海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 横浜・神奈川特派員ブログ > 喫煙禁止地区が拡大します

日本国内/横浜・神奈川特派員ブログ 旧特派員 山下 トルテ

日本国内・横浜・神奈川特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年3月 7日

喫煙禁止地区が拡大します


メール プリント もっと見る

喫煙禁止地区が拡大します

 前から来た人が手に持っているたばこが子どもの顔のすぐ横をすれ違って、
ドキッとすることってありませんか?


non%20smoke.JPG


 横浜市では2008年1月から「喫煙禁止地区」を設け、屋外の公共の場所での
喫煙を禁止しています。

 平成21年3月10日 「喫煙禁止地区」が拡大します。

 横浜駅周辺、みなとみらい21地区、関内の3地区だった喫煙禁止地区が、平成
21年3月10日(火曜日)からは、横浜駅周辺地区を拡大し、鶴見駅周辺と東神奈川
・仲木戸駅周辺が新たに指定されます。

 喫煙禁止地区内における「たばこを吸う」または「火のついたたばこを持つ」
などの違反者には、罰則(2,000円の過料)が科されますので、喫煙される方は
ご注意ください。

喫煙禁止地区についてはこちらから→ポイ捨て・喫煙 禁止条例 http://www.city.yokohama.jp/me/pcpb/kankyo/mac4.html


 国際都市を目指す横浜市ではありますが、禁煙対策をしていない飲食店が
まだまだ多いのが実状。

 個人的には全国初の屋内での「喫煙を規制する条例」に期待を寄せていた
ので、「条例による規制を義務づけず事業者の努力義務で禁煙や分煙を進めて
もらう」との神奈川県知事の発表にはがっかりしました。


 とはいえ、喫煙者の方にはたばこが周りの方々にかける迷惑や危険性を考え、
配慮ある喫煙を心がけていただくとともに、施設や飲食店には喫煙の権利と
保護、禁煙者の安全に積極的に取り組んでいただき、押し付けではない真
の国際都市となることを願うばかりです。

〜asahi.com〜 「全面禁煙から大幅後退 神奈川県の受動喫煙防止条例素案」

 受動喫煙による健康被害を防ぐ目的で神奈川県が成立を目指す「公共的施設
における受動喫煙防止条例(仮称)」について、松沢成文知事は13日、風営
法対象施設のキャバレーやバー、パチンコ店、マージャン店などを条例対象から
外し、「努力義務」にすると発表した。100平方メートル以下の小規模面積
の飲食店も同様に対象から外し、当初の全面禁煙から大幅に後退した条例素案
になった。〜

http://www.asahi.com/health/news/TKY200901130332.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年3月 7日
« 前の記事「3月10日は横浜三塔の日」へ
»次の記事「「横浜三塔物語スタンプラリー」に行ってきました」 へ
おすすめ記事
    横浜・神奈川特派員 新着記事
    日本大通り 今日も撮影&お勧めコンビニカフェ
    中華街穴場的台湾カフェ
    老舗ハンバーグ 洋食キムラに行って来ました
    横浜のシンボル ランドマークタワー
    横浜駅に粋で安い居酒屋がOpen!!
    KICHIRI 横浜
    海の幸が堪能できるお店「海幸」
    横浜にリーズナブルで美味しいオイスターバーが登場!「The fish and oysters」

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■神奈川県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集