1282〜89年にかけて建てた要塞城です。
ウェールズ語で「美しい岩」の意味をもつ城は高さ約60メートルの岩山の上に築かれていて、築城当時は西側が海に面していたことから、麓には船着き場もかねた城門が造られました。現在は海まで約1.6kmほど土地が広がり、城下には道路や鉄道が走っています。
IMG_5637.jpg
▲ 城内に展示されている完成当時のハーレック城の模型

ウェールズには多くの古城がありますが、エドワード1世が築いた10の城塞は北ウェールズを中心に環状に散らばっていることから「アイアン・リング(鉄の環)」と呼ばれ、そのうちハーレック城を含む4つの城が『グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁』として世界遺産に登録されています。
IMG_5095.jpg
▲ ハーレック城入口に印された世界遺産マーク

現在、ハーレック城の管理・運営はウェールズ政府関係機関の「カドゥー(Cadw)」が行っています。
カドゥーが発行している古城巡りに便利なツーリングマップは北中部版と南西版があり、ハーレック城は北中部版に掲載されています。マップはウェールズ各地の案内所や大型スーパーなどで無料配布されているので是非、活用ください。
cadwmap1.jpg
▲ カドゥー発行のツーリングマップ(2019-2020版) / 北中部版(右)の表紙の写真はハーレック城

2021年5月現在、ハーレック城の見学はオンラインによる事前予約制になっていて、あらかじめチケットの購入が必要です。
入場時にはスタッフが予約確認メールに添付されたQRコードを読み取り、ソーシャルディスタンスを保ちながら、ショップやWC、カフェ(5月17日より営業再開)、展示室の前を通って城へ向かいます。
IMG_5060.jpg
▲ 跳ね橋跡にかけられた白い橋を渡って城内へ

IMG_5062.jpg
▲ 城入口のゲートハウス

橋を渡り、2本の半円形の小塔をもつ城門をくぐって頑丈なゲートハウス(Gatehouse)の中へ。頭上には落とし格子戸の跡もあり、3重の扉で外敵の侵入を防御していたことがわかります。
大きなゲートハウスの上階には住居スペースの他にゲストルームもあり、煙突跡の配置から各部屋にはセントラルヒーティングが施されていたとされます。
IMG_5065.jpg
▲ ゲートハウス内部の様子

IMG_5063.jpg
▲ ゲートハウスについての案内板

ゲートハウスを通り抜けると中庭(Inner Ward)があり、その周りを取り囲むように西側にはキッチンと大広間(Great Hall)、北側には教会やパン焼き窯(Bakehouse)、井戸(Well)の遺構が残ってます。
IMG_5074.jpg
▲ 中庭から撮影したゲートハウス

IMG_5072.jpg
▲ 大広間に設置された城内についての案内板

IMG_5071.jpg
▲ 大広間から撮影したパントリーやキッチンの遺構

ハーレック城はほぼ正方形で四方には円形の塔(Tower)があり、最上部で繋がっているので城壁を歩きながら移動することができます。今回は新型コロナ対策により城壁は閉鎖されていましたが、5月24日より見学可能となってます。
IMG_5079.jpg
▲ 塔内部の様子

IMG_2562.jpg
▲ 城壁から撮影した大広間の遺構(右下)とカーディガン湾[2017年1月撮影]

また城壁の外側には外庭(Outer Ward)もあり、さらにその外側を外城壁が囲んでいました。現在、外城壁はほとんど残っていないため、外庭からは周辺の眺望が楽しめます。
IMG_5077.jpg
▲ 外庭から撮影した西側城壁

ハーレック城はウェールズ最後の英雄オワイン・グリンドゥールによって占領された時期があるほか、バラ戦争や清教徒革命など度々争奪戦が繰り広げられた歴史的にもとても重要な場所です。
城の内部は廃墟化していますが、遺構や外壁は保存状態も良く、外観は美しさも感じるほどで歴史や世界遺産、古城好きにはおすすめの観光スポットです!

■ ハーレック城への行き方
・ ロンドン・ユーストン駅から鉄道でバーミンガム・ニュー・ストリート駅、シュルーズベリー駅と2回乗り換えてハーレック駅へ(約6時間30分)。
・ ハーレック駅からハーレック城まではおよそ900m、徒歩約15分。
IMG_5039.JPG
▲ ハーレックの町の案内標識

■ Harlech Castle
・ 住所: Harlech LL46 2YH
・ URL: 
https://cadw.gov.wales/visit/places-to-visit/harlech-castle

・ 入場料: 大人£6.90 小人(5-17歳)£4.85 
・ 営業時間 : 4/6-6/30 10am-5pm 、7/1-8/31 10am-6pm 、9/1-10/31 10am-5pm
※ 2021年は新型コロナ対策により営業日時や見学についての変更が多くなっています。お訪ねの際は事前に上記のウェブサイトで最新情報をご確認ください。




2021年5月31日

Sut Mae!(シュマイ!こんにちは!)
曇りがちなウェールズもここ数日はぽかぽか陽気が続き、庭のりんご花も満開になりました。
そして、わが家の元気な鳥たちも庭でにぎやかに過ごしてます。
IMG_4888.jpg
▲ 満開のりんごの花とわが家のニワトリたち(ナンキン:茶色 / チャボ:白黒)

義父が大の鳥好きでわが家には数種類のニワトリ以外にもアヒルやカナリア、インコ、クジャク、キジ……と大小さまざまの鳥がいます。
もちろん、それぞれ庭に専用の鳥小屋があり、その中で飼育してるのですが、ニワトリとアヒルは基本的に「フリーレンジ(Free-Range)」と呼ばれる放し飼いなので日中は庭を自由に歩きまわってます。
IMG_4179.jpg
▲ 庭でのんびり散歩するニワトリ(チキン)たち

IMG_4189.jpg
▲ 日向ぼっこを楽しむアヒルたち

IMG_4937.jpg
▲ カナリアとインコの飼育小屋には野鳥用のバードフィーダー(餌台)をいくつも設置。小屋の前を散歩しているのは小さなニワトリのバンタム

IMG_4482.jpg
▲ 大きなクジャク小屋には高さが異なるふたつのパーチ(止まり台)も設置。クジャクたちのお気に入りスポット

ウェールズには野生のキジも多く生息し、狩猟時期(秋から冬)はキジ狩りを楽しむ人も少なくありません。
わが家のウッドランドや庭でもよく見かけますが、ペット用に繁殖された義父のキジとはまた色彩が異なります。
IMG_4977.jpg
▲ 色鮮やかな雄キジと地味な雌キジ

さて、わが家では可能な限り自然に近い環境で鳥たちを飼育しているので、ニワトリやアヒルたちは秋から冬にかけて休産に入り、春になって産卵シーズンを迎えます。また、キジとクジャクも春から夏が繁殖期なので、いまの時期に卵を産み始めます。
IMG_4688.jpg
▲ キジ小屋内部の様子。雌キジと2021年最初の卵(5月2日撮影)

IMG_4933.jpg
▲ 卵の大きさ比べ。左からゴルフボール、バンタム、キジ、チキン、アヒル、クジャクの順

そして、毎年この時期になると義父がインキュベーター(孵卵器)を数台使い、鳥たちの繁殖を試みます。
卵が孵化するまでの日数はインキュベーター内の温度や湿度、個体差によって異なりますが平均して、ニワトリで21日、キジで23日、アヒルやクジャクで28日と大型になるほど長くなります。
IMG_3882.jpg
▲ 誕生したばかりのチキンのヒヨコたち(4月3日撮影)

ヒヨコたちの羽毛が生え揃い、体温調整ができるようになるまでは電熱ヒーターなどを使い、室内で大事にヌクヌクと育てます。
IMG_3910.jpg
▲ 餌を食べ始めるようになったヒヨコたち(4月6日撮影)

気候や品種にもよりますが、2~3週間ほどでかわいいヒヨコは小さなニワトリ(大雛)へと成長し、外の鳥小屋で生活できるようになります。
IMG_4878.jpg
▲ バンタムほどのサイズに成長したチキンの大雛(5月7日撮影)

キツネや鷹、鷲などに襲われないようある程度の大きさになるまでは囲いの中で飼育しますが、夏にはほかのニワトリたちと一緒に庭を歩きまわることができそうです。

現在、家の中には先週生まれたバンタムのヒヨコたちがいますが、インキュベーター内にも来週誕生予定のアヒルの卵と産み落とされたばかりのキジとクジャクの卵が入っています。
ニワトリやアヒルと違い、キジとクジャクのヒナは人懐こいまま成長するので育て甲斐があり、愛着もわきます。
今年も上手く孵化してくれることを願うばかりです。
IMG_8534.jpg
▲ 孵化したばかりのクジャクのヒナ(2020年7月28日撮影)

IMG_9338.jpg
▲ 頭頂部に冠羽が生えてクジャクらしくなってきたヒナ(2020年8月30日撮影)

IMG_4951.jpg
▲ 成長したオスの子クジャク(左)。父クジャク(右)とともにディスプレイを披露(2021年5月現在)

さて、たくさんの鳥たちと暮らしているわが家ですが、友人からはよく「ニワトリやアヒルは食用?」と尋ねられます。
義父にとってはどれもかわいいペットたちなのでわが家では卵だけを食用としてありがたくいただき、どの鳥たちにも人生を全うしてもらっています(キジとクジャクの卵は貴重なため、すべて繁殖用に使用)。
そのため増え続けるニワトリとアヒルたちは家族で消費しきれないほど、たくさんの卵を産んでくれるので、義父は数年前から無人販売所を設置し始めました。
IMG_4554.JPG
▲ 家のゲート前に設置した義父製作の無人販売所

「フリーレンジ・エッグ(Free-range egg)」と呼ばれる放し飼いで育てられたニワトリやアヒルの卵はとても人気があり、スーパーでも販売されてますが、ウェールズにはこうした無人販売所も多く、地元の人だけでなく、通りすがりのツーリストもよく利用されてます。
また、販売所には卵のほかに旬の野菜や果物、花、自家製のお菓子やジャムなどが並ぶことも……わが家も昨年はりんごやジャガイモが豊作だったので、袋詰めで販売しました。
IMG_4552.jpg
▲ 道路脇に設置した「フリーレンジ卵」の無人販売所の看板

無人販売所は日本でも田舎に行くとよく見かける光景ですが、ウェールズやその土地ならではのものがお値打ちに売られていることもあるのでのぞいてみるだけでも楽しめると思います。
旅先で気になる無人販売所を見つけたら、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。


2021年5月14日
2021年5月 8日
2021年5月 5日
2021年4月30日
2021年4月12日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウェルシュプール特派員

    ウェルシュプール特派員
    キャノン 純子 さん
    大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
    現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集