海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイ...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月 9日

ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!


メール プリント もっと見る

ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!

ついに「2016年 リオ・パラリンピック」が開催しました。先のオリンピックで過去最高のメダル数を獲得した日本チーム。パラリンピックでも、2桁のメダル数を狙います。


そんな中、私が個人的に熱を入れて応援している競技が、この車いすラグビー。たまたま、ここの島に住む友人がシアトルのチーム「Seattle Slam」のメンバーの一員で、ゲームを観戦しに行ったのがきっかけでした。このシアトルチームは、2015/2016年シーズンに全米ランキング2位に輝いたチームで、オリンピック選手も輩出しています。


また、2014/2015年には日本のオリンピック代表の池崎大輔選手が、インポート選手として、このチームに参加し、ここウィッドビー島のメンバー宅にホームステイをしていました。そういうわけで、何度か私もゲーム観戦に行き、シアトルチームでプレイする池崎選手や日本代表チームのゲームも目にする機会を得ました。

team_shot.jpg


車いすラグビーの魅力は、車いす同士がぶつかってボールを奪い合う、あの激しさにあります。そのため、「Murder Ball(マーダーボール)」=「殺人球技」という異名をとります。
現在、日本はアメリカ、オーストラリアに続き、世界ランキング3位。断然、メダルへの期待が高鳴ります。車いすラグビーの日程は、後半の9/14から始まります。目指せ金メダル!


<車いすラグビーのルール概要>
• 1チーム4人でパスを回して相手ゴールにボールをゴールします。
• ゲームは1ピリオド8分で、4ピリオドに区切られます。
• 相手の車いすに車いすでタックルします。相手選手に触れてはいけません。
• 各プレーヤーは障害レベルによってポイントが決まっていて、1チームの合計が8.00ポイント以下で構成されます。
• 10秒以内に一度はドリブルかパスをしなければなりません。


細かいルールはこちらから⇒日本パラリンピック委員会/ウィルチェアーラグビー

シアトル「Seattle Slam」ウェブサイト⇒こちらから  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦
2016年9月 9日
« 前の記事「ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Tow...」へ
»次の記事「アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集