海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/与論島特派員ブログ

日本国内/与論島特派員ブログ はなアンニャー

日本国内・与論島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。
与論島特派員、はなアンニャーです。

与論島にはおしゃれなカフェがけっこうたくさんあります。

今回は、女子会におすすめの「カフェココ」を紹介します。
カフェココさんは、茶花の市街地にあり、下の階はTukTuk(トゥクトゥク)という居酒屋さんになっています。
青い大きなシーさーが目印のお店ですのですぐわかるかと思います。

階段を登って2階にあるお店なので、雨の日などはすべらないようにお気をつけください。


カフェココさんは実家がマンゴー農園!夏はマンゴー祭り!!

カフェココさんの一番の特徴は、ご実家がマンゴー農園をされているので、マンゴーを使ったスイーツメニューが最強に充実しています。

IMG_7084.jpg

マンゴーパフェは子供たちにも大人気。
マンゴーがまんべんなく使われている、とってもゼイタクなパフェです。
小学3年生には食べきれない量でした。
他にもスムージーなどがあります。

IMG_7085.jpg

マンゴー好きなひとにはめちゃくちゃ嬉しいお店。
ですが、マンゴーにも限りがありますので、マンゴーがなくなり次第終了となります。

IMG_7253.jpg

他にも、与論島産の島バナナを使ったパイも大人気。
2019年は島バナナの量が少なく、こちらも数量限定。
大人気で、もううほとんどないようです。
わたしも急いで食べに行ってきましたが、バターの香りとバナナの濃厚さが超絶おいしかった!!!
島バナナは、ふつうのバナナとくらべるととても小ぶり。正直、1本では足らないので、あると何本でも食べてしまいます。
ふつうのバナナにはない酸味があります。
バナナの甘すぎるのがいや!というひとでも、島バナナなら食べられる!という方も多いです。
そして、島バナナは島外では高級フルーツといわれているそうです。
それは、生産農家がほとんどおらず、台風にも弱いから。
なので、ほとんどが島内で消費され、あまり島外へは出回らない貴重なフルーツなのです。

そんな島バナナを使ったパイが今なら、カフェココさんで食べられます!!!!

また、定番スイーツメニューとして黒糖シフォンケーキやキャラメルナッツシフォンケーキなども人気。

IMG_7255.jpg

わたしは、キャラメルナッツシフォンケーキを食べてみましたが、ナッツがごろごろ入っていて、かなり食べ応えがあります。

IMG_7256.jpg

キャラメルナッツとよく似ていますが、こちらは黒糖シフォンケーキ。
ふわっふわで、甘すぎず、とてもおいしかったです。


カフェココは女子会に大人気!

つい最近までは、夜もお店をやられていたのですが、今は昼間だけの営業になっています。
ランチもあります。
健康を心がけたヘルシーメニューが充実。
ランチ女子会にとてもおすすめのお店。

IMG_20181101_124232.jpg

また、与論島に住んでいる作家さんによる手作りピアスがたくさん売ってあり、それを見るのも楽しみのひとつになっています。
わたしは行くたびに買ってしまいそうです・・・
店員さんたちもとてもかわいくて明るい!!
そう、とても明るい雰囲気のお店なのです。
お花屋さんもされているので、観葉植物もたくさんあり、それも癒し効果がたっぷり。
子供さんの遊び道具も充実しているので、子連れママさん女子会もOKです。


【カフェココ 基本情報】

所在地  鹿児島県大島郡与論町茶花229-11 2F

電話番号   0997-97-3835

営業時間   11:00~17:00

定休日    日曜日と不定休

営業時間、定休日については変動が多いので、カフェココインスタグラムをチェックしてください!!
 

駐車場あり
クレジットカード利用可


2019年9月13日

こんにちは。
与論島特派員、はなアンニャーです。
今回は、わたしのイチオシの海水浴場、ウドノスビーチの紹介です。

与論島のひとには、ウドゥヌスーと言われています。
与論町はギリシャのミコノス市と姉妹都市なので、ウドノスってギリシャ語っぽいなーと思っていましたが、
この海岸の手前の高台に御殿(うどぅん)があり、その御殿の後ろ(うっすー)という言葉から、『ウドゥンヌウッスー』→『ウドゥヌス』になって、言いやすいように、『ウドノス』になったようです。

街中から歩いていける気軽な海水浴場

ウドノスビーチは、与論島イチの繁華街茶花の銀座通りから歩いていける距離にある海岸です。
もっと近くには、茶花海岸という海岸もありますが、海の透明感ではウドノスビーチにはかないません。

まず、街中から歩いていける。
というのが、ウドノスのおすすめポイント。

駐車場もありますので、もちろん車で行くことも可能です。
更衣室やシャワーはないですが、トイレと洗い場があるので、他の海岸よりは遊びやすくなっています。

近くに、海カフェというおしゃれなカフェもあるので、休憩もできます。

ウドノスのおすすめポイントは、街から近いのともうひとつ。
その海のキレイさです。
街がすぐそこにあるとは思えない、他の海岸とくらべても、1番じゃないかという青さ。
透明感がすばらしいです。

IMG_4846.JPG

また、わたしはまだ、出会ったことがないですが、少し深いところに行くとウミガメもけっこういるようです。
そして、カクレクマノミの隠れ家もあるとのこと。
わたしは、子供と一緒にしか来ないので、あまり深いところまで行けないのですが、みなさんはぜひ、探してみてください。
でも、浅いところでも、よく大きな魚が跳ねているのを見かけます。
砂浜から釣りをして、息子が釣り上げたことも・・・
とにかく、キレイで、生き物もたくさんいるのがウドノスなのです。

そして、ここは夕日の絶景スポットでもあります。
砂浜に座って、太陽が沈むまでいつまでも見ていられるのです。
沈んだ後も、空が真っ赤になるのでそれも美しい。

IMG_4755.JPG

IMG_4553.JPG

おすすめの時間帯は、晴れた日の午前中。
光の反射なども関係しますが、青さがすごい。
本当にソーダ水のようで、飲めそうな気がしてくるのです・・・・

IMG_2374.JPG

娘は、ウドノスに来ると、服を着たまんまで海に走っていってしまいます。
与論島の人は大体、昼間ではなく、夕方涼しくなってから海で泳ぐ習慣があります。
服のまま、泳いで、そしてそのままお風呂に入るのです。

ウドノスには、潮の満ち干きで行けるようになる秘密の場所もあります。
潮が引いているときだけ、道が現れます。
まるでお城のような雰囲気。
そして奥は自然のプールのようになっています。
さらに奥に行くとまた謎の風景・・・
こちらは、行ってみてからのお楽しみ。
潮が満ちる前にお帰りを。

IMG_4861.JPG

街中から歩いて行けて、便利なのに、最高に青くてきれいなウドノスビーチ。
与論島は11月頃まで、ふつうに海で泳げますので、ぜひぜひ行ってみてくださいね。


2019年9月 6日

こんにちは。
与論島特派員、はなアンニャーです。

与論島に来るには、沖縄か鹿児島か奄美大島からの飛行機かフェリーで来るしかありません。
他の乗り物では島にやってくることはできない・・

のですが、

与論島には、鉄道の駅があります。

その名も、「天の川銀河鉄道本線 ヨロン駅」

本日は、そのヨロン駅の秘密にせまります。

IMG_4648.JPG

ヨロン駅への行き方

与論島は、ガイドブックもほとんどないので、観光スポットがあるのかないのかも、行き方もわかりにくいところがあります。
そこがまた、いいところでもあるような気がしますけど・・・

わたしも住んでいても、ヨロン駅がどこにあるのか知りませんでした。
最近は看板が立っていて、わかりやすくなっています。

与論空港から歩いてすぐの場所にヨロン駅はあります。

与論空港の玄関からでて、左側に曲がり、しばらく歩くと『ヨロン駅』と書かれた看板があるので、その看板にしたがって行くとたどり着けます。
観光名所なのに、ゴミ捨て場の近く・・というのがビミョウですが。

ヨロン駅に進む道がサトウキビ畑に囲まれた砂利道なので、本当にたどりつけるか不安になりますが、そのまま突き進んでください。
そして、砂利が泥道になると、ヨロン駅に到着です。

雨の日の翌日などは、泥道がぐちゃぐちゃになって、ヨロン駅には近づけません。
ここのところは、早く整備しほしいなと強く思います。

最近、ヨロン駅に電灯がついたのですが、正直、電灯いらないので道をどうにかしてほしかった・・・

ヨロン駅の先にはビドウ遊歩道という、お散歩スポットもあります。
こちらのビドウ遊歩道はけっこう長く、アップダウンも激しいので、ヒールの高いサンダルで歩くのは大変です。

ヨロン駅のしたには、フバマと呼ばれる、きれいな海岸もあります。

ヨロン駅のまわりは、与論島の観光スポットが集まっているのです。

ヨロン駅っていったいなに?

そもそも、ヨロン駅とは、なんでしょう?
最初に言ったとおり、与論島には電車は来ません。
ではなぜ、そんな離島に鉄道の駅があるのでしょうか?

実際、ヨロン駅に行ってみると、待合所と、たった数メートルのレールと車輪が一個あるだけ。

IMG_4649.JPG

駅の看板には、左に沖縄、右に鹿児島とかかれています。

その駅の横にある入り口からは、青いきれいなフバマ海岸をのぞくことができます。

沖縄から鹿児島本土まで、国道58号線という国道が海を越えてつながっています。

この国道が海の上でもつながっていると考えて、途中拠点として作られたのがヨロン駅なのです。

車輪とレールは、鹿児島の鉄道管理局から贈与された、れっきとした本物!!
このヨロン駅ができた頃には、記念切符も販売され、利用もできたとか・・・
持ってるひとはかなりのレアだと思いますね!!

ここは、夕日もきれいな絶景ポイント。太陽が沈む瞬間まで、いつまでも見ていられます。
沈んでからも空が真っ赤に染まるのがとても美しいのです。

IMG_3589.JPG

そして、このヨロン駅。
天の川銀河鉄道本線というだけあって、星空がとてもよく見える場所です。

与論島の夏は天の川がほんとによく見えますよー。
本当に、天の川を鉄道が走ってるイメージがわいてくるはずです。


ヨロン駅に行くときの注意をまとました

ヨロン駅までの道のりはけっこうけわしい?です。
雨の日や、その翌日などは泥がめちゃくちゃで近寄れません。
知らずに車で進んでしまうと、泥だらけ。
足の踏み場もない感じです。

ほぼ通れない状態になります。

ビドウ遊歩道も、すべりやすく、できれば靴を履いていくのがベスト。

アップダウンも激しいので、疲れない服装で行きましょう。

ビドウ遊歩道には、海に向かって柵がありません。
風が強いときは、けっこう危険。
台風前後の風が強いときは、行かないほうが無難でしょう。

最後まで歩くと、フェリーの着く供利港まで来てしまいます。
ウォーキングするなら、かなり負荷がかかるアップダウン。かなりの距離。

本格的に歩くときは、水分を持っていくのを忘れないようにしてください。

フバマ海岸で遊ぶ場合も、このあたりに自動販売機はないので、水分を持っているといいですね。


空港から近いので、飛行機を待つまでの時間をすごすには、とてもいい場所です。
入場料などはいりません。

けっこう人気の観光スポットで、写真を撮るひとも多いです。

アナタだけのインスタばえ狙ってくださいね。

IMG_1682.JPG



2019年8月28日
2019年8月18日
2019年8月 9日
2019年8月 3日
2019年7月26日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鹿児島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 与論島特派員

    与論島特派員
    はなアンニャー
    22歳のときに、初めて訪れた鹿児島県最南端にある、与論島に運命を感じ、26歳で移住。そこで、結婚し、2児の母となる。
    最初に与論島を知ったときに、あまりにも与論島の情報がなかったことを思い出し、2017年より、『与論島ブログ~はなアンニャーのおーしゃん便り』運営開始。与論島のおすすめの観光名所や居酒屋、カフェなどを絶賛紹介中。与論島での田舎暮らしや地方移住についても発信。元々、離島の旅が大好きな山口県出身。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集