海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ウィドビー島特派員ブログ > 海の見えるお勧めトレイル②Ebey's ...

アメリカ/ウィドビー島特派員ブログ ユッキー

アメリカ・ウィドビー島特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月12日

海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル


メール プリント もっと見る

海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル

先日、ご紹介した、海の見えるトレイルの続きです。
もうひとつ、お勧めしたいのが、知る人ぞ知る、クープビルのイービー・ランディング(Ebey's Landing)国立歴史保護区内にあるブルフ(Bluff)トレイル。
Ebey's Landing Rdの突き当りの海岸線にあります。見晴らしがとっても良く、左手に海を眺めながら歩けます。片道5.6kmのループになっていて、帰りはビーチを歩いて戻ります。私はこの帰り道に、なんと、海岸に横たわるアザラシの赤ちゃんと遭遇しました。ここからのサンセットも非常にきれいです。

ebey1

トレイルの入り口。小さな駐車場があります。もしここが一杯の場合は、海岸沿いの道端に駐車出来ます。

ebey2

海岸の反対側には広大なフィールドが広がっています。

ebey3

トレイルは緩やかな登り坂を上っていきます。

ebey4

高さ約85メートルほどの崖っぷちトレイルを歩きます。

ebey2

折り返し時点。オリンピックマウンテンが一望できます。

ebey6

ループの折り返し時点から海岸に降りて、帰りは海岸を歩いて帰ります。

ebey6

暫く歩いていると、波打ち際に白い物体が! 近づいてみると、なんとアザラシの赤ちゃん。この時期(7月)この辺りではよく目撃されているようです。お母さんアザラシが餌を取りに行く間、赤ちゃんは浜でお留守番しているそう。注意しなければいけないのは、絶対に触ったり動かしたりしないで、そっとしておくことだそうです。さもないとお母さんが育児放棄をしてしまうのだそうです。

この島は、特にこれといった有名観光スポットもないですが、手付かずの自然が残っています。これこそが島の貴重な資源。自然を満喫したい、のんびりしたい...という方には、絶対お勧めの場所です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年10月12日
« 前の記事「海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル」へ
»次の記事「ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました」 へ
おすすめ記事
    ウィドビー島特派員 新着記事
    シアトルのもうひとつの楽しみ方<ロックシーンを巡る>
    ハロウィンのためのパンプキンパッチへ。ジャック・オー・ランタンを作りました
    海の見えるお勧めトレイル②Ebey's Landing歴史保護区内ブルフ・トレイル
    海の見えるお勧めトレイル①デセプションパス州立公園内のお勧めトレイル
    アナコーテスのバイクの祭典「オイスターラン」開催!
    アメリカのトイレ事情...旅行中どこへ飛び込めばいい?
    ついに開催、2016リオ・パラリンピック!注目のイチ押し競技は、今最も熱い「車いすラグビー」!
    ローカルバスとフェリーの日帰り旅①(後半) 19世紀にタイムトリップ!歴史的建造物が残るPort Townsend(ポートタウンジェント)の港町へ

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ウィドビー島特派員

      ウィドビー島特派員
      ユッキー
      その昔『地球の歩き方』がバイブルだった元バックパッカーのユッキーです。主人の仕事の都合で、2005年より「Whidbey Island」(ウィッドビー島)という、シアトルから車で約2時間の所に位置する島に住んでいます。最近、子供達も巣立ち、自由な時間が出来たので、まずは、自分の住むエリアから、旅の初心に返って「地球歩き」を楽しんでいこうと思ってます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集