海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ウェルシュプール特派員ブログ

イギリス/ウェルシュプール特派員ブログ キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Suet Mae!(シュマイ!こんにちは!)
今月2021年1月18日、イギリス政府は新型コロナウイルス向けワクチンの接種者が400万人を超え、今後は70歳以上の高齢者と、基礎疾患などのため感染リスクが高い人たちも、ワクチン接種の対象に入ったと発表しました。
そして、わが家にもついに! 昨日(20日)に「国民保険サービス(NHS)」から義母宛にワクチン接種の案内レターが届いたのです。
IMG_3146.jpg
▲ NHSから届いた「COVID-19ワクチン接種」の案内レター。ウェルシュ語と英語で記載

ワクチン接種グループの優先順位
ワクチンの接種は政府が決めたグループの優先順位でNHSが一括して、取り仕切っています。
グループの優先順位は以下の通りです。

1. 高齢者施設の居住者と介助者、職員
2. 80歳以上の人。医療従事者およびケアマネージャー
3. 75歳以上の人
4. 70歳以上の人。基礎疾患などのため感染リスクが非常に高い人
5. 65歳以上の人
6. 16~64歳で基礎疾患などのため感染リスクが高い人
7. 60歳以上の人
8. 55歳以上の人
9. 50歳以上の人
10. 1~9に該当しない人々

今回、レターを受取った義母は第4グループに属します。
そして、基礎疾患があるため、自己隔離措置の対象であると政府から通達を受けている義父は管轄が違うらしく、電話でワクチン接種の日時と場所を知らされました。
テレビや新聞で一部地域に十分なワクチンが行き渡ってないといった報道もあったので、イングランドに比べてはるかに人口の少ないウェールズはワクチン供給のペースは遅いのでは??と懸念していたのですが、どうやら、その心配はないようです。

イギリスでは現在、米ファイザーと独ビオンテック、オックスフォード大学と英アストラゼネカがそれぞれ共同開発した2種類のワクチン接種が進められています。また、米モデルナのワクチンも認可されたので入荷次第、接種が行われる予定です。
これらのワクチンの接種はいずれも無料ですが、接種するワクチンを自ら選ぶことはできません。
また、ワクチンの接種は拒否することもできます。
届いた案内にはワクチン接種に期待される効果や起こりえるアレルギー反応についての説明も詳細に記載されていて、あくまでも、接種するかしないかは自身の判断に委ねられます。
実際、ワクチンに否定的で接種しない選択をする人も少なくないようです。

そして、現在使用されているファイザーやアストラゼネカのワクチンは2回1セットのため、数週間後には再度、接種が必要となります。
ワクチン接種が始まった際は2回目の接種が優先される予定でしたが、少しでも早く多くの人が最初の接種を受けられるよう方針を変えて、現在は2回目の接種を後回しにしているそうです。
イギリス政府は2月中旬までに第4グループに属する1500万人へのワクチン接種を目標にしているとのこと。
ワクチン普及を急ぐため、教会や競馬場などさまざまな施設がワクチンの接種会場として活用されています。
中には800年の歴史を誇るソールズベリー大聖堂も......荘厳な雰囲気の大聖堂内でパイプオルガンの美しい音色を聴きながら、ワクチンの接種ができるなんて羨ましい限りです。
ちなみに義父は来週、地元のGP(総合診療医)で、義母は来月6日に隣町のレジャーセンターとそれぞれ異なる日時と場所で接種が予定されています。

ワクチン接種によるアレルギー反応も心配ですが、2回の接種で十分な免疫が構築されれば、「感染した時の重症化」が避けられるとのことなので、義父母も私たち家族も無事に接種が完了する日を心待ちにしています。
当日は主人が同行する予定ですが、接種会場の様子や接種後の感想など、また詳細をお伝えしたい思います。


2021年1月21日

Suet Mae!(シュマイ! こんにちは!)
ウェールズは現在もロックダウンにより、外出が制限されています。
ステイホームの日々が続いてるため、今回も昨年2020年のキャンプ旅行で訪ねた観光地を紹介します。
新型コロナウイルスが現在も猛威をふるっていますが、収束したらぜひ訪れてほしいおすすめの場所です。

■ 潮が満ちると島になる巡礼の地「リンディスファーン島」
イングランド北東端、スコットランドとの国境に近い北海沿岸に浮かぶ「リンディスファーン島(Lindisfarne)」は中世以来、巡礼地として栄えてきた約5.2キロ平方メートルほどの小さな島です。
潮が満ちると完全に孤立し、潮が引くと約2kmのコーズウェイ(土手道)が「モーゼの十戒」のように現れて、本土とつながる神秘的な島は昔から、”聖なる島”を意味する別名「ホーリーアイランド(Holy Island)」とも呼ばれています。
IMG_1527.jpg
▲ 干潮時に現れる約2kmのコーズウェイ(土手道)

IMG_1529.jpg
▲ 島の入口に設置された案内板。車での訪問者は村の環境保全のため、指定の有料駐車場を利用。

1日2回の満潮時にはコーズウェイが完全に水没してしまうため、島に渡ることができません。
ホーリーアイランドを訪れる際は事前に干潮時間またはこちらのウェブサイトでコーズウェイの開通時間(Causeway Open Times)を確認されることをおすすめします。
また、コーズウェイとは別ルートで、7世紀から巡礼者が往来する約4kmのピルグルム・ウェイ(巡礼者の道)もありますが、同様に干潮時にしか渡れない湿地帯なので、歩かれる際にはくれぐれも注意してください。

駐車場から村の中心部までは約600m、徒歩7~8分の距離です。観光シーズンにはシャトルバスも運行されますが、徒歩でも1時間ほどで見て回れます。
IMG_1534.jpg
▲ 駐車場から村へ向かう一本道

IMG_1544.jpg
▲ 村の道標には見どころの修道院や城、教会の案内とともに満潮時の注意喚起も掲示

■ ホーリーアイランドの観光ポイント①「リンディスファーン修道院」
635年、スコットランドのアイオナ修道院から赴任した聖エイダンによって創建された「リンディスファーン修道院(Lindisfarne Priory)」は、北部イングランドのキリスト教布教の拠点でした。
7世紀に修道院長となった聖カスバートは数々の奇跡を起こし、死後、聖人に列せられてからも、聖カスバートの遺物に触れると奇跡が起るといった噂が広まり、島は巡礼者でにぎわうようになりました。
その後、ヴァイキングの度重なる襲撃を受け、修道士たちは聖カスバートの遺物とともにダラム(Durham)に逃れたため、荒廃しましたが、11世紀にベネディクト会修道院として布教活動を再開。13世紀には修道院も再建され、巡礼の地としてふたたび繁栄。
残念ながら、1537年にイングランド王ヘンリー8世の修道院解散令によって破壊され、廃墟となりましたが、現在は修道院跡として文化財保護団体イングリッシュ・ヘリテージが管理・運営を行い、一般に公開しています。
IMG_1547.jpg
▲ イングリッシュ・ヘリテージが管理・運営する「リンディスファーン修道院」

IMG_1553.jpg
▲ 隣接する博物館にて入場受付。館内は島の歴史や修道院の遺物(リンディスファーン福音書のコピー:実物はロンドンの大英図書館で保管)などを展示

IMG_1551.jpg
▲ 同じく隣接する聖メアリー教会(写真中央)のゲートを通過して、リンディスファーン修道院跡へ(写真左)。聖メアリー教会は見学無料

通常は当日でも入場可能ですが、COVID-19による休業明け以降は事前の予約が必要(イングリッシュ・ヘリテージ会員も含む)となったため、残念ながら、私たちは見学ができませんでした。
事前に下記のウェブサイトで確認されることをおすすめします。

■ Lindisfarne Priory
・住所: Holy Island, Berwick-Upon-Tweed, Northumberland, TD15 2RX
・URL: https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/lindisfarne-priory


■ ホーリーアイランドの観光ポイント②「リンディスファーン城」
16世紀、リンディスファーン修道院が破壊されたあと、その石材を利用して築城されたのが島の南東部、小高い岩山の上に建つ「リンディスファーン城(Lindisfarne Castle)です。
島を守る要塞として建造されましたが、20世紀初めに建築家のエドウィン・ラッチェンスが城を購入、エドワード様式の別荘として補修、改装が施され、付属する庭園が女性造園家ガートルード・ジーキルによって造られました。
また、リンディスファーンはかつて石灰焼き窯産業が盛んで、丘の麓には1860年代に建造された大規模なライムキルン(石灰窯)跡が残っています。
現在、城と庭園、ライムキルン跡は史跡自然保護団体ナショナル・トラストの管理のもと、一般公開されています。
IMG_1567.jpg ▲ 岩山の上に建つ「リンディスファーン城」

IMG_1568.jpg ▲ 遊歩道に設置されたリンディスファーン城周辺の案内図

IMG_1575.JPG ▲ リンディスファーン城の入口に設置された案内板(料金:大人£9.00、小人£4.50 / 2020年)

IMG_1583.jpg ▲ 麓から見上げたリンディスファーン城

残念ながら、COVID-19の感染拡大防止対策による休業措置のため、城内部と庭園の見学はできませんでしたが、ライムキルンや城周辺の散策は自由に楽しめました。
IMG_1579.jpg ▲ ライムキルン跡入口

IMG_1581.JPG ▲ ライムキルン内部の様子

IMG_1582.JPG ▲ ライムキルン内に設置された案内板

リンディスファーン城は現在(2021年1月)も休業中です。
お出かけの際は事前に下記のウェブサイトで確認してください。

■ Lindisfarne Castle
・住所: Holy Island, Berwick-Upon-Tweed, Northumberland, TD15 2SH
・URL: 
https://www.nationaltrust.org.uk/lindisfarne-castle


■ ホーリーアイランドの観光ポイント③人気ローカルフード「クラブサンドイッチ」
ホーリーアイランドは人口200人足らずの小さな島ですが、毎年60万人以上の巡礼者や観光客が訪れる場所だけあって、ギフトショップや雑貨店、レストラン、カフェ、ホテルなど、村での楽しみ方もいろいろです。
もちろん、グルメもそのひとつ。
ホーリーアイランド名物、地元で採れた新鮮なカニのほぐし身をたっぷり使った「クラブサンドイッチ(Crab Sandwich)」は人気のローカルフードです。
IMG_1537.jpg ▲ 郵便局にカフェが併設された村の人気店「1st Class Food and Post Office」

IMG_1592.jpg ▲ 駐車場で名物「クラブサンドイッチ」を販売するフードトラック

IMG_1593.jpg ▲ フードトラックで購入したクラブサンドイッチ(£3.50)

どのカフェもすでにランチタイムが終了していたため、今回はフードトラックのクラブサンドイッチを購入。
手軽に楽しみたい方におすすめです。
ほかにもホーリーアイランドには中世以来、造り続けられているハチミツ酒「リンディスファーン・ミード(Lindisfarne Mead)」があり、伝統の味を継承するセント・エイダン・ワイナリーでは直売店も併設。観光客に人気です。
ぜひ聖なる島「ホーリーアイランド」のローカルグルメもお楽しみください。

■ Lindisfarne Mead
・住所: Holy Island, St Aidans Winery, Northumberland, TD15 2RX
・URL: 
https://harryhotspurholdings.co.uk/lindisfarne-mead


■ リンディスファーン島(ホーリーアイランド)への行き方
・ ロンドン・キングス・クロス(London King’s Cross)駅から、列車で約5時間、ベーリック・アポン・ツイード(Berwick upon Tweed)駅下車。エディンバラ・ウェイバリー(Edinburgh Waverley)駅からは列車で約40分。
・ ベーリック・アポン・ツイード駅前またはゴールデン・スクエアより、ホーリーアイランド行きバス(477番)で約35分。1日2便程度の運行。こちらのウェブサイトで確認できます。


2021年1月18日

Blwyddyn Newydd Dda!(ブレイドゥン ヌェス ダァ!)
新年、明けましておめでとうございます。
旧年中はウェルシュプール特派員として、たいへんお世話になりました。
2021年もウェールズを中心にイギリス各地の情報を届けたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、クリスマス前から3度目のロックダウンが実施されているウェールズでは、現在も厳しい外出制限が継続中です。もうしばらくは「ステイ・ローカル」となるため、今回は秋のキャンプ旅行で訪ねたスコットランドの観光スポットを紹介します。
いまだ世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっていますが、収束したらぜひ訪れてほしいおすすめの場所です。
IMG_1441.jpg
▲ 町の入口に設置された勅許自治都市「セント・アンドリュース」の案内板

以前の記事で、スコットランドの「オークニー諸島」を紹介しましたが、オークニー諸島を観光したあと、次に向かった先がゴルフの聖地「セント・アンドリュース(St.Andrews)」です。
ただ目的はゴルフではなく、映画『炎のランナー』(1981年)のロケ地で知られるビーチ「ウエスト・サンズ(West Sands)」をのんびり歩くこと。
スコットランド最古の大学があり、歴史的な景観も多く残るセント・アンドリュースは観光で訪れても十分楽しめる町です。

■ ゴルファー憧れの地「セント・アンドリュース」
スコットランドの首都エディンバラから北へ約30km、北海に面した風光明媚な沿岸の町「セント・アンドリュース(St.Andrews)」はゴルフ発祥の地として知られ、世界中のゴルファーが思いを馳せる”ゴルフの聖地”です。
羊飼いが放牧中に石を転がして、ウサギの穴に入れて遊んだのがゴルフの始まりとされていますが、その遊びがセント・アンドリュース市民の間で人気となり、1552年に世界最古のゴルフコース「オールド・コース」が造られました。

そして、設計者が不明のこのコースは、セント・アンドリュースが宗教的意味合いの強い土地だったこともあり、いつしか「神が創造したコース」と讃えられるようになりました。

IMG_1475.jpg
▲ 世界最古のゴルフコース「オールド・コース」


ゴルフのメジャー大会で最も権威と歴史がある全英オープンは現在、イギリス国内に点在する8つのコースを毎年巡回し、開催されていますが、2022年の第150回記念大会はこのオールド・コースでの開催が予定されています。
IMG_1471.jpg
▲ ゴルフの総本山「R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント)」のクラブハウス(左)とオールドコース

■ ビジターも利用OK! クラブハウスのレストラン「スウィルカン・ラウンジ」
オールドコースの2番ホール脇に位置するクラブハウス「セント・アンドリュース・リンクス・クラブハウス(St Andrews Links Clubhous)」内には、観光客も気軽に利用できるレストラン「スウィルカン・ラウンジ(Swilcan Lounge)」があります。
IMG_1487.jpg
▲ オールドコース隣接の「セント・アンドリュース・リンクス・クラブハウス」

カジュアルな雰囲気の店内からはオールドコースとニューコースのパノラマが楽しめ、ゴルファーだけでなく、観光客や地元の人々も多く訪れる人気店です。
オールドコースを眺めながらのランチやティータイムもおすすめですが、今回は「セント・アンドリュースで朝食を!」と観光客の少ない午前中に利用しました。

朝食メニューはソーセージロール、ベーコンロール、エッグロールまたはスコーンの4種類のみ。
サービスも早く、プレイ前に腹ごしらえをするゴルファーも多いようです。

私はベーコンロール、主人はソーセージロールにそれぞれエッグを追加して、オーダー。

運ばれてきたバーガー風のロールにはゴルフティーのピンが突き刺してあり、セント・アンドリュースらしい演出?がされていました(笑)

ベーコンはいたって普通でしたが、ソーセージはスコットランド特産の四角いローンソーセージ(Lorne Sausage)で、イングリッシュの主人も満足の味だったようです。

IMG_1465.jpg
▲ スウィルカン・ラウンジの朝食メニュー、ベーコン&エッグロール(£6)とカプチーノ(£2.95)


また、クラブハウス内にはショップも併設。セント・アンドリュースやオールド・コースのロゴ入りゴルフグッズやタオルなど、品揃えも豊富でゴルフファンはもちろん、おみやげや旅の記念品を購入したい方にもおすすめです。

■ 映画『炎のランナー』のロケ地「ウエスト・サンズ(West Sands)」
白い短パン姿の若者たちが砂浜の波打ち際を疾走する。
イギリス映画『炎のランナー』(1981年)の有名な冒頭シーンはセント・アンドリュースの「ウエスト・サンズ」で撮影されました。
そして、2012年のロンドン五輪では、この名シーンを再現しようと聖火リレーのランナーたちが白いウェアーを着て、ウエスト・サンズのビーチを走り、開会式でもMr.ビーン(俳優:ローワン・アトキンソン)がパロディーを演じて、会場のスクリーンに映し出された場所です。
IMG_1491.JPG
▲ 砂浜が広がるセント・アンドリュースの「ウエスト・サンズ」

リンクス・クラブハウスの向かい側にウエスト・サンズのビーチは広がっているので、朝食後、私たちは愛犬と砂浜での散策をゆっくり楽しみました。
波の音に耳を傾けながら、のんびりと過ごすことができる人気の散策&ランニングスポットです。

■ セント・アンドリュースへの行き方
・ ロンドン・キングス・クロス(London King’s Cross)駅から、列車で5時間30分~6時間30分、ルーカス(Leuchars)駅下車。セント・アンドリュース行きバス(92,99)で15分。

ほかにもセント・アンドリュースの町には12世紀に建造され、廃墟として残るセント・アンドリュース大聖堂(St.Andrews Cathedral)やセント・アンドリュース城(St.Andrews Castle)など、散策しながら見てまわれる観光ポイントがいろいろとあります。
スコットランドを旅行される際には、ぜひゴルフだけではない魅力あふれる町「セント・アンドリュース」もお訪ねください。

■ St Andrews Links Clubhouse & Swilcan Lounge
・住所: W Sands Rd, St Andrews KY16 9XL
・URL: https://www.standrews.com/relax/st-andrews-links-clubhouse


2021年1月 7日
2020年12月31日
2020年12月19日
2020年12月16日
2020年12月 9日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウェルシュプール特派員

    ウェルシュプール特派員
    キャノン 純子 さん
    大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
    現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集