海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/与論島特派員ブログ

日本国内/与論島特派員ブログ 永井 新孝

日本国内・与論島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

湿気の多い梅雨空が過ぎた先月下旬。ヨロン島のベストシーズン(リーピーターの皆様が好んで来られる時期)に岐阜県から「岐阜県立北高校の生徒の皆さんに修学旅行でご来島頂きました。



歓迎セレモニーを行う間に、コンテナから下ろされた荷物を用意。梅雨明けの強い日差しではあるが、南風の影響でそれ程の暑さを感じないと思ったのですが生徒にとってはやはり南国ヨロン。日傘が目立っていました。


宿に、到着後は早速体験へ。海の状況も丁度新月の大潮。


皆さんかなり沖の方まで行っていますが。


大潮の時間帯。更に沖の方まで行かないと・・・・


梅雨明けのこの季節山のないヨロン島では。目の前に見える辺戸岬に突然立ち上る雨を含んだ黒っぽい入道雲。


昼間気温が上がり、水蒸気となって雨雲になり南風に流され夕立のスコール。海岸で予定していたイベントは急遽サビチラ館へ移動


生徒さんには、サプライズによる特別ゲストのステージに喜んで貰い、一緒に盛り上げて頂きました。


翌日も、晴天に恵まれハーレー船の大会。マリンスポーツ等楽しんで頂きました。


夕食は、各宿で大鍋。


修学旅行の楽しみには、様々な体験は勿論ですが皆でおしゃべりをしながら食べる食事タイムも重要。


食事も終わりレクレーションへ。途中高台の辺戸岬が見える所で其々の撮影タイム


今日も、一日お疲れ様でした。


東シナ海に沈みゆく夕日をバックにレクレーション。沢山の出し物傍から見ていて、高校生の圧倒的なパワーを楽しませて貰いました。


レクレーションが終わった後は、まっすぐ帰る所も、殆どのクラスが一緒に花火を楽しんでいました。


お帰りになる前に、全員で記念撮影。何時の日か、帰って来てくれる事を楽しみにしています。


乗船時には、お世話になった宿の皆さん、マリンスポーツ修学旅行に関わった皆さんとハイタッチ


また逢いましょう!!


最後には、船旅の醍醐味。紙テープでのお別れ・行ってらっしゃい!(o・・o)/~、又、お待ちしています。
修学旅行と言う機会がなければヨロン島を知ることは無かったかも知れない。友達が体験したメニュー一緒に体験したかったかも知れません。だけど、限られたメニュー。今度は、個人で帰ってきて楽しんで頂ければと思います。
送り出して、頂いた関係者の皆様、この与論の島まで一緒に引率された関係者の皆様有難うございました。ミッシーク・トートゥガナシ又のお越しをお待ちしています。


2017年7月 2日

沖縄辺戸岬の上に、真っ白な入道雲が黙々と立ち上がり

朝から、セミの鳴き声がけたたましい いよいよ、完全梅雨明け、ヨロン島の夏本番到来

入りも微妙な感じだった今年の梅雨 開けるのも微妙な感じスッキリとした梅雨明けを感じることが出来なかった 沖縄気象庁の梅雨明け宣言の後も湿気が強く 沖縄、辺戸岬上空には昼間の水蒸気が雲となり夕立が降り注ぐ そんな、天気が数日続いていた。

それが、いよいよ夏本番 燦々と降り注ぐ真夏の日差し、 陰に入ると南から吹く爽やかな風

木陰の下ハンモックに揺られて読書三昧

ビーチに出て、パラソルの下ですごすのもよし

青い空に、真っ白な入道雲

何処までも、透き通ったヨロンブルー

潮の満ち干きにより現れる百合が浜 昨年に続き今年も大きく出現しています。

日の長いこの季節。

天気が続き見える可能性がたかい東シナ海に沈みゆく夕陽。 これから、旅行を計画されていらっしゃる皆様。 ヨロン島、是非お勧めです。 ご来島、お待ちしています。

2017年7月 1日
横浜から「横浜東高校」の修学旅行生にお越し頂きました。

港に降りた生徒さんの歓迎セレモニー 前の週までは梅雨の最後の土砂降り 雨の予報を心配していましたが大丈夫

各宿に到着、昼食後早速ビーチへ

2001年よりお越し頂き毎回恒例の、ハーレー大会

満潮時、少し波の高い中其々個性あるチーム クラスの対抗で大盛り上り、宿の舵取りは一寸大変?

2日目は、雨の予報が、見事に良い意味ではずれラッキーでした!! 海の、体験は勿論

堤防で、釣り体験

早速釣り上げたお魚

大物を釣り上げ、夕食時には他の方にもお裾分け

殆ど車の往来が無く、珠にすれ違うとお互いにビックリの ヨロン道をガイドの案内に続いてサイクリング

同じ様な形が揃っていない海岸から集めた枝サンゴのかけら

自分の好みに併せて、世界に一つだけのオリジナルな風鈴造り

沖縄の、辺戸岬を向うに見える環境でパークゴルフ等、其々自分達が選択した体験を楽しんでいました。

海岸で予定していたレクレーション 昼間の体験時には晴天に恵まれ夕方は雨予報

体育館で、大盛況

最後にには、ステージの床が抜けてしまうのではと心配に成程盛り上がっていました。

最終日の午前は島内の散策、丁度干潮時間 青空も広がり、青い海もご覧になって頂きました。

昼食前に、生徒の代表からプレゼント大きなスイカを頂戴しました。有難うございます。冷やして美味しく頂きました。 そして、最後にお泊り頂いた記念に1組・2組の男子全員で撮影又、何時の日かお帰りになってくる事をお待ちしています。

いよいよお別れ。離島セレモニーも終え船が入ってくるのを待っています。

紙テープが降ってきていよいよ島を離れていきました。 今回、梅雨天気の下。雨の予報。結果的には全体的に晴天に恵まれヨロン島の「青い海」「青い空」を見て頂く事が出来たのかなと思っています。修学旅行は限られた日程、時間で希望する体験も限られてきます。今回できなかった体験。今度は自分達の旅行を計画してください。そして、又違うヨロン島を発見して楽しんで頂ければとお思います。お泊り頂いた宿の名前はきっと思い出せないかも知れません。但し、ヨロン島に修学旅行で行ったと言う事は覚えているかと思います。又、ヨロン島に帰ってきて頂ければ、お待ちしています。「行ってらっしゃい」有難うございました。「ミッシーク・トートゥガナシ」

2017年6月27日
2017年6月19日
2017年6月 8日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鹿児島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 与論島特派員

    与論島特派員
    永井 新孝
    鹿児島県の最南端ヨロン島で民宿を経営しています。 ご縁を頂きお泊り頂いたお客様とのやり取りや、季節の変わり目に自然の中から感じる事・島の祭りやイベント・食べ物・言葉や風習など日常の出来事を発信していければと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集