海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ウェルシュプール特派員ブログ > 【ロックダウン継続中のウェールズ】 小売店が営業再...

イギリス/ウェルシュプール特派員ブログ キャノン 純子 さん

イギリス・ウェルシュプール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月22日

【ロックダウン継続中のウェールズ】 小売店が営業再開!も"ステイ・ローカル"は続行


【ロックダウン継続中のウェールズ】 小売店が営業再開!も"ステイ・ローカル"は続行

Suet Mae! (シュマイ!こんにちは!)
現在もロックダウンが続けられているウェールズですが、2020年6月19日、ウェールズ政府は新たな緩和政策を発表。
イングランドから遅れること1週間、6月22日(月)より、ウェールズでも小売店の営業が再開されます。

■ 小売店は3ヵ月ぶりの営業再開!
イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月から食料品や生活必需品以外の小売店は営業を停止していましたが、イングランドが15日より、すべての小売店の営業を再開。

ウェールズでも今回の発表により、3ヵ月ぶりに小売店の営業が再開されることになりました。
ただし、各店は顧客や従業員の安全を守るため、衛生管理の徹底や入店人数の制限など、ウェールズ政府が定めたガイドラインに従っての営業となります。
また、パブやレストランなどの飲食店は規制が継続されるため、併設のカフェなどは休業のままとなります。

■ 学校は6月29日より登校再開!
ウェールズ政府は6月29日より、すべての児童や生徒が登校できるようになることを発表。
各学校では小売店同様、政府のガイドラインに従って、受け入れの準備が進められるとのことです。

■ 「ステイ・ローカル(Stay Local)」の外出制限は継続
ウェールズでは現在も自宅から5マイル(約8km)圏内の外出制限が続けられていますが、今回の緩和政策における制限の解除は見送られました。
引き続き、ウェールズでは「ステイ・ローカル」が義務づけられます。
ただし、特別養護老人ホームや青少年犯罪者施設などでサポートを受けている家族を見舞うための外出に関しては施設側の許可がある場合に限り、可能となりました。
この外出制限継続によって、ウェールズの観光地や景観地区は閉鎖されたままとなるため、ウェールズ政府は再度、イングランドや他の地域の人々に対し、ウェールズへの訪問は控えるよう注意を促しました。

■ 今後のウェールズの緩和政策について
今回の会見でマーク・ドレイクフォード首席大臣は「新型コロナウイルスの脅威はなくなっていないが、この数ヵ月にわたる国民全員の努力により、ウェールズでの感染者数は減少し、感染のリスクも減っている」と述べ、「一定の条件をクリアすれば、7月6日には現行の外出制限は緩和され、ウェールズ国内の移動が可能になるだろう」と明言しました。
そして、「新型コロナウイルスの蔓延を遅らせたのはウェールズのすべての人の努力によるものだが、これで止めることはできない。今後も私たちは自分自身と愛する人たちを守り、ウェールズを安全に保つためにできる限りのことをする必要がある」と国民に理解と協力を求めました。

ウェールズの"ステイ・ローカル"は、もうしばらく続きますが、穏やかな気持ちで家族と過ごしたいと思います。
皆さまもどうか健康と安全を第一にお過ごしください。
stayhomestaysafe.jpg

All text & photo by Junko Cannon

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年6月22日
« 前の記事「【ロックダウン継続中のウェールズ】 ウェールズらしさが満載!ウェルシュプールの人気「カントリーストアー」」へ
»次の記事「【ロックダウン継続中のウェールズ】 ウェルシュプールの人気スイーツショップ「モリーズ(MOLLIE�...」 へ
ウェルシュプール特派員 新着記事
【ウェールズのロックダウン緩和政策】 "ステイ・ローカル" の外出規制解除へ!
【ロックダウン継続中のウェールズ】 ウェルシュプールの人気スイーツショップ「モリーズ(MOLLIE'S)」
【ロックダウン継続中のウェールズ】 小売店が営業再開!も"ステイ・ローカル"は続行
【ロックダウン継続中のウェールズ】 ウェールズらしさが満載!ウェルシュプールの人気「カントリーストアー」
イギリス政府「公共交通機関利用時のマスク着用義務化」を発表
【ウェールズのロックダウン緩和政策】"ステイ・ホーム"から"ステイ・ローカル"へ
ウェールズ屈指のイギリス庭園【ボドナントガーデン】 人気の「キングサリのトンネル」が満開です!
イギリスの春を知らせる花「ブルーベル」& 妖精が住む「ブルーベルの森」

イギリス ツアー最安値


2020/3/31更新

イギリス 航空券情報


イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ウェルシュプール特派員

    ウェルシュプール特派員
    キャノン 純子 さん
    大手旅行会社の添乗員として、20年以上、国内・海外を問わず、お客様の旅のサポートに従事。欧州を中心に約60ヵ国の渡航経験あり。2016年6月、結婚を機にウェールズへ移住。その後、地元カレッジで調理師資格を取得し、現在は地元のレストランでシェフとして働きながら、今までの経験を活かし、ウェールズを中心とした現地コーディネーターとして活動中。観光情報や文化、生活など幅広い分野でウェールズの魅力をお届けします。
    現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_rNn32G170T

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集