海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/与論島特派員ブログ

日本国内/与論島特派員ブログ はなアンニャー

日本国内・与論島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。
与論島特派員、はなアンニャーです。

今回は、与論島で一番見晴らしがいい場所、サザンクロスセンターを紹介します。
サザンクロスセンターは与論島の一番高いところにあり、与論島の歴史や暮らしを知ることができる資料がたくさん展示してあります。
そして、最上階からの見晴らしは最高!!
与論島では珍しい5階建ての建物。360度見渡せます。

雨の日に、何をすればいいか迷ったときに行ってみるのもオススメですよ。

サザンクロスセンターは、エレベーターで最上階まであがってから、順繰りと階段で下に降りていくシステムです。

各階を紹介していきます。

サザンクロスセンター5階 展望台

5階は360度見渡せる展望台になっています。
2018年の台風24号で、窓ガラスが全面割れてしまうという被害を受けましたが、現在は復旧しています。
ここからは、晴れていれば、沖縄の北部や伊是名島、伊平屋島、沖永良部島などの近隣の島を見ることができます。

雨の日しか行くことがないので、雨の日の写真しかなくてすみません・・・

IMG_0681.JPG

IMG_0684.JPG

望遠鏡もあるので、冬はここからクジラを探すのもいいですよ。

サザンクロスセンター4階 与論・奄美の自然を感じるスペース

4階は、南十字星をはじめとする、与論島から見える星空や南国の昆虫、植物のコーナーとなっています。
また、与論島を愛した作家、森瑤子さんのコーナーもあるので、ファンの方は必見です。

恥ずかしながら、わたしは森瑤子さんの本は読んだことがないのですが、もう少し上の年代の方は、読んだことがあるという人がとても多い人気の作家さんでした。
与論島大好きだった森瑤子さんは、ヨロンを舞台にした小説やエッセイをたくさん残されたそうです。
お墓も与論島にあります。
来る前に、一度読んでみるとまた違った見方ができるかもしれませんね。

IMG_0692.JPG

サザンクロスセンター3階 海のスペース

ここは、与論島の代名詞と言っても過言ではない、海のコーナーとなっています。
昔からの漁業の風景や、ダイビングの様子などが展示されています。

与論島の画家で与論町の名誉町民でもある、池田政敏さんの絵画も展示されています。

IMG_0693.JPG

サザンクロスセンター2階 与論島の民俗と文化のスペース

ここでは、与論島の昔からの風景を見ることができます。
与論島の独特の家庭祭祀におけるお供え物の飾り方やいわれ、しきたりなどが紹介されています。

IMG_0715.JPG

サザンクロスセンター2階~1階 祭りと歴史スペース

国の重要無形民俗文化財にも指定されている、『与論十五夜踊り』が豊年祭で披露される様子を見ることができます。
そのときに使われるお面がたくさん展示してあり、どれも味のあるお顔でお気に入りを見つけてみてください。
また、与論島以外の南の島のお祭りの展示も。

与論島の歴史を写真などで知ることができます。

IMG_0720.JPG

IMG_0724.JPG

IMG_0719.JPG

サザンクロスセンター1階 特産品と国際交流、百合が浜などのスペース

1階には、与論島の特産品コーナーがあります。
また、星砂のでき方が学べたり、映画『めがね』で使用された自転車も展示してあります。
百合が浜コーナーもあるので、百合が浜に行く前に行ってみるのもいいかもしれません。

IMG_0728.JPG

IMG_0680.JPG


サザンクロスセンター基本情報

所在地  鹿児島県大島郡与論町立長3313

駐車場  あり

入場料  大人(高校生以上) 400円  /  子供(中学生以下)  200円

*団体割引あり

営業時間   9時~18時 (入館は17時半まで)

休日   年中無休

電話番号  0997-97-3396


ぜひ、与論島に来たら、海だけでなくサザンクロスセンターにも行ってみてくださいね。



2019年7月18日

こんにちは。
与論島特派員のはなアンニャーです。

最近、テレビでもよく『御朱印めぐりの旅』というのをよく見かけます。

「与論島って、御朱印が手に入る神社ってありますか?」
という質問も、今年だけで何回か受けました。

わたしは、神社とか御朱印とかにはまったく興味がなかったのですが、調べてみると与論島でも御朱印を書いてもらえる神社がありました。
そして、与論島の神社を知ることは、島の誕生について知ることもできるということが判明したんです。

しかも、

島1周して23Kmしかない、この小さな島に、神社と言われるものが4つ。
神社ではないけれど、島の誕生の地と言われる場所が1つ。

今回は与論島の神社めぐりの旅についてです。

舵引き丘ハジピキパンタ

まず、最初は神社ではありませんが、与論島の誕生の地といわれている、ハジピキパンタという場所です。
茶花の中心街の近くにあります。

ここには、島産みの神話が残っています。

はるか昔、シニグとアマミクという2人の神様が漁に出かけて、舟の舵が浅瀬にかかり降り立ってみると、さんご礁がむくむくと盛り上がって島が生まれたという神話です。

IMG_2976.JPG

IMG_2981.JPG

ハジピキパンタは与論島でも高い場所にあるので、島を360度見渡すことができ、景観もおすすめ。

ここに来ると、与論島が本当に海に浮かぶ小さな島だということがわかります。
天気がよければ、近隣の島を見渡すことも可能です。

南に沖縄本島、伊江島、西には伊平屋島、伊是名島を望むことができ、北は沖永良部島、そして運がいいときには、そのはるか先の徳之島が見えることもあります。

ここでは日を迎え、夕日も愛でることができるという貴重な場所なのです。

少し、風が強いのでスカートやワンピースで行くときは気をつけてください~。

IMG_2985.JPG


高千穂神社

IMG_2987.JPG

この高千穂神社は与論中学校の近くにあります。
明治政府の神仏分離令により奄美各地に高千穂神社が建てられたうちのひとつ。

由緒正しい神社です。

静かで、普段は誰もいません。
お社の奥からの景色もいい感じ。
与論島のパワースポットと言われていますので、元気を出したいひとはぜひ行ってみてください。

アジニッチェー神社

漢字で書くと、『按司根津栄神社』
これでアジニッチェー神社と読みます。

ここには与論島の英雄が祀られており、島人にも人気の神社です。

英雄というのは、琉球統治以前に与論島を治めていた、按司根津栄というひとのこと。

今も境内に頭蓋や遺品が奉納されているといわれます。

災厄削除お守りは木札の半分に災厄を移して割り、災のほうはその場にある災い箱に置いていき、片側半分をお守りとして持ち帰ることができます。

与論島の形をした絵馬や、星砂守りというかわいいものも。

入り組んだ場所にありますが、親切な看板がたくさん出ているので、安心です。

琴平神社と地主神社

ここは同じ敷地内に、神社がふたつあります。
与論城跡でもあります。

IMG_3002.JPG

こちらでは、御朱印を書いてもらえるそうですよ。

与論城跡は、14~15世紀ごろ、琉球の北山王の三男であるオーシャンが島主として島を治めていたときのお城の跡です。
オーシャンが与論城を築城中に、北山王朝が滅亡したため、築城が中止され、未完成のまま今に残っています。
建物はなく、サンゴで作られた石垣は、地面に身を伏せて島を守る龍の姿をかたどって造られたといわれています。

与論島でいちばん大きな神社で、十五夜踊りや奉納相撲といった伝統的な行事がここで行われます。

IMG_3007.JPG

与論島でも高い場所にあるので、見晴らしは最高。
沖縄もくっきり見えます。

ここから夕日を見るのもおすすめ。

それぞれの神社については、行ってみて自分の目で確かめて、与論島の誕生について研究してみてください。


与論島の拝み方

IMG_3012.JPG

与論島の拝み方は、2礼 2拍手 1礼。
あまり思い切りぱんぱんと手はたたきません。優しく手を合わすように拍手します。

お正月やお盆、お墓参りやお葬式のときなど、与論島のひとはすっと手を合わせます。
そのとき、御先祖様に対して、感謝の気持ちを述べます。

与論島の神社はどこも気持ちよく、景色のいいところもたくさんあります。
駐車場も完備されているので、ドライブにもおすすめ。
雨が降ったときなんか、幻想的でいいですよ。

元気がないとき、落ち込んでいるとき、神社めぐりをしてみると、元気になれるかもしれません。

与論島に来るたびに、神社をおまいりに行くひともいます。

与論島の誕生を感じながら、元気にもなる、与論島神社の旅。

旅行の計画に入れてみてはいかがでしょうか??


IMG_3001.JPG


2019年7月11日

こんにちは。
与論島特派員のはなアンニャーです。

与論島といえば、海!!

のイメージですが、素晴らしいのは海だけじゃありません。

昼間は海で思いきり遊んで、夜は居酒屋で思いきりドンちゃん騒ぎ。
宴会が終了して、居酒屋さんから出たとき、ふと空を見上げると星空が広がっています。
でも、明るい場所で見る星空と真っ暗な場所から見る星空は、まったくちがうんです。

与論島に来たら、ぜひ夜空を見てほしい。

満天に広がる星空もまた絶景なのです。


いつまでも飽きない星空観察

IMG_4045.JPG

与論島で星空を見ていると、何度も流れ星を見ることができます。
わたしの地元もド田舎で山奥で、星空はけっこうすごくて、眺めることが多かったんですが、流れ星なんか見たことありませんでした。

それが、与論島に来ると、ひゅんひゅん飛んでます。
それに、まずびっくりしました。

でも、都会から与論島に遊びに来た人が、与論島の星空を見ると、本当に感動してくれます。
ふだん、空を見上げることもないそうです。
夜も、まわりが明るすぎて、星は見えません。

わたしは、最近一眼レフを購入しまして、与論島の風景写真を撮るようになりました。
スマホでもとてもキレイな写真が撮れますが、一眼レフだとまた一味ふた味ちがう写真が撮れます。

そんな与論島の星空、居酒屋さんの多い繁華街からも見えますが、
やっぱりもっと暗いところで見るのは、まるで景色が変わります。

その風景を、ぜひみなさんに堪能してほしいですね。

わたしのレンズは星空撮影には適していないので、あまりいい写真は撮れませんが、いつかいいレンズもほしいなと思うようになりました。
設定を変えるだけでだいぶ変わるのもおもしろい。

IMG_4027.JPG


最近は、無料でスマホを空にかざすだけで、その方向にある星座がわかるアプリもあり、星空観察にとても便利です。


星空観察ツアーもやってます。

でも、ひとり旅の女の方などは、一人で真っ暗な場所に行くのは怖いし、まず、どこに行けば満天の星空に出会えるかわかりませんよね。

そんなときに利用してほしいのが、星空観察ツアーです。
じつはわたしもやってます。
島には男性の星空観察ガイドさんは何人かいらっしゃるようですが、女性はあまりいなんじゃないかな?

IMG_4070.JPG

夏になれば天の川が良く見えるようになります。

与論島は南十字星が見える最北限。
南半球の星座がすべて見える北限でもあります。
見えるのは、冬から春にかけてのようですが・・・

与論島には高い建物や山がないので、水平線ぎりぎりまで星が見えます。

いちばん星空が良く見えるスポットにご案内します。

ゴザを敷いて、寝っころがって見る星空は、いつまでたっても飽きることはなく、いつのまにか時間がたってしまいます。
与論島の薬草ハーブティーを飲みながら、星空で癒されてください。

わたしは横で、ひたすら星空写真撮影の練習をしていますが・・・

虫が多いのが難点ですので、しっかり虫除け対策をされていくと、星空観察がさらに楽しくなります。


IMG_4068.JPG

与論島の星空、ぜひぜひ真っ暗な場所で見ることをおすすめします!!
満天の星空、降ってくる流れ星、
日常からかけ離れた風景に、きっと感動すること間違いなしです!!!!



2019年7月 4日
2019年6月25日
2019年6月19日
2019年6月13日
2019年6月 5日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鹿児島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 与論島特派員

    与論島特派員
    はなアンニャー
    22歳のときに、初めて訪れた鹿児島県最南端にある、与論島に運命を感じ、26歳で移住。そこで、結婚し、2児の母となる。
    最初に与論島を知ったときに、あまりにも与論島の情報がなかったことを思い出し、2017年より、『与論島ブログ~はなアンニャーのおーしゃん便り』運営開始。与論島のおすすめの観光名所や居酒屋、カフェなどを絶賛紹介中。与論島での田舎暮らしや地方移住についても発信。元々、離島の旅が大好きな山口県出身。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集