海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > 都会の喧騒から離れてちょっと一息。自然豊かな島、ウ...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月 8日

都会の喧騒から離れてちょっと一息。自然豊かな島、ウィッドビー島(Whidbey Island)へようこそ


メール プリント もっと見る

都会の喧騒から離れてちょっと一息。自然豊かな島、ウィッドビー島(Whidbey Island)へようこそ

こんにちは~♪今回からウィッドビー島(Whidbey Island)特派員を担当させ頂くことになりましたユッキーです。
ローカル中心に隈なく地球を歩き、その体験や情報を皆さんと共有していきますので宜しくお願いします。
さてさて、「ウィッドビー島っていったいどこ?聞いたことないね~」という声にお応えして、今回はざっとこの島の紹介をしておきます。


ウィッドビー島は、ワシントン州シアトルから北に車で約2時間のところにある南北に長~い島で、
なんとアメリカ本土では(アラスカ、ハワイ州除く)一番大きい島なんですよ!


oakharbor whidbey map.png

ウィッドビー島。赤いエリアがオークハーバー。


Deception_Pass_Bridge_aerial.jpg

橋で結ばれたウィッドビー島とフィダルゴ島


緑豊かな森、美しい海に四方を囲まれたウィッドビー島は、キャンプ、ハイキング、サイクリング、カヌー、ホエールウォッチング、フィッシング、クラビング(蟹漁)、潮干狩りなど海山の多様なアクティビティーが楽しめます。


kyaking.jpg

人気のマリンスポーツ・カヤッキング


angler.JPG

落日の陽の下でサーモン釣りを楽しむ釣人。


島へのアクセスはシアトル国際空港からWhidbey-Seatac Shuttleの直行シャトルバス(所要時間約3時間)が
運行しており、運賃は、片道大人$44.50、子供(15歳以下)$29.50で、往復を購入すると$2程お得です。
このルートはフェリーを使いますので20分ほどの船の旅も楽しめます。


車でのアクセスは、シャトルバスと同様にムキルテオ(Mukilteo)からフェリーで島の南端クリントン(Clinton)に渡る方法と、北端からディセプションパス橋(Deception Pass Bridge)を渡る二つの方法があります。
この橋は、この島の人気観光スポットの一つで、州立公園のDeception Pass State Parkに隣接し、毎年多くの人が訪れます。

deceptionpass.jpg

橋の脇のトレイルから下のビーチに降りられます。


橋を渡る手前に車を停められるスペースがあるので、車から降りて橋を歩いてみることをお勧めします。
およそ50Mの高さから見下ろすスペクタルな眺めは圧巻です。身震いすること間違いなし!
二つの橋を渡り切った所にも駐車場がありますが、こちらは有料で、ディスカバーパスが必要となります。
Discover Pass(ディスカバーパス)=ワシントン州立公園の共通パーキングパス。年間パス$30と1日パス$10があります。ネットで事前に購入できます。


Deception_Pass_Bridge_in_fog.jpg

名前の由来どおり霧がかかって「惑わしい(=deception)」 橋。


この橋から、さらに10分程車を走らせと、オークハーバー(Oak Harbor)に到着します。
この街には海軍のエアーステーションがあり、島民およそ2万9000人中、約2万2000人がこの街に住んでいます。


citybeachpark.jpeg

オークハーバー市民の憩いの場・Windjammer Park


オークハーバー以南は、ワシントン州2番目に古い街・クープビル(Coupeville)や、
アーティスト達が集まるアートの街・ラングリー(Langley)など、情緒ある素敵な街が点在しています。


また、隣町アナコーテス(Anacortes)からは、カナダのビクトリアや、某旅行情報サイトの「アメリカの島ベスト1」にも
選ばれたサンファン諸島(San Juan Islands)等にも、フェリーが運行しています。
運が良ければ船上からオルカ(シャチ)に遭遇することもあるんですよ。


orca.jpg

サンファン諸島海域で見られるキラーホエールことシャチ。


今回は早足でご紹介しましたが、今後は、自分の足で歩いて、詳しい見所、旬な情報、穴場的情報など、
島とその周辺の地の魅力を伝えていけたらいいなと思っています。
シアトル旅行の際には、是非、足を伸ばしてこの島に遊びに来てくださいね。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年8月 8日
»次の記事「 シーズン到来!カニ漁に同行してきました」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集