海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 与論島特派員ブログ > 横浜から修学旅行生をお迎えしました。

日本国内/与論島特派員ブログ 旧特派員 永井 新孝

日本国内・与論島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月27日

横浜から修学旅行生をお迎えしました。


横浜から修学旅行生をお迎えしました。

横浜から「横浜東高校」の修学旅行生にお越し頂きました。

港に降りた生徒さんの歓迎セレモニー 前の週までは梅雨の最後の土砂降り 雨の予報を心配していましたが大丈夫

各宿に到着、昼食後早速ビーチへ

2001年よりお越し頂き毎回恒例の、ハーレー大会

満潮時、少し波の高い中其々個性あるチーム クラスの対抗で大盛り上り、宿の舵取りは一寸大変?

2日目は、雨の予報が、見事に良い意味ではずれラッキーでした!! 海の、体験は勿論

堤防で、釣り体験

早速釣り上げたお魚

大物を釣り上げ、夕食時には他の方にもお裾分け

殆ど車の往来が無く、珠にすれ違うとお互いにビックリの ヨロン道をガイドの案内に続いてサイクリング

同じ様な形が揃っていない海岸から集めた枝サンゴのかけら

自分の好みに併せて、世界に一つだけのオリジナルな風鈴造り

沖縄の、辺戸岬を向うに見える環境でパークゴルフ等、其々自分達が選択した体験を楽しんでいました。

海岸で予定していたレクレーション 昼間の体験時には晴天に恵まれ夕方は雨予報

体育館で、大盛況

最後にには、ステージの床が抜けてしまうのではと心配に成程盛り上がっていました。

最終日の午前は島内の散策、丁度干潮時間 青空も広がり、青い海もご覧になって頂きました。

昼食前に、生徒の代表からプレゼント大きなスイカを頂戴しました。有難うございます。冷やして美味しく頂きました。 そして、最後にお泊り頂いた記念に1組・2組の男子全員で撮影又、何時の日かお帰りになってくる事をお待ちしています。

いよいよお別れ。離島セレモニーも終え船が入ってくるのを待っています。

紙テープが降ってきていよいよ島を離れていきました。 今回、梅雨天気の下。雨の予報。結果的には全体的に晴天に恵まれヨロン島の「青い海」「青い空」を見て頂く事が出来たのかなと思っています。修学旅行は限られた日程、時間で希望する体験も限られてきます。今回できなかった体験。今度は自分達の旅行を計画してください。そして、又違うヨロン島を発見して楽しんで頂ければとお思います。お泊り頂いた宿の名前はきっと思い出せないかも知れません。但し、ヨロン島に修学旅行で行ったと言う事は覚えているかと思います。又、ヨロン島に帰ってきて頂ければ、お待ちしています。「行ってらっしゃい」有難うございました。「ミッシーク・トートゥガナシ」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2017年6月27日
« 前の記事「「与論民俗村」ヨロン島へお越しの際お勧め(*^_^*)」へ
»次の記事「梅雨が明けいよいよヨロン島のベストシーズン到来」 へ
与論島特派員 新着記事
与論島のボリューム満点カフェ、ミジラシャン
与論島に来たら絶対食べよう、ボリューム満点でおいしい福家のヨロンライス!
与論島、ママもキッズも喜ぶくじらカフェ
与論島の昔の暮らしを体感しよう。与論民俗村は漬物もうまい!!
与論島のおいしい魚料理なら、あぐん茶で決まり!!
与論島で女子会におすすめのおしゃれなお店、カフェココ
与論島、ウドノスビーチ。島の中心街から近いのに透明感がハンパないおすすめ海水浴場
与論島、謎の鉄道が通る島!?星降る夜にヨロン駅で会いましょう。

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■鹿児島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 与論島特派員

    与論島特派員
    永井 新孝
    鹿児島県の最南端ヨロン島で民宿を経営しています。 ご縁を頂きお泊り頂いたお客様とのやり取りや、季節の変わり目に自然の中から感じる事・島の祭りやイベント・食べ物・言葉や風習など日常の出来事を発信していければと思います。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集